スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

両親で話し合いをしているか?

投稿日:

話し合いの伝統がなかったわが国の過去の歴史から考えますと、さて話し合いをーとなると、水くさかったり、どのようなことから話し合いを行ったらよいかわかを感ずる方も少なくないと思います。その点で欧米の家庭の例を引き合いに出してみますと、子どもを八時ごろまでに寝かしつけたり、子ども部屋へ送ったあと、夫婦で話し合う時間にしています。

お年寄りと同居している場合には、夫婦の協力によって、子どものしつけに一貫性を作り上げる努力が必要であるにもかかわらず、お父さんは、始と嫁との間の葛藤の調整に乗り出そうとしませんし、妻からの訴えに耳を貸そうとしない人が多い。

子どもに何かの問題が起きてきますと、お母さんに協力して問題を解決しようとせずに、「お前が悪いからだ」と攻め手に回ってしまっています。それでは、精神的には離婚しているのと同じですから、お母さんは非常に悲しい思いをしていますし、不安はいっそう強くなり、それが子どもの問題行動にさらに拍車をかけてしまっています。

家庭の中に波風を立てたくないという気持から

お父さんとしては、家庭の中に波風を立てたくないという気持からそのような態度を取ろうとするわけですが、妻であるお母さんにしてみれば、夫から見放されたような気持になってしまう。このように考えますと、いっそう、夫婦の間の話し合いを強調しなければなりません。

一人で外出することが習慣になっているほどですから、それはいとも自然に行われています。このようなお話をすると、わが国ではなかなかまねのできないことのように感ずるでしょう。子どもを時間できっちり寝かせつけることはできにくい状況にありますし、お父さんがいつ帰ってくるかわからないという状態の中では、望み薄ということになるでしょう。

そうした中でも、よい機会をねらって、お母さんの方から、お父さんに対して、子どもについての楽しい話をしながら、相談することがあれば少しずつ話してみることも一つの試みになるでしょう。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

自発性の低下したお母さんは

かぜの原因はビールスの感染にあります。ですから、ビールスの感染がなければ、かぜをひくことはない。このことを知っていれば、子どもが裸のままゆったりとしていても、「早く、早く」とせき立てなくてもすむことも …

no image

黙っていてもわかり合うことができる関係に

「以心伝心」や「あ・うんの呼吸」という言い方もありますが、これが機能するにはその前段階に言葉できちんと伝え合ってきた関係性ができていることが必要で。いろいろな言葉を交わし、話を積み重ねた経緯がなければ …

no image

妻の気持ちが分からない夫にならないで

夫であり妻であるという関係をよいものにしていくことが、子どもの人生を幸福にしていく出発点になるということをしっかり心に刻んでいただきたい。相手の生いたちや育った環境を思い、その影響を理解してみましょう …

no image

ありがたいと思う気持ちほどポジティブな考え方の芽をたくさんくれる

あなた次第でどんな人生にもしていけるのに、自らマイナスばかり拾って不幸せな気分で生きていくなんて、なんと損なのだろうと思いませんか?子育ても人間関係も、あなた自身の生き方も、気持ちのもち方ひとつでいか …

no image

良い子で素直で申し分のないお子さん

子どもの心には、いたずらをしたい、自分の思ったことはいいたいという欲求がある。その欲求に従って行動することが、本当の意味での(内面的な)すなおです。このことをよく知っていないと、カッコばかりの「よい子 …