スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

生後12週目の赤ちゃんの振る舞い

投稿日:

生後一二週目から一三週目にかけて、赤ちゃんは比較的落ち着いた時期を新たに迎えます。赤ちゃんを抱いて散歩に出たり、胸に抱いて座らせている時に、ふつうの人と同じような振る舞いを見せてくれます。見たい聞きたいと思った方にすぐ顔を向けたり、物を見るために位置を変えたり、身の周りで起こる出来事に注意を向けることができるのです。誰にでも微笑んでくれますし、言葉をかけてくれた人に声を出して応えたりもします。

赤ちゃんの両親や家族の者、友人たちは、赤ちゃんが元気な子供になったことを強調し、多くのすばらしい能力を身に付けたことを喜んでくれます。赤ちゃんは人として、さらに目覚めた、ようです。赤ちゃんが陽気で元気になったので、両親が赤ちゃんに興味や関心を示すのも無理はないでしょう。赤ちゃんは家族に見守られながら自分の生きる場所を見つけたのです。すでに、人間として必要な資格を備えたといえるかもしれません。

生後一二週目の成長のステップのあと

生後一二週目の成長のステップのあと、赤ちゃんは音や動き、光、物体の移り変わり、を認識することができるようになりました。しかし、まだ複雑な変化にっいては理解できませんから、赤ちゃんは単純な移り変わり、を提えなければならないのです。

また、私たち大人はこれまで自分が経験した出来事から、ある状況を予測することによって知識を得ることができます。例えば、人がジャンプしたなら、過去の経験からすぐにその人が着地することも分かります。ゴルフやテニスの選手がボールを打とうとして、次にどんな動きをするのかということも、これまでの経験から知っています。

ゴムボールが落ちるのを見れば、ボールは下に落ちると弾むことを予め知っていますから、そのボールもたぶん少しの間バウンドを続けるだろうと思うわけです。ところがこれらは、赤ちゃんにとっては全く初めての経験なので、予測がつかないのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の冒険心の現われというべき行動

七〜八歳のころに起きる子どもの冒険心の現われですが、お盆にのっている食器を、台所まで運んでくれるように子どもに頼んだときに、快く承諾してくれたのはよいが、そば屋さんのするように片腕で肩のところにもち上 …

no image

赤ちゃんと飛行機遊びなどで遊ぼう

赤ちゃんはあなたの手を借りて、からだ全体を動かすような遊びがとりわけ好きになります。同じ動きばかりが続く遊びより、むしろ次々と変化するような遊びをしてあげる方がよいでしょう。やさしい動きやゆっくりした …

no image

どうか頭ごなしに叱らないで

よいお母さんやお父さんは、子どもの気持を汲みながら教育をすることができるようになろうと、子どものことについて勉強する人です。子どもを教育する以上、子どもについて勉強するのは当然のことといえましょう。両 …

no image

親がしてあげられることは環境を整えてやることぐらい

身体は環境さえ整っていればある程度、成長していきます。親でなくとも口から栄養が取れれば、五歳なら五歳の身体、十五歳なら十五歳の身体、二十歳なら二十歳の身体になっていきます。しかし心の部分はそうはいかな …

no image

赤ちゃんのリズムに合わせて遊んであげよう

赤ちゃんは新しい能力を何度も試してみようとします。赤ちゃんがもっと長く遊んでいたいと思うように、遊びを工夫し、変化をもたせたり複雑にしたりします。しかし、赤ちゃんが出す。疲れているよ、というサインには …