スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

虚栄のサイズ表記が生まれた歴史

投稿日:2019年9月27日 更新日:

どうして性別で異なるのだろうう、既製服の登場で、婦人服は攻意的な番号システムで示されるようになりました。おそらく、実寸を他人に知られないようにしたのでしょう。ウィスコンシン州ミルウォーキーのマウント・メアリー大学のファッション学部長、サンディ・カイザーが説明する。男性のサイズに関する情報は、軍隊が装具や制服のデザインのために行った調査から派生したものがほとんどを占めていた。そのため、紳士服は体の実寸に沿ってサイズ付けされており、二、四、六、八という適当な番号を付けた婦人服のシステムに比べればかなりストレートである。

服のターゲット、つまり、自分のヒップは九一センチだと信じたがっている女性に向けて、ヒップ九一センチという寸法を使う。彼女をがっかりさせないように、九四センチのヒップにも余裕でフィットするようにしたらどうか?九七センチのヒップは?こうして虚栄のサイズ表記が生まれた。

アメリカ農務省によって一九四年に初めて行われた

女性のサイズ調査は、アメリカ農務省によって一九四年に初めて行われた。サイズの幅をより広げようと、商務省が七〇年代に数回、基準の更新を行ったが、そうした試みは一九ハ三年に途切れてしまった。それ以来、アメリカ材料試験協会(ASTM)が、業界向けにサイズ付けの基準を作ったり改正したりしているのですとカイザー。満足なショッピング体験を提供してひいきにしてもらうためには、正確なサイズ付けのシステムが欠かせない。

二世紀後半は、紳士服も女性が買う場合が多かった。ということは、実寸が分かるほうが楽だったわけです。それに、男性というのは、自分で買物をする時でさえ面倒くさがって試着なんかしないものですからね。基準に従うかどうかは各社の自由なんですよ。その結果が、混池としたサイズ表記というわけだ。諸々の正式な基準に縛られることがないので、デザイナーは自由に虚栄のサイズ付けができたのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

救いの手を差し伸べてくるファッションという存在

自分の体について、嫌というほど意識させておいて、救いの手を差し伸べてくるファッションという存在。二〇〇一年一月、リー・クーパーはパック・イット・ジーンズ復刻版を売り出した。もともと一九七〇年代に作られ …

no image

デザイナーはただ自分の服を一番きれいに見える体に着せて披露

ファッション・ヴィクティムは、ほとんどの場合、モデル自身は単なる将棋の駒でしかないことに気づいている。しょせん、盤上を支配するのはデザイナーなのだから。だが、当のデザイナーは、ただ自分の服を一番きれい …

no image

魔女狩り現象のようなものが生まれてきた

一九九八年、LAのスポーツウェア・メーカーであるカレン・ケインが、犯罪行為に連座したと言われて標的にされた。この会社は卸売価格にして年間およそ七〇〇〇万ドル分のアパレル製品を製造していたが、そのうち七 …

no image

スウェットショップのアメリカの環境は見た目だけではわからない

スウェットショップの環境は、必ずしも見た目だけでわかるわけではない。「皆さん、スウェットショップとは何か暗くて汚くて窮屈なものだと誤解されているみたいですが、それじゃほとんど一九世紀のニューョークの工 …

no image

リーバイスの工場の閉鎖

レイオフされた労働者たちは、互いの話に耳を傾けながら、元雇用主に対して行動を起こそうと計画を練った。マタとビオラ・カサレスが共同でコーディネーターを務めるこの団体には、初年度にして七〇〇人の会員が集ま …