スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

仕事や恋愛に対する自信をつけるには?

投稿日:

私は、国立大学を4年間さんざんミーハーで過ごし、少しの勉強で教員試験にパスして、いまは美術の教師をしております、と語るある女性。お見合いも何回かしましたがフィーリングが合わず、恋いこがれる人。いないいまの私は、目標が見当たらず、何に対しても興ざめの毎日を過ごしています。

要領のよさでいままで少しの努力をするだけで難関を切り抜けてきた私にて、教師という世界は地味で厳しく、大学時代を思い起こす日々が続いています。このままだと独身で30代を迎え、仕事の実力もないまま年齢だけ重ねていくのでは、と不安にさいなまれています。

私にとっていま必要なのは、人並みの自信と展望なのですが、それにしても手がかりがなさすぎます。人を愛することもできないまま終わるのはいやです、とのこと。

あなたは労せずして教員資格を手にし、就職までできた。いとも簡単に手に入れてしまったわけです。これでは自信が生まれるはずありません。自信とは、到達した目標の高さから生まれるものではありません。

やればできるのだわ

自信というものは、地道な努力の積み重ねの裏打ちがあって初めて生まれてくるものなのです。あなたはそれを怠っていましたね。自信がなくて当然です。もしあなたが、教師になりたくてなりたくて、毎日少しずつの努力を重ね、やっと手に入れた教員資格であったなら、その段階で、あなたの内に、私は教員資格を取ったんだ。やればできるのだわという自信が生まれていたと思うのです。

偉大なる高さの目標でも、簡単に手に入れてしまったのでは、その人の自信にならない。逆に、低い目標でも、そこに達するまで何年も毎日、着実に努力を重ねた人間にとっては、大きな自信となるのです。

あなたが自信を手に入れたいのなら、少なくとも3年は何かに打ち込まなければいけません。たとえば、あなたが最優秀美術教師(こんなのがあるかどうかはわからないけど)に選ばれたとします。しかし、それが例によってあなたの要領のよさで手に入れた名誉だとしたら、それは少しもあなたの自信に結び付かないでしょう。仕事も恋も、3年は苦労してみてください。自信を得るには、困難の克服しかないのですから。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

彼女の持ち物をほめるのは簡単ではない

女性の気を引くためにブランドを研究していて、「そのジャケット、アナスイだね」とか「そのバッグ、本物のフェラガモだね」とかやっている男がいる。ご苦労なことだが、そんな男は、女性からすれば「それがどうした …

no image

いつも明るい彼女にあえて元気がないと言う

某県で、政庁をあげてのゴルフ賭博が発覚した。結果、数十人の公務員が書類送検と警戒免職の憂き目となった。本来ならば、公務員たる者は、四角四面の人格を演じていなければならない。その真面目な顔こそが、彼らの …

no image

イノセントが売りの芸能人たち

久し振りに電話をかけてきた学生時代の友人と、結局、男は、女のイノセントな部分に弱いのよねえという話になった、とある人は語る。 日本男性は、イノセントに弱い。それも、無知を無拓と勘違いして捉えているケー …

no image

恋愛では意外な一面を褒めると効果が出ることもある

男たちには、ぜひとも、ストーリーの共演者になってほしい。女性のつくるストーリーに入っていってこそ、「二人の世界」が築けるというものだ。それには、最もシンプルで効果的な方法がある。その方法とは、「君って …

no image

男女の結婚の価値観や望む時期がいつまでたっても噛み合わない

男と女の結婚を望む時期がいつまでたっても噛み合わない。結婚したくてしようがない若い男性が増えていると聞く。若い男の子の、結婚に憧れる動機が、昔とは随分変わってきているように思える。かつては、押し入れの …