スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

説得されて教育されしぶしぶ覚えても生きがいを覚えない

投稿日:

説得されて教え込まれてしぶしぶ覚え、そのたびにつらい思いをしていたら、やがて生きていくこともつまらなくなっていきます。「なぜ生きていなきゃいけないの?」「なぜ大人になんなきゃいけないの?」としか思えないようになっていきます。

親が一方的に説得を繰り返して教え込んだものは身についていくことはない。「これは白い色をしたクマさんだから白クマって言うのか!」と自分で納得して覚えたものだけが、その子の宝となっていきます。納得して覚えていくことはすべて宝となり、その経験が生きていくことの喜びにつながります。

子どもの人生をどう幸せなものにしてあげるか。幸福に生きていける人に育ててあげるか。そのためには感性を先に育ててあげることが何よりも肝心です。知性・思考の部分を育てるのはその後でよいのです。

言われたことだけやっていればよく、自分で感じ取って「あ、そうか!」と納得できる感覚がもてなければ、人間は生きていることに喜びも感じなくなっていく。厳しく叱り続けてしっても、子どもの中に喜びは生まれないということを親御さんたちはぜひとも肝に銘じてください。

幸福に生きていくことができる

説得された人生ではなく納得した人生であってはじめて人は幸福に生きていくことができるようになるのです。気持ちができあがってから、ようやく子どもは自分で考えていくことができるようになります。その順番をぜひ間違えないようにしてください。

食事が食べられるようになったら栄養素を考えて食事をつくって食べさせ、外遊びに連れて行くなどして運動させる。おいしい栄養たっぷりの食事、おいしい水、いい空気、いい環境があれば基本的に身体は自然と健康にすくすくと育っていきます。

まず育てるべきは感情・感性四つの車輪のうちの身体を育てる部分については、どの親御さんも心を込めてしてあげていると思います。赤ちゃんの時代にはミルクをたっぷりと飲ませ、すやすやと眠れるように温かい寝床を用意し、危険がないように周囲に気を配ってあげることです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親がしてあげられることは環境を整えてやることぐらい

身体は環境さえ整っていればある程度、成長していきます。親でなくとも口から栄養が取れれば、五歳なら五歳の身体、十五歳なら十五歳の身体、二十歳なら二十歳の身体になっていきます。しかし心の部分はそうはいかな …

no image

口答えをするなと怒ってしまう

言語的思考というのは、自分の考え方を言葉で表現する力です。この点を考えるならば、そして、発達について勉強してさえいれば、口答えが現われることを喜んでよいはずです。しかし、子どもの発達について勉強の足り …

no image

伝えたいこと言いたいことがいっぱいあっても

伝えたいこと、言いたいことがいっぱいあっても、言葉を駆使してわかってもらう術を身につけていないのです。だからこそお母さんには、子どもの動作や表情といったボディランゲージまですべて含めて、子どもの全体の …

no image

子供が自分でやると言い出したら

両親の中には、子どもが「自分でやる」といい出すと、それをわがままであるとか、強情であると思ってしまう人々もいます。大きな誤解をしている。そして、「悪い子」とか「親のいうことをきかない子」として怒るよう …

no image

きょうだい関係の尺度を作り上げること

最も好ましくない父親像は、自分中心の行動の多い父親です。このような父親は、妻に対する「思いやり」もなく、子どもに対する「責任」も持とうとしません。しかも、外で浮気をしているようなことがあれば、妻を嘆か …