スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

説得されて教育されしぶしぶ覚えても生きがいを覚えない

投稿日:

説得されて教え込まれてしぶしぶ覚え、そのたびにつらい思いをしていたら、やがて生きていくこともつまらなくなっていきます。「なぜ生きていなきゃいけないの?」「なぜ大人になんなきゃいけないの?」としか思えないようになっていきます。

親が一方的に説得を繰り返して教え込んだものは身についていくことはない。「これは白い色をしたクマさんだから白クマって言うのか!」と自分で納得して覚えたものだけが、その子の宝となっていきます。納得して覚えていくことはすべて宝となり、その経験が生きていくことの喜びにつながります。

子どもの人生をどう幸せなものにしてあげるか。幸福に生きていける人に育ててあげるか。そのためには感性を先に育ててあげることが何よりも肝心です。知性・思考の部分を育てるのはその後でよいのです。

言われたことだけやっていればよく、自分で感じ取って「あ、そうか!」と納得できる感覚がもてなければ、人間は生きていることに喜びも感じなくなっていく。厳しく叱り続けてしっても、子どもの中に喜びは生まれないということを親御さんたちはぜひとも肝に銘じてください。

幸福に生きていくことができる

説得された人生ではなく納得した人生であってはじめて人は幸福に生きていくことができるようになるのです。気持ちができあがってから、ようやく子どもは自分で考えていくことができるようになります。その順番をぜひ間違えないようにしてください。

食事が食べられるようになったら栄養素を考えて食事をつくって食べさせ、外遊びに連れて行くなどして運動させる。おいしい栄養たっぷりの食事、おいしい水、いい空気、いい環境があれば基本的に身体は自然と健康にすくすくと育っていきます。

まず育てるべきは感情・感性四つの車輪のうちの身体を育てる部分については、どの親御さんも心を込めてしてあげていると思います。赤ちゃんの時代にはミルクをたっぷりと飲ませ、すやすやと眠れるように温かい寝床を用意し、危険がないように周囲に気を配ってあげることです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供を無理やりに型にはめるやり方で育てるのはよくない

小さい頃から親があれこれと手出しをしたり、「このような人にしよう」と無理やり型にはめる必要は一切ない。親の思いが圧力となって、子どもが苦しむことになりかねません。常に子どもの気持ちを大切にしながら進ん …

no image

子供が二歳半を過ぎると

二歳半を過ぎますと、両親に対する態度に変化が現われます。両親の関心を集めようとして、さかんにしゃべりかけてきたり、両親に対して大げさに甘えたりしますが、お母さんがなにか世話をしようとすると、「ひとりで …

no image

叱られるのがうれしい子供はいない

悩みを口にするお母さんたちには共通している部分があります。ずっと「これをしなさい」「あれをしちゃダメ」と、子どもを管理する。それも早くから「叱るしつけ」をされてきた方が多いのです。聞き分けのない子にな …

no image

三歳までの子供にはしつけよりもただ愛情をたっぷり注げばいい

ただただ愛情をたっぷり注いで、かわいがってあげさえすればほぼ大丈夫なのですから。ほんの数年間全力を注いでおくだけで、間違いなく後の子育てがラクになります。そのように思って、わが子に向き合ってあげてくだ …

no image

赤ちゃんの動作が反射によって条件づけられることはないが

赤ちゃんの動作が反射によって条件づけられることはありません。ただ、飢えた時や腹を立てた時だけは、まだ反射的な動作が見られます。そうはいっても、自分の意志による初歩的な動作は、大人の動きとは違って、まだ …