スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

幸せに生きるための宇宙からいただいた法則

投稿日:

あなた自身は満ち足りていますか?自分の子育てに自信がもてない、子どもとうまく関わっていくことができないというお母さんの中には、育ってくる過程の中で、ご自身も愛された実感がもてていないという方がいらっしゃいます。

自分を変える必要はありませんし、変える事は出来ません。身についてしまった価値観や考え方、生き方を変えていくのはむずかしいかもしれません。変えるのではなくほんの少しでいいですから今まで使っていなかった別の考え方を「加えてみよう」という思いをもって、「ありがたい」と考える方向に気持ちを向けてみましょう。

電車に乗ったときに出会った光景ですが、お腹の大きな妊婦さんが乗ってきたとき、それに気づいた若い子が黙ってスッと立って席をあけてあげました。ポジティブな言葉は必ず自分をプラス思考に変えてくれます。プラス思考になれば、いろいろなことがよい方向に回っていくようになるものです。それを信じて、「ありがたい」を口グセにしてみましょう。

幸せに生きるための宇宙からいただいた法則

これらは、幸せに生きるための宇宙からいただいた法則なのです。木も、花も明るい光に向いていますよね。地球上すべての事柄は、すべて意味がある大切な存在として肯定され、ゆるされているのですから。

目の前のわが子をかわいいと思うことができないという方もいます。女の子と男の子の二人のお子さんをもつお母さんで、上のお姉ちゃんに対してだけ優しくできないと相談をした方がいた。抱きしめて甘えさせてあげようとは思うのだけれど、スキンシップしようとしても心が拒否してしまうと悩んでいらっしゃいました。

いけないとわかっているのに子どもを叱りつける自分を止められない、子どもをほめることが大切と理解していてもほめることができないなど、頭では理解しているのに体がそう動いてくれないと悩み、苦しんでいる方の多くは、ご自分も親との関係に苦しんでいる方が少なくありません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自分を信じる力を育てる

自分を好きだと、自分を信じる力が育っていきます。自分を好きだから、自分のことを信じることができて、自信がもてるようになります。「自分は間違っていない」、「自分のやることは正しい」と思えるようになり、名 …

no image

子どもの自発性の発達の遅れ

自発性の発達のおくれは、おとなしくて、親のいうことをよくきいてきた子どもの場合です。いたずらをしたり、暴れたり、けんかをしたりすることは「悪い子」のすることだーという価値観が植えつけられていますから、 …

no image

赤ちゃんの歩き始めの時期

どんな子供でも、ほぼ同じ月齢になると、この扱いにくい時期、が訪れます。その時期の始まりについては、一、二週間の誤差はありますが、それが必ず訪れることだけは確かです。一年後、赤ちゃんが自分で歩き始めた頃 …

no image

子供が反抗しないのは逆に問題

反抗をしない子どもについて、どう考えたらよいでしょうか。それには、これまでにいたずらをしてきた子どもか、おとなしかった子どもかどうかを考えてみることです。いたずらをしてきた子ども、そして、それをお母さ …

no image

反抗期の現象とわがまま

もし、物を相手に渡したりして譲るような子どもがいれば、それは自発性の発達がおくれているか、譲る子は「よい子」と教えられて、親たちからほめられたいばかりにそれをしているに過ぎない。「よい子」のままで大き …