ファッション

労働問題改善を唱えるケイティ・クアン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパレル系のスウェットショップが二〇世紀における恐竜にならなかった主な理由は、製品自体にある。柔らかい生地を扱うため、製造過程をオートメ化しにくいのだ。ここ四〇年間、インフレのおかげで他分野の賃金はおおむね上がってきたにもかかわらず、アパレル製造労働者の賃金はどん底まで落ち込んでいる。労働問題改善を唱えるケイティ・クアンは、一九七五年から八二年まで、ニューヨークのチャイナタウンでお針子をしていたという。

SPA方式を採用する場合が多く、ショップのテイストを体現し、かつリーズナブルな価格に抑えられている。断っておくが、スウェットショップで作られているのは安い服だけだと言っているわけではない。もっと高価なデザイナーものでも、全く同じ工場群からやってくる場合があるのだ。だが、スウェットショップが最もはびこるのは、消費者が服を使い捨て感覚で扱うようになり、小売価格がどんどん下がっていく時である。

安く買うことで間違いなく問題は悪化

安く買うことで、間違いなく問題は悪化するわけですからね。となると、私たちも目をつぶってはいられなくなる。九・九九ドルのシャツを買えば、そのシャツを作った労働者はいくら稼いだことになるのだろう。自分も労働者がただ働き同然で作った服を持っていることには、ほとんどの人が気づいているはずだ。もちろん、消費者にもそれなりに責任があります。リチャード・アッペルバウム博士が言う。彼は、カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校の教授で、専門は社会学とグローバル・国際問題研究である。

当時、メイシーズが四五ドルで売っていたカウンターポイントというブランドの婦人用スラックスを縫ってたんですが、歩合制ながら、時給にして一八ドルは稼げましたね。でも、私がサンフランシスコの組合長をしていた一九九五年頃には、同じブランドのパンツを組合員が平均時給九ドルで縫ってました。その頃には、JCペニーでたった一四・五ドルで売られてたんですよ、と。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加