スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

成功するために失敗を体験させることも大事

投稿日:

もし、子どもがそば屋さんのまねをしていて食器を落としてこわしてしまったとしたら、どのように扱ったらよいでしょうか。そのような冒険心の現われに喜びを感じている両親であれば、そば屋さんの持ち方ができるようになってもらいたくなるでしょう。そこで「この次はがんばってね」という励ましの言葉が口をついて出てくるでしょう。

逆に初めに注意を与えてしまったお母さんには、子どもがそば屋さんのようにしてじょうずに持っていっても、ほめる言葉が出てきません。それは、親のいうことをきかなかったという怒りがあるからです。そうした怒りが「もうお前なんかにやってもらわないからね」という言葉となって出てくることさえもあるでしょう。

失敗の体験を通じて成功への道をひらく教育。子どもも、次に挑戦したときには失敗をしないぞ、と意欲を燃やすでしょう。そして、こわれた物の後始末の方法をも教えます。それによって、小さなかけらは濡らした新聞紙などで取り除くことも学習するものです。

怒ってしまうと

怒ってしまうと、子どもも、お母さんにいわれてもやらないぞーという気持になるでしょう。次にお母さんから頼まれると、「いやだノ」といって断るようになるでしょうし、強い言葉で命令されると、ふくれっ面をしながらやってはくれるでしょうが、お母さんとしてもいい気持はしないでしょう。

その上に、「落ちつきがないからだ」とか「おっちょこちょい」とか、さらには学校の勉強のことに及び、日ごろのうらみつらみをあれこれというお母さんさえあります。多くのお母さんやお父さんは、子どもの失敗に追いうちをかけます。「ほらごらん」という言葉がそれです。この言葉の裏には、親のいうことをきかなかったからそうなったのだという心が働いています。そのことを声を高くしていう親も少なくありません。そのような小言をききながら、子どもはどう思っているのでしょうか。早くやめてくれればいいと思っているに過ぎません。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

家事の時でも子供と遊ぶことはできる

お母さんが、ちょっとでも子どもと遊ぶ心を持っていれば、仕事をしていても、それが短い間であっても、子どもと遊ぶことができます。それが、子どもには、お母さんから暖かく受け入れられたという気持を起こさせ、お …

no image

生きるうえで欠かすことのできない大切な要素

お母さんのお腹の中から私たちはすでに成長し続けている。お腹の中での一日は一七〇〇年の進化といわれています。それは生まれてからも続きます。月齢、年齢に応じて成長し、発達し、一人前の大人へと順番・順序を経 …

no image

赤ちゃんの新しい仕草や行動に注意して下さい

生後八週目(約二カ月)ぐらいになると、脳レベルでの大きな変化、は赤ちゃんが初めて、何らかの単純な形を認識することを可能にする。例外なく大きな変化、が現われる最初の扱いにくい困難な時期が過ぎ去ったら、赤 …

no image

子供の喘息には乾布摩擦が効果的

近ごろの子どもは、なかなか靴下を脱ぎたがらず、はだしで土を踏むことさえいやがるようになってしまいました。それだけ、皮ふを弱くしているのです。子どもは風の子という言葉をもう一度かみしめて下さい。小児科医 …

no image

知識を詰め込むことだけを考えて育児をしてはいけない

いい生活をさせるためにはいい学校に入れなくてはいけない、それにはから何でも自分できちんとできて、考えて動けるような子にしなくては、というようなタイプの親御さんはとても多い。子育ては人の命令で動くロボッ …