スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

サンデーライダーのブレーキの技術の低さによる危険

投稿日:

以前こんなことがあった。ツーリングで走行中、ネズミ捕りに合って計測されたが、人はまったく気付かずになお走行。しばらく行った所で警察官が道路に出てきて停止を命じた。ライダーは急に道路に飛び出してきた警察官にびっくりして、あわてて急ブレーキをかけたため転倒してしまった。転倒でバイクは壊れるし、スピード違反でキップは切られるしで、二重の不運となったわけだ。このようなライダーにサンデーライダーが多い。

とっさのブレーキングが非常に大切だ。いつ、どんな時に急ブレーキ、あるいはブレーキングをしなくてはならないかもしれないが、ライダーは常に安定したブレーキングができなければならない。

サンデーライダーは、休日だけしかバイクに乗らないため、マシンに慣れていないし、急ブレーキをかける機会も少なく、とっさの場合はブレーキングの強弱や、フォームがわからず対応も遅れて転倒や事故を起こしてしまうのだ。

フロントブレーキを強くかけると

マシンは加速中なのでフロントも浮き気味だから、フロントブレーキを強くかけると、マシンを押さえ切れなくなる可能性もでてきて、とても危険だ。急ブレーキも高度なテクニックを要求されるが、自分で急ブレーキをかけようとする意志が働けば、意外と自信がつくものだ。それよりも、自分の意志に反してのブレーキングがとても難しい。

最も難しいブレーキングは、やはり加速中のブレーキングと急ブレーキ、そして自分の意志に反したブレーキングの3つであろう。加速中は、アクセルがオンになっているしエンジン回転が上昇しているので、ブレーキをかけてもすぐには反応しない。

先ほどのように、警察官が飛び出てくることさえあり、いつどこでブレーキングが要求されるかは考え知れないものである。この意志に反したブレーキングに、ライダーはどのように対応するか?それは判断力の早さと慣れ、そして機敏さしかない。日頃からこれらのテクニックを養うライディングを心掛けたい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキッ …

no image

レインウェアの選び方-バイク用

以前は、レインウェアとはいわずにカッパ、などといって、おソバ屋さんが使うような紺色のカッパしかなかった。価格は千円前後なので着る人も多かったが、1時間も走ると雨水が漏ってきてパンツまで濡れて困ったもの …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …

no image

オフロード用ジャケットなどのバイク用品

ウェアは、通気性のよいトレーナーか、エンデューロジャケットと呼ばれるオフロード専用ジャケットが、動きやすく最満である。ゴーグルは、モトクロス用か、それにフェイスマスクを取りつけて使用するのがメジャーで …