スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

説教すると女性に好意を持たれると勘違いしている男

投稿日:

ずいぶん昔の話になるが、有名作詞家が自分の知識を披露することで基有名性歌手のハートをつかんだ。二人は、恋愛を成就させて結婚した。だが、皮肉なことに、その作詞家が自分の知識と教養を妻に伝え続けようとしたことによって、結婚生活は破局にいたった。

世間には、説教癖のある男性が少なくない。部下の0Lにもキャバクラ嬢にも愛人にも妻にも、懸命に説教をする。そして、そのての男にかぎって、「女は説教をする男になびく」と信じきっているところがある。しかし、それは、大いなるミスコンセプトというものだろう。

「絵を見に行くと、これは何の絵だかわかるかいと聞く。わからないと答えると、「これはバラ戦争を背景にした絵だ。そんなことも知らないようではダメだよ」と言う。しまいには、ノイローゼのようになってしまって」というのが、離婚会見における女性歌手の弁。この一件は、「女性は、教えてくれる男性に傾く」という法則が、男性が勝手に描いた神話であることを物語っている。

どれだけ母親に世話になったかを思い出せば

幼いとき、どれだけ母親に世話になったかを思い出せば、母性がどんなものであるかがわかるはずだ。母性は、どんな女性にも少なからずそなわっている。ためしに、意中の彼女に何かを教えてもらってみるといい。たとえば、彼女がパソコンの名人だとしたら、ちょっとむずかしい検索や情報処理のやり方などを教えてもらうのだ。十中八九、彼女は、きわめて親切に教えてくれるはずだ。そこが、男とは違うところだ。

女とは、じつは、教えられるよりも教えることのほうが好きな動物なのだ。それを意外に思う男性読者には、「女とは、助けられるよりも助けることに喜びを感じる動物である」と言いなおせばピンときてもらえるのではないだろうか?そう、ここで指摘しているのは、「母性」というものの方向。

女には、元来、「かわいそうな人」を助ける喜びがある。それは、自分の喜びを得るためというエゴで地かないのだが、そんなことはかまわない。二人の垣根が越えられれば、それでいいのだから。また、女性に何かを教えてもらうことは、「女性をきちんと尊敬できる男」という印象を相手にあたえることにもなるのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

女性から見て楽しい人になるか面白い人になるかの境界線

会話上手は、豊富な話題を持っているばかりでなく、女性を会話の中に参加させようとする気づかいもある。会話のうまい男は、ポンポンと話題を変えていきながら相手が乗りやすい話題を探していくことができるのだ。そ …

no image

社内のイベントでは世話をする役目に徹してみる

社内のイベントでは世話役に徹するカルト漫画の永遠の古典というべき『かっこいいスキヤキ』(泉昌之著)には、こんなセリフが登場する。「スキヤキの肉を横目に、しらたきを食うオレって、シブいなあ」ここで光を当 …

no image

うぬぼれた男と自信がない男、女が嫌いなのはどっちだろうか?

女は、男とは明らかに違う動物。「根拠もなく自信満々な男は嫌いだけど、自信がない男は、もっと話にならない」一人のうち九人の女性は、そう口をそろえる。だから、「あのう、僕じゃダメですかね」とか「僕は何の取 …

no image

恋愛は容姿でするものではない

好きな言葉に、恋愛は容姿でするものではない。恋は、感受性でするものだというものがある。だから、美男美女の多い芸能界だけで、恋愛が繁盛していると思うのは、間違いだ。自分の選んだ相手を低めることは自分を低 …

no image

わがまま人間はわがままな人を嫌い我慢人間のところへすり寄ってゆく

ワガママ人間はワガママ人間を嫌い、我慢人間のところへすり寄ってゆく。結局、今の若い女の子のワガママさは、若い男の子の物わかりの良さと、中年男のスケベ根性が原因。嫌われることを恐れる余り、物わかりの良い …