スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

2013年型シボレー「スパーク」の販売価格が公開

投稿日:

韓国GMの北米輸出のために量産されている2013年型シボレー「スパーク」の販売価格が公開された。最高級モデルが1万5795ドル(約1784万ウォン)までに策定されて国内販売価格と大きな差を見せた。2012年型「スパーク」が834万ウォン〜1329万ウォンで取引されている。自動車専門誌カースクープ(carscoop.com)をはじめとする米国のメディアによると、新型「スパーク」は、エンジンの種類に応じて、3つのモデルが今年末北米で発売されている。

GMの本社は基本形1.2リットル4気筒ガソリン「スパーク」を1万2995ドル(約1468万円)で策定した。このモデルは、15インチアロイホイール▲10個のエアバッグ▲車体姿勢制御システム(ESC·急激なハンドル操作と曲線道路走行時にドライバーが車両のステアリング能力を失うことなく、車線を維持できるようにするシステム。車両駆動制御装置(TCS·滑りやすい路面での車両の出発時、加速するときにタイヤが空転しないように、車両の駆動力を制御するシステム)▲ブレーキアシスト(BAS·緊急時に急ブレーキ時の制動力を増加させてくれ制動距離が短くようにしてくれるシステム)などを適用して、安全性を大幅に強化したのが特徴である。

上位2番目のモデルは

上位2番目のモデルは、基本的な仕様に7インチのタッチスクリーン、マイリンクとBluetoothなどの機能を追加し、1万4495ドル(約1638万円)で決まりた。マイリンクは、タッチスクリーンを介して、スマートフォンのナビゲーションを含むさまざまな機能を活用するシボレー車にのみ適用されるシステムである。また、パワードアとミラーが装着されたし、通常準中型以上級で見ることができるクルーズコントロールも含まれた。

2リットルエンジンを搭載した最高級型モデルは、フォグランプと温熱シート、人工皮革シートなどが加わって1万5795ドル(約1784万ウォン)。これは、北米で販売されている現代自動車の準中型セダン「アバンテ(1万6445ドル)」と同様の価格である。このほか、4段磁束トランスミッション(925ドル)とエンジン予熱装置(75ドル)、ブラックの花崗岩ペイント(195ドル)などは、別途追加することができる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

スポーツセダン「ニュー3シリーズ」の新車発表会

BMWコリアグループは蚕室オリンピック主競技場でスポーツセダン「ニュー3シリーズ」の新車発表会を持って公式販売に入った。新車は基本形であるニュー320dと効率を高めたフィートシャントダイナミックス(E …

no image

自動車会社の新車戦争

2011年の各自動車会社の「新車戦争」は、国内完成車と輸入車ブランドの両方今年の自動車市場のシェアを高めるために、第4四半期(10〜12月)の新しいモデルを続々とリリースしてもう一回競争を準備していた …

no image

ロールス·ロイスはブランド拡張のため格式にとらわれないデザインに焦点

ロールス·ロイスは、ブランド拡張のために、より現代的で格式にとらわれないデザインに焦点を合わせてゴーストを誕生させたEWBも、このようなコンセプトを受け継いだ。ゴーストEWBの流れるようなラインは、ヨ …

no image

i30がヨーロピアン感性デザインのハッチバックで再誕生

「i30」がヨーロピアン感性デザインのハッチバックで再誕生した。現代自動車は、ソウル広津区アックスコリア(AX-KOREA)で「I30」の第2世代モデルを公式発表した。この日披露した新車は、2007年 …

no image

ファミリーカー市場を攻略

メーカーが出す新車数は5、6種に過ぎないが、輸入新車は数十種に達すると予想されるからである。韓国がヨーロッパ、アメリカとそれぞれ結んだ自由貿易協定(FTA)に関税引き下げ効果まで加わり、輸入車に興味を …