バイク

S字カーブ、クランクなどのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上り坂の場合、ブレーキングが終了したら、パーシャルではなくアクセルオンで加速しつつ回っていくことがポイントになる。バンクがついていると、プラスαでパワーが食われるので、ギヤの選定は予想より1段低くして進入するようにする。ブラインド(見通しがきかない)になっているコーナーは、センターライン寄りでブレーキングを行う。これは、対向車の確認と、コーナーを読むためである。

バンクつきのタイトコーナーの場合、バンク角が小さいからB、大きいからAということはなく、自分が曲がりやすいと思うラインをセオリーとすればよい。また、1種だけのラインどりでは走りが限定されてしまうので、最低2本のラインは使い分けられるように日ごろから練習することが大切である。

クランクとS字のラインどりは同一と考えてよく、直線的なラインがベストである。問題は、四輪車の軌や道路の形状が、素直に進行方向を向いているかどうかということだ。道路は平坦ではなく、必ずどちらかに傾斜がついている。

進行方向に対して素直な場合

S字のように、進行方向に対して素直な場合は、切り返すポイントさえつかめばスムースに走れるが、切り返し地点に四輪の軌が平行についていたりすると、前後輪の動きがバラバラになり、激しく振られることがある。

2つ以上のR(半径)の異なるコーナーが連続している場合を、複合コーナーと呼んでいる。入口のRより出口のRのほうが小さい場合は、危険が大きく、無理をすると外側へ飛び出してしまう。この場合のラインどりのポイントは、2つ目のタイトなコーナーをスムースに通過することであり、入口のRが大きいからと思ってインべタで突っ込んでいくと、出口でふくらんでしまう。

走りやすいからといって、センターラインを割るようなラインどりをするのは、絶対に避けるべきである。このようなクランクコーナーは、道幅が狭く、見通しも悪いので、それほど急激な切り返しを行うことはないが、軌の上で切り返すと激しく振られるということは覚えておくべきだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加