スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

セダン、プライドが新しい姿で再誕生

投稿日:

セダン、プライドが新しい姿で再誕生した。新車の主要諸元は、戦場4365mm(5ドア4045mm)、全幅1720mm、全高1455mm、ホイールベース(ホイールベース)2570mmで、従来モデルよりも全長は115mm(5ドア20mm)、全幅は25mm、ホイールベースは70mm増え全高は15mm低下した。新車はガンマ1.6 GDiガソリンエンジンと6段自動変速機を新たに搭載し、最高出力140馬力(ps)、最大トルク17.0kg·m、燃費16.7km /ℓを実現した。ガンマ1.4 MPiガソリンエンジンは、4段自動変速機を基準に最高出力108馬力(ps)、最大トルク13.9kg·m、16.1km /ℓの燃費を達成した。

1.6 GDiエンジンには、停車中のエンジンを一時停止させて出発時自動的に起動がかかる「ハイエンドISG(Idle Stop&Go)システム」が適用されたエコプラスモデルを別々に作動させる。エコモデルの燃費は17.7km /ℓ。利便性と安全性の仕様は、6エアバッグ(運転席/助手席/サイド&カーテン)を基本に適用し、車体姿勢制御装置(VDC)、速度感応型電動パワーステアリング(MDPS)、「VSM(次世代VDC)」を搭載した。これと共に▲タイヤ空気圧低下時に警告する「タイヤ空気圧警報装置(TPMS)」を同等の最初の適用し、▲スロープ密林防止装置(HAC)▲急ブレーキ警報システム(ESS)などの先端安全仕様を適用した。

熱線ステアリングホイール

新車は冬の快適な運転環境を提供する「熱線ステアリングホイール」と運転手が設定した走行速度を自動的に維持させてくれる「クルーズコントロール」を同等最初に適用して利便性を高めた。このほか、 ▲グローブボックスの冷却機能▲室内空気清浄機能を実行する「クラスタイオナイザ」▲ボタンブーツ&スマートキーシステム▲リア駐車補助 ​​システム▲アクティブエコシステム▲チャイルドシート固定装置などの快適性を備えている。

関係者は”新型「プライド」は、スタイルと経済性、実用性を同時に追求する若年層に新たな次元の感性価値を提供して小型車市場に新鮮な旋風を巻き起こすだろう」とし「顧客が「プライド」の優れた商品競争力を直接体験して見ることができる様々なマーケティングを継続的に展開していく計画だ」と話した。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ボルボ車がディーゼル・ガソリンのハイブリッド環境モデルをリリース

ボルボ車がディーゼルおよびガソリンのハイブリッド環境モデルを相次いでリリースして進化した技術力を誇った。ボルボ車米国デトロイトで開催された「2012年北米国際オートショー」でXC60のエココンセプトカ …

no image

ジュネーブモーターショーでメルセデス·ベンツ

スイスのジュネーブレックスフォーで行われた’82回ジュネーブモーターショー「メルセデス·ベンツ展示場の隣に1350m²(400坪)規模で設けられた起亜自動車展示場で4人のドイツの紳士が入っ …

no image

ロールス·ロイスはブランド拡張のため格式にとらわれないデザインに焦点

ロールス·ロイスは、ブランド拡張のために、より現代的で格式にとらわれないデザインに焦点を合わせてゴーストを誕生させたEWBも、このようなコンセプトを受け継いだ。ゴーストEWBの流れるようなラインは、ヨ …

no image

自動車会社の新車戦争

2011年の各自動車会社の「新車戦争」は、国内完成車と輸入車ブランドの両方今年の自動車市場のシェアを高めるために、第4四半期(10〜12月)の新しいモデルを続々とリリースしてもう一回競争を準備していた …

no image

多目的軽自動車TAM(開発コード名)を発売

起亜自動車が当初発売した多目的軽自動車TAM(開発コード名)を2011年に中旬に発売した。起亜自動車は2011年11月中旬からTAMの事前契約を実施する続き、11月29日頃、済州で新車発表会を行い、本 …