スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は

投稿日:

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は、当然、騙された気分になった。ローパー社がアメリカの消費者を対象に行った調査では、「アメリカ製」のラベルを好ましいものと考えている人が九五%を占めることがわかっている。

抵抗して戦う道を選んだ残り八社には、GAP(この島で最大の存在で、〈グローバル・エクスチェンジ〉によれば、二億ドル規模のビジネスを営んでいるという)、ターゲット、リーバイ・ストラウス、ザ・リミテッドなどが含まれていた。

同行者の面々にこう語った。「ここに来てまだ一四時間しか経っていませんが、マリアナ諸島の経済的成功をこの目でしかと確認しましたよ」。一九九九年、三件の訴訟が起こされた。五万人以上の労働者が、アメリカのアパレル企業二六社とサイパンの請負業者に一〇億ドル以上の賠償金を求めたのである。

一九九八年、自治政府の招きで、ヒューストンの共和党議員トム・ディレイがサイパンを訪れた。同様の旅に参加した高級議員や官僚は、これまで約一〇〇人に上る。ディレイの場合、工場やバラックー彼の来訪に合わせてにわかに飾り立てられていたのは間違いないー数カ所回る時間はとったが、あとはシュノーケリング、ゴルフ、晩警会などで楽しく過ごした。

すぐさま和解を見た

カルバン・クライン、ダナ・キャラン、Jクルー、リズ・クレイボーン、トミー・ヒルフィガーなどといった小売業者一八社は八五〇万ドルを提示し、独立した監督機関に工場の定期検査を行わせることに同意して、すぐさま和解を見た。

メリーランド州ゲイザースバーグに住む四八歳のセールス・コンサルタント、アンジェラも言う。「私、服の製造国にはうるさいわよ。国っていうのはそれぞれ特定の品質を表していると思うの。たとえば、私はイタリアの生地や縫製が好きだし、ゴールドのジュエリーもトルコよりイタリアのものがいい。ウールとカシミアならイングランドやスコットランドだし、革製品はイタリア、綿製品はアメリカ製ね。私にとっては、台湾みたいな国々イコール量産品なのよ」。

別の調査では、物を買う時には原産国を多少は気にすると答えた回答者が六〇%に上った。各国のステレオタイプなイメージのせいで、原産国のラベルには誇らしいものもあれば恥ずかしいものもあることになる。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

マネキンの歴史の中での変化

肉感的なフィギュアを作ろうという試みがあった。一九九八年、イラストレーターのルーベン・トレドは、プッチ・インターナショナルのためにバーディという名のサイズ一八~二〇のマネキンを作っている。スリーサイズ …

no image

スウェットショップのアメリカの環境は見た目だけではわからない

スウェットショップの環境は、必ずしも見た目だけでわかるわけではない。「皆さん、スウェットショップとは何か暗くて汚くて窮屈なものだと誤解されているみたいですが、それじゃほとんど一九世紀のニューョークの工 …

no image

工場の閉鎖、解雇-製造拠点がコスタ・リカに移された

マタと同僚たちは、不審に思いながら、丸テーブルについてじっと待っていた。やがてドアが勢いよく開くと、リーバイスが雇ったケースワーカーが列を成してずんずん入ってきて、各人に包みを渡したー工場が閉鎖される …

no image

キャシーリーギフォードブランドリスト

デイヴィッド・レターマンは、あるリストを作った。題してキャシー・リー・ギフォード・ブランド、新製品トップ・テン。挙げられていたのは、その名もスウェットショップでいい汗流そうという新しいワークアウト・ビ …

no image

組合は一定のメーカー群と協定を結んでいる

組合は、一定のメーカー群と協定を結んでいるー製造は、組合に入っている国内の工場で行うこと、さもなければ料金を支払うこと。協定に違反して海外で製造を行ったメーカーは、組合に損害賠償しなければならないわけ …