スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

ロールス·ロイスはブランド拡張のため格式にとらわれないデザインに焦点

投稿日:

ロールス·ロイスは、ブランド拡張のために、より現代的で格式にとらわれないデザインに焦点を合わせてゴーストを誕生させたEWBも、このようなコンセプトを受け継いだ。ゴーストEWBの流れるようなラインは、ヨットを見て取った。ゴーストEWBは車のドアを閉じると、座席が拡張され、より多くのスペースと快適さを享受できるようにしてくれる。Cピラーは、後部座席の乗客の顔と肩が外から見えないように設計されてプライバシーを保護する。

9.2インチLCDスクリーンを介して、各座席からのビデオを視聴することができ、乗客は各自に座っている部屋の温度、TV、CD、ラジオなどを直接調節することができる。オーディオは、10チャンネルアンプと16個のスピーカーで音を伝達し、USBと補助入力装置として外付けオーディオ機器を接続することができる。ロールス·ロイスのすべての車は、英国グッドウッドを離れる前に、熟練した職人や技術者によって、最大約60回の手作業を行う。

手作業で光沢を出すまで7日かかる

ゴーストEWBは、塗料を塗り、手作業で光沢を出すまで7日かかる。車体塗装は5段階で行われ、腐食防止のためのリン酸塩の電気コーティングした後、プライマー層の色のコーティングに続いて、仕上げラッカーに二つのコーティングを塗る。車体は塗装段階的に手作業で光沢を出して、最後のコーティング後の5時間の間、手作業で光沢の作業を終了する。内部は作業に関与した手工芸職人が自分の名前を捺印する前に、革をレーザーで切った後、伝統的な技法を利用してステッチを施している。

ゴーストEWBは木目から堅い部分の仕上げまであなたの段階の仕上げが可能な最高品質のウッドベニヤを誇る。同じ木から出てきたベニヤは、部門別の木結果年輪が一致している。英国の高級品自動車ロールスロイスは1904年貴族や実業家であった「チャールズロールス(Rolls)」と貧しい家出身のエンジニアヘンリー·ロイス(Royce)」というお互いに全く異なる背景を持つ二人が会って誕生した。1904年の夏にマンチェスターで初めて会ったこれらはロールは車の販売をロイスは、制作を引き受けることにして自分たちの名前を冠した「ロールス·ロイス」自動車会社を立てた。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

レンジローバーブランドの新概念コンパクトSUV

ジャガーランドローバーは、レンジローバーブランドの新概念コンパクトSUV(Sports Utility Vehicle)「レンジローバーイボク」公式発表に先立ち、ジャガーランドローバー·コリア江南展示 …

no image

SLS AMGロードスターを発売

メルセデスベンツコリアが、「SLS AMGロードスター」を発売した。新車はソフトトップ方式のスーパーカーでスポーツカーの原動力とオープントップドライビングの楽しさを組み合わせた。フランクフルトモーター …

no image

マリブはエンジンに6速自動変速機を装着

マリブは、2.0と2.4リットルDOHCエコテック(Ecotec)エンジンに6速自動変速機を装着した。サーフペンションは前輪マクファーソンストラット(MacPherson strut)、後輪4リンク( …

no image

デミオスカイアクティブを介して「i-DM」と呼ばれる新しい機能を披露

日本マツダ自動車は、一部変更モデルで発売した小型車「デミオスカイアクティブ」を介して「i-DM」と呼ばれる新しい機能を披露した。環境にやさしい運転、燃料節約運転方法は、退屈したり、禁欲的なもので受け入 …

no image

スポーツカー「ザ·ニュージェネシスクーペ」を披露

最高出力350馬力の後輪MS Pゴシック(後輪駆動)方式正統スポーツカー。わずか数年前までは、韓国の自動車メーカーがこのような車を作ると考えるこれは多くなかった。平凡なデザインと無難な性能の安いセダン …