スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

路面の状況に応じた走りが必要

投稿日:

一般公道は生き物、とよくいわれる。例えば、行きに走った時は何にもなかった帰りに走ったら溝ができていたとか、砂が出ていたとか、工事中で鉄板が敷いてあったなどはよくあるケースである。従ってライダーは常に気をゆるめることなく、路面の状況に応じた走りが必要になるのだ。

サーキットの路面は一般公道に比べグリップ力が格段に上回る。これはハイスピードに応じた路面を作るためで、一度でもスポーツ走行でサーキットを走行してみれば、そのグリップ力が身を持ってわかるはずだ。

最近のスポーツバイクは、非常な高性能化が図られハードな走りに耐えられるようになった。高速道路を使用する機会も多くなり、高速走行テクニックも大切になってくる。日本の高速道路は年々整備が急がれ、数年後には高速道路を使用しての日本列島縦断も夢ではないほどだ。

砂の上に乗ってしまった際

砂の上に乗ってしまった際は、あせってブレーキを踏まないことが大切。砂上でブレーキを強くかけると絶対にすべって転倒する。方向を変えたりリーンさせるのも極力避け、マシンのバランスを崩さないように通過していくことだ。工事用の鉄板やマンホールも同じで、特に雨で濡れている時は砂地よりもすべりやすいので注意が必要。また、急加速も厳禁。

両ひざはタンクをニーグリップしてマシンのバランスをとる。路面にオイルや油を発見したら、最後の最後まで避ける努力をしなければならない。特に、マシンをリーンさせている時は、オイルに乗れば必ず転倒するといえる。また、うまくオイルに乗って通り過ぎたとしても必ず止まってタイヤに付いたオイルを拭きとらなければ同じことになってしまう。

ジャリ道やデコボコ道ではフロントをとられてバランスを崩し転倒するケースが多い。ハンドルをとられそうになると、どうしても腕に力が入り過ぎ、よけいにぎこちない操作になってしまうので、脇を引き締め肩の力を抜いて、ジャリに逆らわない気持ちが大切。ちょっと大きな石があっても無理に避けるより乗り越える感じ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

バイクのギアを常にトップに入れたい人

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者 …

no image

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、そ …

no image

スーパースポーツバイクの乗り方

スーパースポーツのフートレストにのせる部分は、土踏まずが基本であり、足を移動せず、足首の移動だけで、ブレーキングやシフト動作ができることが大切だ。両ひざは、つねに力を入れて締めつける必要はなく、軽くタ …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …