スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

債権譲渡・合併・営業譲渡を貸金業者がした場合の相手方

投稿日:2015年8月8日 更新日:

・債権譲渡・合併・営業譲渡を貸金業者がした場合の相手方

合併後の貸金業者に過払金返還請求をしたのですが、その貸金業者は「合併前の過払金は、当社が返還すべきものではなく、合併前の会社が返還すべきものなので支払義務はない」と主張しています。私が当初借入れをした貸金業者が、同業他社と合併してなくなってしまいました。本当でしょうか。また、営業譲渡や債権譲渡があった場合、過払金の返還請求は、新会社と旧会社の、どちらを相手にすればよいですか。

「回答」

最後に返済した貸金業者(新会社)に対して、全部の過払金の返還請求をすることになります。

営業譲渡の場合

・営業譲渡の場合

営業譲渡をした場合、譲渡人(旧会社)と譲受人(新会社)の営業譲渡契約の中に特別に定めがなければ、営業に属する一切の債権および債務等の財産が新会社に移転したと推定されます。貸金業者が、営業譲渡により一体としての財産を譲り受ける実質的な理由は、譲受人(新会社)が、譲渡人(旧会社)の有していた顧客(債務者)全員を包括契約ごと一括して譲り受けて確保し、その後の新たな借入れ(利益)を期待できるというメリットがあるからです。

営業譲渡とは営業譲渡とは、一般的に、一定の営業目的のために組織化された有機的一体としての財産(得意先関係、「のれん」等の経済的価値のある事実関係を含む)を譲渡する債権譲渡契約であるといわれています。営業譲渡の場合も、旧会社で発生した過払金返還債務は新会社に移転するので、新会社に対して過払金の返還請求をすればよいことになります。

合併の場合

・合併の場合

会社が合併をした場合、債権・債務のすべてが合併後の新会社に包括的に承継されているので、合併前の貸金業者が負っていた過払金返還債務もあT去社が当然承継します。したがって、新会社に支払義務があり、合併後の貸金業者に対して、過払金の返還請求ができます。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

みなし弁済の要件合意の有効性

・みなし弁済の合意の有効性 和解の前後を通して全取引履歴につき法定利率で引直計算したところ過払金が発生していました。過去に返済が滞り、その後の分割返済につき貸金業者と和解したことがあります。引直計算を …

no image

契約書作成時において貸金業者の窓口担当者は

契約書作成時において、貸金業者の窓口担当者は、合意管轄の条項について詳しい説明などしませんので、債務者は、裁判所の合意ての内容を認識していません。さらに、条項の効力を認めると、債務者は遠方の裁判所に訴 …

no image

金融庁が貸金業法を大幅改正

貸金業法等の改正は、平成一八年一二月二三日に国会で成立し、同一二月二〇日に公布されました。改正内容は、ほぼ貸金業法の全体に及び、その中で消費者(借主=債務者)にとって重要なものは、貸し出し金利の引き下 …

no image

施行規則17条2項で貸金業者

・施行規則17条2項で貸金業者 電算化による貸金業者の一元管理の利益も考慮して、施行規則17条2項で貸金業者は、その営業所等において、その業務に関する法第19条に規定する帳簿の記載事項を記載した書面を …

no image

訴状作成方法のポイント

・訴状作成のポイント 請求の原因の中の、消費貸借契約の特定、取引履歴の内容、利息の請求の根拠の記載について注意すべきポイントは何ですか?過払金返還請求訴訟の訴状を作成する際、当事者の選定や請求の趣旨の …