スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

S字カーブ、クランクなどのコツ

投稿日:

上り坂の場合、ブレーキングが終了したら、パーシャルではなくアクセルオンで加速しつつ回っていくことがポイントになる。バンクがついていると、プラスαでパワーが食われるので、ギヤの選定は予想より1段低くして進入するようにする。ブラインド(見通しがきかない)になっているコーナーは、センターライン寄りでブレーキングを行う。これは、対向車の確認と、コーナーを読むためである。

バンクつきのタイトコーナーの場合、バンク角が小さいからB、大きいからAということはなく、自分が曲がりやすいと思うラインをセオリーとすればよい。また、1種だけのラインどりでは走りが限定されてしまうので、最低2本のラインは使い分けられるように日ごろから練習することが大切である。

クランクとS字のラインどりは同一と考えてよく、直線的なラインがベストである。問題は、四輪車の軌や道路の形状が、素直に進行方向を向いているかどうかということだ。道路は平坦ではなく、必ずどちらかに傾斜がついている。

進行方向に対して素直な場合

S字のように、進行方向に対して素直な場合は、切り返すポイントさえつかめばスムースに走れるが、切り返し地点に四輪の軌が平行についていたりすると、前後輪の動きがバラバラになり、激しく振られることがある。

2つ以上のR(半径)の異なるコーナーが連続している場合を、複合コーナーと呼んでいる。入口のRより出口のRのほうが小さい場合は、危険が大きく、無理をすると外側へ飛び出してしまう。この場合のラインどりのポイントは、2つ目のタイトなコーナーをスムースに通過することであり、入口のRが大きいからと思ってインべタで突っ込んでいくと、出口でふくらんでしまう。

走りやすいからといって、センターラインを割るようなラインどりをするのは、絶対に避けるべきである。このようなクランクコーナーは、道幅が狭く、見通しも悪いので、それほど急激な切り返しを行うことはないが、軌の上で切り返すと激しく振られるということは覚えておくべきだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでコーナーを曲がる際の目線の移し方

目はあらゆる環境から情報を採り入れる大切な役割をする。直線では先へ先へと視線を移しながらバックミラー、両サイド、路面などを追いつづける。教習所で習うように例えば一本橋、走行ではあまり直前をみているとマ …

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …

no image

S字やクランクは難しいがポイントを覚えておけば何とかなる

S字やクランクでは、マシンの操安性やエンジンの性格、ハンドルの形状、ライディングポジション、そして1速の総減速比によって、やさしくも難しくもなる。しかも、手前約5mで一時停止し、10秒以上の時間をかけ …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …