スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

クレジットカード

流通系カードは高率のポイント提供などお得が多い

投稿日:2019年9月9日 更新日:

流通系カード各社は、会員に積極的にカードを利用してもらおうと、会員限定セールなど様々な特典をつけている。ジャスコ、サティなどのイオングループでは毎月20日、30日はイオンカード会員限定で5%引きセールを開催、西友では毎月5日と20日にセゾンカードを利用して買い物をすると5%引きなどのサービスを実施している。

また、流通系カードの代表としてよく取り上げられるタカシマヤカードは、年会費無料でありながら8%もの高率のポイントを提供してお買物券へ交換するサービスを行って人気になっている。同カードのようにこの系列には年会費無料か初年度無料が多く、さらに高い還元率で客を集めている。そのため稼働率は他系列に比較すると飛びぬけて高い。反面、親会社であるスーパー、百貨店は個人消費の伸び悩みで軒並み苦戦している。このグループは親の業績に左右されるのも特徴。現状では、将来が明るそうなのはクレディセゾン、イオンクレジットサービスくらいで、その他は決して順調とはいえない。

スーパー、百貨店などが発行するカード

流通系カードは、スーパー、百貨店などが発行するカードである。セゾンカード(セゾングループ)、OMCカード、イオンカード(イオングループ)、伊勢丹アイカード、東急TOPカード、タカシマヤカードなどがある。その特徴は何といっても自前のチェーン店を使って、割引やポイントなどの特典をつけて多様なサービスを展開できることだ。

信販系カードとちがい、流通系カードの場合は、店舗と利用者との間に成立する二者間契約のような関係になり、グループで直接特典を付与できる強みがある。流通系力ードはポイント・割引特典が豊富で、スーパー、デパートが集客を目的に主婦、OLがメインターゲットである。このようなカードをもっているとスーパーでの買い物が割引になるため、毎日買い物をする主婦、OLに圧倒的な人気がある。

-クレジットカード

執筆者:

関連記事

no image

販売信用の規模は消費者信用産業全体の約50%を占めている

現在、販売信用はカードショッピングが7割近くを占め、個品割賦は3割程度となっており、さらにカードショッピングが増加傾向にある。ショッピングクレジット(個品割賦)は11兆6669億円でこちらは24%の減 …

no image

カード会社の収益の柱

カード会社の仕組みを説明してみよう。カード会社は、加盟店からの手数料のほかに、会員からの分割払いやリボ払いの金利、それに年会費などが入ってくる。これらがカード会社の収益の柱となっているが、薄利多売の業 …

no image

消費者金融業界-急成長業界の一服

近年では、TS3カード(トヨタ自動車)、マイソニーカード(ソニー)、Viewカード(JR東日本)、NTTグループカード(NTT)など自動車、電機、交通、通信のトップ企業が相次ぎ参入してきたために業界再 …

no image

クレジットカード、キャッシングの利用方法は節度ある方法で

日本では、クレジットカードの発行枚数が急増を続け、それに伴いクレジットカードにまつわるトラブルも急増しています。便利だからといってむやみに利用するのではなく、クレジットカードを利用することは、借金をす …

no image

データ保管の都合上廃棄したと主張する貸金業者

貸金業者は、10年以上の取引履歴は保存していない、破棄したなどと主張する場合があります。しかし、貸金業者にとって重要なデータの廃棄は考えられません。「データ保管の都合上廃棄した」といっても、コンピュー …