スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

投稿日:

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は低下するばかりで、騒音を出しながらガソリンの無駄使いをしているのだ。したがって、回せば速いと思い込み、むやみやたらに回すのは無駄そのもの。加えてせっかくの性能を殺してしまうことにほかならない。

これはデータ的にいえること。カタログの性能曲線図を見れば一目瞭然だ。そこにはワーとトルクカープが描かれており、万一、性能曲線図がなくても、最高出力と最大トクの数字のあとに7000rpmとか8000rpmとかの回転数が書かれている。この数字を見れば自分のオートバイがどの回転数で最高の出力、最大のトルクかがすぐわかるのだ。

それさえわかれば、最高出力時の回転数以上に回しても、まったく無意味であることがわかるはずだ。では最もうまいスタートはというと、車種によって異なるが、うまくクラッチをミートし最大トルク近くまで引っ張りシフトアップしていく。これが通常の走行ではベストだ。こうすればオートバイの性能を存に引き出せるはずだし、すべてに無駄がない。

オレのは何馬力だと騒がずに

オレのは何馬力だと騒がずに、そのときの回転数を頭に叩き込んでおくことが大切なのだ。エンジンをブン回しての急激なクラッチミート、いわゆるガツンスタートについて、これとは逆に低回転でのクラッチミートもマシンに悪影響を及ぼす。ここでいう低回転とはアイドリングよりわずかに回した程度、回転数では1200rpmから1500rpmのことだが、このあたりでの出力はきわめて低い。

そんな状態でクラッチをミートすると、悪くすればエンスト、かりにスタートしてもノッキングを引き起こし、それからおもむろに加速することになる。このときオートバイが受けるダメージは、高回転ミートと同じくらいといっていいだろう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

道路標識などに気をつけよう

路肩に立ててある道路標識に気をつけよう。道路標識は最高速度ばかりでなく、コーナーあり、警笛鳴らせ、崖くずれや落石に注意などさまざまな状況を教えてくれる。遠方の路面を見ることも大切だが、これらの標識を見 …

no image

バイクのエンジンブレーキの仕組みや使い方

エンジンブレーキをご存知だろうか?エンジンがブレーキになるものか、と思う人がいたら、その人はオートバイのメカニズムに弱い人。エンジンをブレーキングに使う、といわれたら、すぐにエンジンブレーキのことだな …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

バイクのミッションの重要性

ミッションは多ければ、それだけ有利な走りが可能だが多くすればするほど操作が忙しくなり実用性から遠ざかっていくため、現在では6段が限界と考えられているのだろう。エンジンは何回転、スピードは何km/hでど …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …