スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

寂しいのでつい不倫してしまいました

投稿日:

寂しさのあまりつい不倫してしまいました。このまま続けていてはだめでしょうか?、とある人は語る。東京にいたころに比べ楽しみも少なく、親しい友人も近くにいないため、寂しさのあまり同僚の妻子ある男性と関係をもってしまいました。もう2年になります。私は大学卒業後、しばらく東京で働いていましたが、今は郷里に戻り、小学校の教師をしています。現在は転勤で分校勤務となり、ひとり暮らしをしています。

彼はとても優しく、私のグチも黙って聞いてくれます。私は彼の家庭をこわそうなんて思ってはいません。ただ今の状態が続いてくれれば、と思うのです。結婚話も何度かありましたが、どうしても踏み切れませんでした。

こういうときは思いっきりスポーツをして何もかも忘れるんだと、森田健作先生ならおっしゃりそうですが、いやなかなか現実は熱血学園ドラマのようにはゆきません。もちろん、何度も別れようとしましたが、そのたびにまたひとりぼっちになるのが怖くてたまらなくなるのです。

あなたと彼はひんぱんに会い続け

あなたと彼はひんぱんに会い続け、しかし、体には触れず、ただグチをこぼし、それを聞いてもらう関係。ひとりぼっちになるのが怖いだけで別れられないのなら、それで十分だと思うのですが。あなたのエライところは、彼の家庭をこわす気はありません。寂しさをわかってくれる人間にそばにいてほしいだけという点です。これが本心ならば提案をひとつ。彼に、エッチは一切しないが、おつきあいは続けたいと申し出てみればいかがでしょうか?

あなたもそのとき、男の正体をまのあたりにできることでしょう。男は自分の欲望を満たすために、我慢してあなたのグチを聞いているにすぎないのです。グチをしゃべると、確かに気分が晴れます。三万円拾ったくらいにもうけた気持ちになれます。もし、グチの代償に、あなたが男に肉体を提供しているとするなら、それは売春となんら変わりのない行為といえるのではないでしょうか。

そして、その状態を男が受け入れてくれたなら、心底優しい男性なのだから、甘えるだけ甘えてよいと思います。が、しかし、もしその男が、そんなのいやだといい出したら、その男ははっきりいって、体目当てのズルイ男なのです。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

ぴったりした白ズボンが嫌い

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出して …

no image

片付けられない妻

私の悩みはだらしないことです、と語るある女性。こういう私でも、いずれは結婚すると思います。男の人はやっぱり自分の家がキチンと片付いている方が好きですよね。家庭を持ったときにこのままでいいのか、私はいま …

no image

優しい男に対する女性の評価

世の多くの男性は、女性に対しては「ひたすらやさしい男」を演じようとする傾向がある。たいして重そうでもない荷物を持ってやる。クルマのドアを開けてやる。しまいには、エスカレーターの乗り日で手を取ってろうと …

no image

彼以外の男性からアプローチがあった

彼以外の男性からアプローチがあった場合。両天評にかけたいステキな男性が出現したなら、短期間二股かけるのもテ。これを成功させるためには、あなたの内の罪の意識なるものを完全に捨て去ることです。 広い世界に …

no image

恋愛では意外な一面を褒めると効果が出ることもある

男たちには、ぜひとも、ストーリーの共演者になってほしい。女性のつくるストーリーに入っていってこそ、「二人の世界」が築けるというものだ。それには、最もシンプルで効果的な方法がある。その方法とは、「君って …