スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

生後12週目の赤ちゃんの振る舞い

投稿日:

生後一二週目から一三週目にかけて、赤ちゃんは比較的落ち着いた時期を新たに迎えます。赤ちゃんを抱いて散歩に出たり、胸に抱いて座らせている時に、ふつうの人と同じような振る舞いを見せてくれます。見たい聞きたいと思った方にすぐ顔を向けたり、物を見るために位置を変えたり、身の周りで起こる出来事に注意を向けることができるのです。誰にでも微笑んでくれますし、言葉をかけてくれた人に声を出して応えたりもします。

赤ちゃんの両親や家族の者、友人たちは、赤ちゃんが元気な子供になったことを強調し、多くのすばらしい能力を身に付けたことを喜んでくれます。赤ちゃんは人として、さらに目覚めた、ようです。赤ちゃんが陽気で元気になったので、両親が赤ちゃんに興味や関心を示すのも無理はないでしょう。赤ちゃんは家族に見守られながら自分の生きる場所を見つけたのです。すでに、人間として必要な資格を備えたといえるかもしれません。

生後一二週目の成長のステップのあと

生後一二週目の成長のステップのあと、赤ちゃんは音や動き、光、物体の移り変わり、を認識することができるようになりました。しかし、まだ複雑な変化にっいては理解できませんから、赤ちゃんは単純な移り変わり、を提えなければならないのです。

また、私たち大人はこれまで自分が経験した出来事から、ある状況を予測することによって知識を得ることができます。例えば、人がジャンプしたなら、過去の経験からすぐにその人が着地することも分かります。ゴルフやテニスの選手がボールを打とうとして、次にどんな動きをするのかということも、これまでの経験から知っています。

ゴムボールが落ちるのを見れば、ボールは下に落ちると弾むことを予め知っていますから、そのボールもたぶん少しの間バウンドを続けるだろうと思うわけです。ところがこれらは、赤ちゃんにとっては全く初めての経験なので、予測がつかないのです。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

親子のつながりや情緒的な心の結びつきが過去に不足していた場合

親子の間の情緒的な心の結びつきが過去に不足していたことがはっきりすれ努力して下さい。なお、うちの子どもは、いっさいねだることがないーといって、誇らしげにいうお母さんやお父さんがいますが、このような子ど …

no image

良い子で素直で申し分のないお子さん

子どもの心には、いたずらをしたい、自分の思ったことはいいたいという欲求がある。その欲求に従って行動することが、本当の意味での(内面的な)すなおです。このことをよく知っていないと、カッコばかりの「よい子 …

no image

情操教育で「思いやり」を考える

私は、情操の中心に「思いやり」をおいて考えています。「思いやり」とは、相手の立場に 立って考え、相手の気持に共感する心といえましょう。これを「受容」の能力と呼んでいる人 もあります。そうなると、お母さ …

no image

子供が寄りかかると嫌がってしまう親

もし、身体接触が少なかったようなことがあれば、小学校三年生までの子どもであれば、機会をみて、抱っこや添い寝をしてあげるとよいでしょう。それがくり返されているうちに、子どもの情緒は安定してきます。 異常 …

no image

失敗を恐れた母親がそれを克服

自分の子どもがちゃんとしている子に見えるように、がんばって見栄を張ってしまう。もちろんがんばって見栄を張ることも人生において必要なときはあります。でも子育てで見栄を張る必要はまったくありません。大人に …