スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

虚栄のサイズ表記が生まれた歴史

投稿日:2019年9月27日 更新日:

どうして性別で異なるのだろうう、既製服の登場で、婦人服は攻意的な番号システムで示されるようになりました。おそらく、実寸を他人に知られないようにしたのでしょう。ウィスコンシン州ミルウォーキーのマウント・メアリー大学のファッション学部長、サンディ・カイザーが説明する。男性のサイズに関する情報は、軍隊が装具や制服のデザインのために行った調査から派生したものがほとんどを占めていた。そのため、紳士服は体の実寸に沿ってサイズ付けされており、二、四、六、八という適当な番号を付けた婦人服のシステムに比べればかなりストレートである。

服のターゲット、つまり、自分のヒップは九一センチだと信じたがっている女性に向けて、ヒップ九一センチという寸法を使う。彼女をがっかりさせないように、九四センチのヒップにも余裕でフィットするようにしたらどうか?九七センチのヒップは?こうして虚栄のサイズ表記が生まれた。

アメリカ農務省によって一九四年に初めて行われた

女性のサイズ調査は、アメリカ農務省によって一九四年に初めて行われた。サイズの幅をより広げようと、商務省が七〇年代に数回、基準の更新を行ったが、そうした試みは一九ハ三年に途切れてしまった。それ以来、アメリカ材料試験協会(ASTM)が、業界向けにサイズ付けの基準を作ったり改正したりしているのですとカイザー。満足なショッピング体験を提供してひいきにしてもらうためには、正確なサイズ付けのシステムが欠かせない。

二世紀後半は、紳士服も女性が買う場合が多かった。ということは、実寸が分かるほうが楽だったわけです。それに、男性というのは、自分で買物をする時でさえ面倒くさがって試着なんかしないものですからね。基準に従うかどうかは各社の自由なんですよ。その結果が、混池としたサイズ表記というわけだ。諸々の正式な基準に縛られることがないので、デザイナーは自由に虚栄のサイズ付けができたのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

サウス・サルサモーラアパレル工場はスウェットショップではなかった

サウス・サルサモーラ・ストリート・アパレル工場は、どう見てもスウェットショップではなかった。労働者は健康保険にも入れたし、時給一二ドル稼ぐミシン係もいた。労働時間にしても、たまに長くなることはあったけ …

no image

ゴーストタウンに成り果ててしまった

「まあ当たり前のことですが、大家の方では自分の持っている不動産からできるだけ多額の金を引き出したいと思っています。そして、アパレル・メーカーからは一平米当たり一〇〇ないし一五〇ドル程度の家賃しか取れな …

no image

リテールセラピー-買物で気分を治そうとする

毎年およそ四四〇〇万人がダイェットに励むが、なんと九〇~九五%が減量分以上にリバウンドしてしまう。痩せたと思ったら以前にも増して太り、また痩せる、その繰り返し。私たちは、体重の増減に合わせて、その都度 …

no image

所属モデルの食習慣を完全に把握していない

コルスラッドによれば、モデルズの場合、創立から四年間で摂食障害を患ったモデルは四人いたそうだ。事務所側が入院の手配を整えてモデルを説得し、母親に迎えに来させた例もあったという。彼女たちだって、成長する …

no image

思考の麻痺した私たちは

大抵の人々がシャツ一枚に迷わず払う二五ドルだって、大方のアパレル工場労働者にとっては、何カ月も貯金しなければならない額だ。マンハッタンのミートパッキング・ディストリクトにあるロータスという気取ったナイ …