スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

労働省(DOL)によれば

投稿日:

労働省(DOL)によれば、最低賃金、超過勤務、子どもの就労に関する法律に違反している企業はみんなスウェットショップということになる。だが、そうした定義には曖昧な部分が残る。ロドリゲスは、DOLがアパレル業界の最新調査結果を発表した記者会見の様子を思い出す。リリースには、調査対象となったアパレル工場の六七%が、最低賃金や超過勤務、健康と安全に関する法律に違反していることがわかったという見出しが躍っていた。

GCASCのジョー・ロドリゲスは語る。「こうした労働者の支持団体というのは、善意でやってるところが多いとは思います。でも、誰にでも密かな目標はありますよね。時には、それを達成するために、ある種、うまくごまかしたり、半分嘘を言ったり、誇張したりといった手を使う場合もあるわけですよ」。混乱は、「スウェットショップ」という言葉そのものに端を発しているらしい。

ロドリゲスが調査を掘り下げてみると、少しばかり事実が歪曲されている部分が出てきた。調査の標本規模が、州内のアパレル工場全体のわずか一%程度にすぎなかったのである。なのに、大金が未払になっていたというのだろうか?さらに、そうした何万ドルという大金にしても、支払額全体から見れば取るに足りない割合であることがわかった。

やり方が間違っているわけではないが

調査では従業員への支払が何万ドルも不足していたことも明らかになった、とあった。ロドリゲスは、やり方が間違っているわけではないが、数というのは時に曲者なのだ、と言う。「統計結果っていうのは、どうにでも解釈できるんですよ。どこに力点を置くかで違ってくるわけですから。つまり、見出しそのものは一応間違いないとしても、かなり誤解を招きやすい性質があるんです」。

「たとえば調査対象の五〇〇万ドルのうち、未払が六万ドルだけだったら金額だけを言うより、約九九%はきちんと支払われていると指摘するほうが正確でしょう?」賃金、超過勤務、健康や安全に関する法律に違反している工場はすべてスウェットショップとするDOLの定義に従えば、ほんの比細な違反行為でものっびきならないものになってしまう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ニューヨークタイムズの特集で一年以上前に起こった事件を認めた

元ハーパース・バザー編集長ケイト・ベッツは、ひと悶着あった末に、ニューヨーク・タイムズ二〇〇二年三月某日の特集で、一年以上前に起こった事件を認めた。キースターは、写真がより正常に見えるように、ウェスト …

no image

痩せすぎ女優を表現するのに使われた言葉

虚弱そうな、やつれた感じレールみたいに細い骨と皮骨が浮き出て見えるほどスキニー棒のように細い姿危ないくらいに病的ファッション・ページの紙よりも厚みのない姿マドラーみたいな姿気持ち悪いほど骨ばっている。 …

no image

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は

サイパンのスキャンダル記事を読んだ消費者は、当然、騙された気分になった。ローパー社がアメリカの消費者を対象に行った調査では、「アメリカ製」のラベルを好ましいものと考えている人が九五%を占めることがわか …

no image

テレビじゃ何でもお見通しとまではいかないね

スタイリストやメイクアップ・アーティストも脇に控えていて、ストラップの長さを調整したり、糸くずを取り除いたり、頬紅を足したり、口紅のグロスを塗り直したりする。そして、いったん撮影に入ると、みんなが目に …

no image

スウェットショップのアメリカの環境は見た目だけではわからない

スウェットショップの環境は、必ずしも見た目だけでわかるわけではない。「皆さん、スウェットショップとは何か暗くて汚くて窮屈なものだと誤解されているみたいですが、それじゃほとんど一九世紀のニューョークの工 …