スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

虚栄のサイズ表記が生まれた歴史

投稿日:2019年9月27日 更新日:

どうして性別で異なるのだろうう、既製服の登場で、婦人服は攻意的な番号システムで示されるようになりました。おそらく、実寸を他人に知られないようにしたのでしょう。ウィスコンシン州ミルウォーキーのマウント・メアリー大学のファッション学部長、サンディ・カイザーが説明する。男性のサイズに関する情報は、軍隊が装具や制服のデザインのために行った調査から派生したものがほとんどを占めていた。そのため、紳士服は体の実寸に沿ってサイズ付けされており、二、四、六、八という適当な番号を付けた婦人服のシステムに比べればかなりストレートである。

服のターゲット、つまり、自分のヒップは九一センチだと信じたがっている女性に向けて、ヒップ九一センチという寸法を使う。彼女をがっかりさせないように、九四センチのヒップにも余裕でフィットするようにしたらどうか?九七センチのヒップは?こうして虚栄のサイズ表記が生まれた。

アメリカ農務省によって一九四年に初めて行われた

女性のサイズ調査は、アメリカ農務省によって一九四年に初めて行われた。サイズの幅をより広げようと、商務省が七〇年代に数回、基準の更新を行ったが、そうした試みは一九ハ三年に途切れてしまった。それ以来、アメリカ材料試験協会(ASTM)が、業界向けにサイズ付けの基準を作ったり改正したりしているのですとカイザー。満足なショッピング体験を提供してひいきにしてもらうためには、正確なサイズ付けのシステムが欠かせない。

二世紀後半は、紳士服も女性が買う場合が多かった。ということは、実寸が分かるほうが楽だったわけです。それに、男性というのは、自分で買物をする時でさえ面倒くさがって試着なんかしないものですからね。基準に従うかどうかは各社の自由なんですよ。その結果が、混池としたサイズ表記というわけだ。諸々の正式な基準に縛られることがないので、デザイナーは自由に虚栄のサイズ付けができたのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

マネキンの歴史の中での変化

肉感的なフィギュアを作ろうという試みがあった。一九九八年、イラストレーターのルーベン・トレドは、プッチ・インターナショナルのためにバーディという名のサイズ一八~二〇のマネキンを作っている。スリーサイズ …

no image

ナイキのスウェットショップ問題

ファッション業界の歴史には、悪名高いスウェットショップ話がいくつか暗雲のように垂れ込めている。一九一年、ニューヨーク・シティのトライアングル・シャツウエスト工場の火災で、労働者五〇〇人のうち一四六人が …

no image

いい加減な関税システムのおかげで

いい加減な関税システムのおかげで、輸入テキスタイルなどの材料も必ずしも到着時にチェックを受けるとは限らず、割当量が決まっていたり課税対象だったりする国の生地でもそのまま入ってきてしまうことがある、とい …

no image

ニューヨークのアパレルブランド工場は

休憩も取らず(お腹が鳴り、背中痛くなっても)働いたのに、初日に仕上げられたのはたったの五三枚。一日八時間働いても三・七一ドルか稼げなかった。ニューヨークでは、ホットドッグとソーダが買えるか買えないかと …

no image

労働者の劣悪な環境

工場側は、自宅労働者を雇うことーアメリカでは違法とする州もあるーで、監督者の厳しい目を逃れることも多い。ジョバーが女性たちに裁断した生地の束を渡して、家で縫わせるのだ。こうすれば、家賃、電気代、業務用 …