スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

シードの具体的な外観と内装・仕様を公開

投稿日:

起亜自動車自動車ヨーロッパ型戦略モデル「シード(Cee’d)」の具体的な外観と内装 ​​仕様が公開された。来月スイスで開催された「2012年ジュネーブモーターショー」を通じて世界初公開される新型シード現代自動車i30とプラットフォームを共有する5ドアハッチバックにヨーロッパでは、フォルクスワーゲンのゴルフのようなCセグメントに属する。

以前の世代よりも大きくなって低くなった車体は原動力および高級感のある精一杯生かし長いホイールベースで空間活用性を高めた。外観は急Aピラーのデザインと正面から始め横ガラスに向かって続いたウエストラインは、より低くクーペのような洗練された姿である。側面はi30の外形と同様の雰囲気を演出するクォーターガラスが目立つ。フロントは起亜自動車のトレードマーク「虎の檻」を連想させるラジエーターグリルが適用され、ヘッドライトは、LEDデイタイムランニングライト機能が使用された。

タッチスクリーンと運転の効率を考慮した

室内は飛行機のコックピットを連想させるコクピクデザインで、タッチスクリーンと運転の効率を考慮した運転者中心に作られた。ステアリングホイールには、オーディオおよび各種ボタンを一台集めセンターフェイシアの上部には、大型のタッチスクリーンモニターが位置した。利便性の装置は、温熱ステアリングホイールと車線逸脱警報装置、自動駐車補助 ​​装置などが適用された。

具体的なパワートレインは、未公開の中で、業界では1.6リットルGDIガソリンモデルとVGTディーゼルモデルを優先披露と予想した。シード早ければヨーロッパスロバキア工場で生産され、国内でもシードと推定されるウィジャンマク車両が捕捉されて、国内導入説出回ったりした。現代起亜車の関係者は、「シード厳然ヨーロッパ戦略型車種で、国内導入は根拠のない話」と「最近シードと推定されるウィジャンマク車は、国内の研究室で運行したシードのテスト車両である可能性がある」と述べていた。2006年、欧州市場にデビューした第1世代のシードは約61万台が売れた。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

トヨタ自動車米国インディアナ州工場で生産されたミニバンシエナ

トヨタ自動車米国インディアナ州工場で生産されたミニバン「シエナ」が、韓国市場に初めて登場した。韓国トヨタは平沢国際自動車埠頭からシエナの入港式を持って、国内市場への進出を宣言した。販売を開始したシエナ …

no image

ミニクラブマンのグリーンパークとハイドパークを発表

小型車プレミアムブランドMINIクラブマン(Clubman)の新しいデザインエディションのグリーンパーク(Green Park)とハイドパーク(Hyde Park)モデルを発売した。BMWコリアによる …

no image

起亜車・レイとモーニングとは性格が明らかに違う

起亜車がレイにかける期待が大きい。クラス初のVSM(次世代車体姿勢制御装置)を採用し、ステアリングホイールとサスペンションをチューニングして、車両が状況に応じて能動的に対処できるようにした。価格は同等 …

no image

電気自動車・ハイブリッドなどについて

原油高が持続され、燃費の良いハイブリッドカー(以下ハイブリッド)や電気自動車(以下、電気自動車)への関心がこれまで以上に高い。様々なメディアを介してこれらの記事も絶えず溢れ出てくる。しかし、ハイブリッ …

no image

プライドの市販価格を従来に比べて最高200万ウォン引き上げた

起亜自動車が新型プライドの市販価格を従来に比べて最高200万ウォン引き上げた。このような引き上げ幅は2011年初めに発売した現代自動車の準大型の新型グレンジャーHGの220万ウォン引き上げと同様のレベ …