スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

生後一年の間に赤ちゃんが越えなければならない試練

投稿日:

新しい感覚を受け入れるために、赤ちゃんには時間が必要ですし、不安を取り除き自分を守ってくれる場所もほしくなります。そこで、赤ちゃんは自分のリズムに従ってこの世界で成長していくために、再びママといっしょにいたり、ママにしがみついたりすることを要求する。この時点から、赤ちゃんが手に負えなくなる厄介な時期は長く続くことになります。ふつう、五週間ほど続きますが、そこには一週間から六週間までの幅があります。

生後一年の間に赤ちゃんが越えなければならない試練が、どれほど厳しいものか分かってあげて下さい。赤ちゃんは、これから生きていくこの世界がどんなところなのか理解しなければならないのです。赤ちゃんが神経組織の発達にともなうこのような変化を認識するのは、実際には生後一五週日あたり(一四週日から一七週日にかけて)なのです。そして、このような変化は感情面はもちろんのこと、見たり、聞いたり、匂ったり、味わったりする方法にも影響を及ぼします。

ふだん、あなたといっしょにいることができれば、赤ちゃんはぐずぐず泣き続けることも少ないですが、もっばらあなたの注意を引こうとします。ずっと腕の中で抱かれていたいと思うだけでなく、自が覚めている間ずっと遊んでほしいと要求してきます。それで、もし赤ちゃんに構ってあげなければ、あなたの胸に抱かれている時でも、腹を立てて機嫌が悪いでしょう。

泣くことが多くなります

自分の中で起きている変化にびっくりして、あなたの赤ちゃんは泣くことが多くなります。赤ちゃんが以前より甘えん坊になって泣いたり、機嫌が悪くなったり、よく反抗するようなら、それは明らかにママといっしょにいたいというサインなのです。

赤ちゃんは寝付きが悪いですか?赤ちゃんは心が落ち着かず、晩になっても眠ろうとはせず、夜中でも目を覚ましています。もう一度、夜のミルクがほしいのかもしれませんが、それにしても何回も目を覚まします。また、夜明け前に目を覚ますこともあります。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

幼児などでも自分のことは自分でするようにさせる

お母さんは一家のマネージャーとしての権限を持ってほしいと願っています。家事や育児・教育について計画や立案をする人です。その計画や立案に従って、家族が協力すること、とくに子どもたちがお母さんに協力して家 …

no image

身体接触を通じて子どもに「甘え」が体験させないと

幼いころに、身体接触を通じての「甘え」が体験されないと、お母さんに対する信頼感がないのかと、こわくなるほど。一〜三歳のころにお母さんとの間に身体接触が少なかったことから問題行動が起きたことがはっきりし …

no image

黙っていてもわかり合うことができる関係に

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ …

no image

赤ちゃんが母親の声などに興味を示すようになると

一般に、新生児はエンジンがブルブル鳴る音やドアがギシギシきしむ音、鳥のさえずり、木の葉がサラサラ鳴ったり、笛がピューと鳴る音など、さまざまな種類の音にとても興味をもっています。また、人間の声にも大きな …

no image

赤ちゃん、新生児に必要なものに手を貸してあげましょう

生後一九週ぐらいになると、あなたの赤ちゃんは再び学習を始めます。実際に、この月齢になると赤ちゃんは出来事の世界、を探索し始めるのです。この世界は「さまざまな出来事に適応する能力」を幅広く試してみる機会 …