自動車

ロールス·ロイスゴーストEWBを初めて韓国に披露した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロールス·ロイスは、ソウル清潭洞(チョンダムドン)で新車発表会を持ってゴーストEWBを初めて韓国に披露した。ゴーストEWBはロールス·ロイスの6番目のモデルで最も最新型である。ゴーストEWBはロールスロイスだけの品質と洗練されたデザインを維持しながら、従来ゴーストよりも内部を17cm増やして、より快適な座席を確保した。後部座席で大人が座って足を十分に引き出すことができるほど広くなった。

外側は鍛造ホイールを追加し、83度開かれる拡張されたバックドアは乗り降りを快適にしてくれる。パノラマサンルーフは基本。ロールス·ロイスのカスタムメイドプログラムに基づいて、手動で製作されるゴーストEWBは、個性を生かしながらロールスロイスだけの価値を見せてくれた。ロールスロイスマスコットである「100周年記念歓喜の像」を前面フードに装着することで、いつでもどこでもロールス·ロイスの車であることを一目で認識できるようにした。

最近のロールスロイスの重要な市場として浮上

アジア太平洋総括ディレクターは「最近のロールスロイスの重要な市場として浮上している韓国の最新モデルであるゴーストEWBを紹介することになって嬉しい」とし「ゴーストEWBはゴーストモデルの品質、柔らかさ、豪華さはそのまま維持しながら、後部座席に搭乗者よりゆったりとした空間とラグジュアリーを提供する」と明らかにした。ロールス·ロイスの国内正規ディーラーであるロールス·ロイスモーターカスソウルイムソンヒョン代表は「新型モデルを発表、顧客企業の選択の幅がさらに広くなった」とし「ゴーストEWBは、従来のゴーストに比べて広くて快適な空間をご希望のお客様の要求を十分に満足させることができるだろう」と説明した。

ゴーストEWBは6.6リッターツインターボV12エンジンにインテリジェントエアサスペンションシステムを装着して563馬力でも静寂を維持する。いくつかの路面でも安定を失わないように調節するアンチ-ロール·スタブライ化(ARS)、ダイナミックブレーキコントロール、ダイナミックトラクションコントロール(DTC)とコーナリングブレーキコントロール(CBC)など、さまざまな電子機器のサポートを受ける。これらのデバイスは、デュアル統合シャーシ管理システムを介して運営される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加