自動車

シードの具体的な外観と内装・仕様を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起亜自動車自動車ヨーロッパ型戦略モデル「シード(Cee’d)」の具体的な外観と内装 ​​仕様が公開された。来月スイスで開催された「2012年ジュネーブモーターショー」を通じて世界初公開される新型シード現代自動車i30とプラットフォームを共有する5ドアハッチバックにヨーロッパでは、フォルクスワーゲンのゴルフのようなCセグメントに属する。

以前の世代よりも大きくなって低くなった車体は原動力および高級感のある精一杯生かし長いホイールベースで空間活用性を高めた。外観は急Aピラーのデザインと正面から始め横ガラスに向かって続いたウエストラインは、より低くクーペのような洗練された姿である。側面はi30の外形と同様の雰囲気を演出するクォーターガラスが目立つ。フロントは起亜自動車のトレードマーク「虎の檻」を連想させるラジエーターグリルが適用され、ヘッドライトは、LEDデイタイムランニングライト機能が使用された。

タッチスクリーンと運転の効率を考慮した

室内は飛行機のコックピットを連想させるコクピクデザインで、タッチスクリーンと運転の効率を考慮した運転者中心に作られた。ステアリングホイールには、オーディオおよび各種ボタンを一台集めセンターフェイシアの上部には、大型のタッチスクリーンモニターが位置した。利便性の装置は、温熱ステアリングホイールと車線逸脱警報装置、自動駐車補助 ​​装置などが適用された。

具体的なパワートレインは、未公開の中で、業界では1.6リットルGDIガソリンモデルとVGTディーゼルモデルを優先披露と予想した。シード早ければヨーロッパスロバキア工場で生産され、国内でもシードと推定されるウィジャンマク車両が捕捉されて、国内導入説出回ったりした。現代起亜車の関係者は、「シード厳然ヨーロッパ戦略型車種で、国内導入は根拠のない話」と「最近シードと推定されるウィジャンマク車は、国内の研究室で運行したシードのテスト車両である可能性がある」と述べていた。2006年、欧州市場にデビューした第1世代のシードは約61万台が売れた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加