スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

幸せな結婚生活の秘訣

投稿日:

自分の恋に疑いを持ち、そして、幸せな結婚生活を望むなら、あなたにとって本当に好きで好きでたまらない男性の出現を待つほうがいいかもしれません。人生は80年あるのですから。親に変態と結婚する気かといわれてもはね返すエネルギーがあれば、結婚しても大丈夫でしょう。

いくつか目にした離婚のケースは、女が妥協して結婚し、ある日突然、夫に対するぬぐいがたい嫌悪感に襲われ、別れる、といった例。もし、彼の趣味に生理的嫌悪感を感じるなら、結婚は避けたほうが賢明といえるでしょう。

男は妻に多少不満があっても、仕事なり交友関係なりで発散する場があるので、よほど目に余る悪妻でないかぎり、まず自分から離婚はいい出さない(愛人ができた場合は別だが)。それに対し、女というのは、生理的嫌悪に支配されがちで、一度嫌いになると同じ部屋の空気を吸うのもいやになり、破局を簡単にひきずりこんでしまうという。

真の恋の情熱というものは

ただ、真の恋の情熱というものは、たとえ相手がオカマであろうがエイズであろうが水虫であろうが、あたしはこの人のおそばにいられるだけで幸せといったものです。あなたが、たかが男の趣味程度で結婚を迷っているのなら、それは本当の恋とはいえないのではないでしょうか。そのへんをもう一度考えてみてください。

現在の相手では、恋のトキメキをもう一生味わえないかもしれないと思っているのではないでしょうか。逆に、好きで好きで好きでたまらない男性と結婚できた女性は、精神的玉の興に乗ったといえます。

一度結婚してみたら?あなたは彼のことを本当に愛しているみたいだし、そこを抑えて外的条件のため泣く泣く別れたとしても、その思いはきっとメンメンと続くと思います。そして、その思いをふりきるように新しい恋をし、結婚したとしても、若い頃の燃え尽くしそこねた恋情というものは、のちのちまでずっとくすぶり続けます。よく考えて行動するべきでしょう。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

恋に必要なのは感受性だけ

恋に必要なのは、感受性だけ。知性も富も地位も、恋とは無関係です。もし、これら肩書きによって今の恋人を選んだとしていたら、アナタのしているものは恋でも何でもないのです。相手はただの見栄で選んだお気に入り …

no image

年収の低い彼との結婚に悩むある女性

結婚を考えている彼の年収が一〇〇万円しかありません。やっていけるでしょうか、とある人は語る。先日、私は彼に、サッカーは趣味にして、定収を得られる仕事に就いてほしい、とたのみました。でも彼の答えはNOで …

no image

デートを断られた後にもう一度押してみる

「軽い女と見られたくない」という心理について、こう考えたことはあるだろうか?「ここで誘いに乗ったら、ほかの誰の誘いにも乗ると思われる」つまり、彼女は誘いをかけた男性に悪い印象を抱いていないからこそ、一 …

no image

別れてひとりぼっちの時間をどうしていいかわからない

突然訪れた別れのために、ひとりぼっちの時間をどうしていいかわかりません、とある人は語る。5年もつきあっていたのに、この1カ月ほど、そわそわしだして婚約の話も口にしなくなり、先日、突然、私と一緒に暮らし …

no image

握手には印象に残る心理効果がある

会社の送別会で送られる人は、最後のお別れのあとに握手を求めてくる相手に特別の印象を抱く。「そうか、こいつとこいつは、本気でオレが去るのを惜しんでくれているのだな」というぐあいに。 日本の文化には、「握 …