スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

ロールス·ロイスはブランド拡張のため格式にとらわれないデザインに焦点

投稿日:

ロールス·ロイスは、ブランド拡張のために、より現代的で格式にとらわれないデザインに焦点を合わせてゴーストを誕生させたEWBも、このようなコンセプトを受け継いだ。ゴーストEWBの流れるようなラインは、ヨットを見て取った。ゴーストEWBは車のドアを閉じると、座席が拡張され、より多くのスペースと快適さを享受できるようにしてくれる。Cピラーは、後部座席の乗客の顔と肩が外から見えないように設計されてプライバシーを保護する。

9.2インチLCDスクリーンを介して、各座席からのビデオを視聴することができ、乗客は各自に座っている部屋の温度、TV、CD、ラジオなどを直接調節することができる。オーディオは、10チャンネルアンプと16個のスピーカーで音を伝達し、USBと補助入力装置として外付けオーディオ機器を接続することができる。ロールス·ロイスのすべての車は、英国グッドウッドを離れる前に、熟練した職人や技術者によって、最大約60回の手作業を行う。

手作業で光沢を出すまで7日かかる

ゴーストEWBは、塗料を塗り、手作業で光沢を出すまで7日かかる。車体塗装は5段階で行われ、腐食防止のためのリン酸塩の電気コーティングした後、プライマー層の色のコーティングに続いて、仕上げラッカーに二つのコーティングを塗る。車体は塗装段階的に手作業で光沢を出して、最後のコーティング後の5時間の間、手作業で光沢の作業を終了する。内部は作業に関与した手工芸職人が自分の名前を捺印する前に、革をレーザーで切った後、伝統的な技法を利用してステッチを施している。

ゴーストEWBは木目から堅い部分の仕上げまであなたの段階の仕上げが可能な最高品質のウッドベニヤを誇る。同じ木から出てきたベニヤは、部門別の木結果年輪が一致している。英国の高級品自動車ロールスロイスは1904年貴族や実業家であった「チャールズロールス(Rolls)」と貧しい家出身のエンジニアヘンリー·ロイス(Royce)」というお互いに全く異なる背景を持つ二人が会って誕生した。1904年の夏にマンチェスターで初めて会ったこれらはロールは車の販売をロイスは、制作を引き受けることにして自分たちの名前を冠した「ロールス·ロイス」自動車会社を立てた。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ミニクラブマンのグリーンパークとハイドパークを発表

小型車プレミアムブランドMINIクラブマン(Clubman)の新しいデザインエディションのグリーンパーク(Green Park)とハイドパーク(Hyde Park)モデルを発売した。BMWコリアによる …

no image

i30がヨーロピアン感性デザインのハッチバックで再誕生

「i30」がヨーロピアン感性デザインのハッチバックで再誕生した。現代自動車は、ソウル広津区アックスコリア(AX-KOREA)で「I30」の第2世代モデルを公式発表した。この日披露した新車は、2007年 …

no image

ロールスロイスは世界で最初に韓国でゴーストEWBを発表

ロールスロイスとフェラーリは、それぞれ最高級セダンとスポーツカーを代表する自動車メーカーである。両社は、週間隔で相次いで国内で新車を発表し、韓国市場攻略強化に乗り出した。両社の役員はそれぞれ、「韓国市 …

no image

新概念ボックスカー レイ(RAY)がリリース

起亜自動車の注目される新概念ボックスカー レイ(RAY)がリリースされた。起亜自動車は、済州ヘビーチホテルグランドボールルームでプレス発表会を持って新概念のミニCUV「レイ(RAY)」を正式発表しまし …

no image

スマートパスパルトゥーの発売

スマートは、よりダイナミックなデザインに変更され、2013年型「スマートパスパルトゥー」を発売。スタイリッシュシティカー目指すスマートパスパルトゥーは2.6mの小さな車体にもかかわらず、「ツリー·ディ …