スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

リッチな男に見せるのはよくない

投稿日:

IT関連企業の若社長ならいざ知らず、一般のサラリーマンがそんなに金回りがいいはずがないことは、よほどモノを知らない女性でも常識のはずである。無理をした姿というのは、女性に二つの悪印象を抱かせる。

バブル全盛の時代ならば、BMWのコンバーティブルなんかに乗って、全身イタリアブランドづくしなんてことをやっても、それほど目立たなかった。だが、今は、サラリーマンの年収が下がっている時代である。「年収三〇〇万円の時代」というキーワードが広まってさえいる。そんなときに、五〇〇万円前後の高級車を乗り回していたり、ブランドづくしをやっていたりすれば、女には「こりゃ、無理してるわ」と思われるのがオチである。

一つは、時代感覚、常識感覚のズレた男という印象。もう一つは、金銭感覚の壊れた男という印象である。女性というのは、ちょっとした出会いの中でも、一瞬にして先々のイメージをふくらませる能力がある。つまり、バカリッチな姿をした男をひと目見て、女性は「こいつとは、まちがっても結婚できないわね」と即断するのだ。

結婚に適さない男は

結婚に適さない男は、自動的に男としての評価が下がる仕組みになっている。女性は、ファンタジーとリアリズムの両極で男性を評価する。ファンタジーを欠た男は、たいがい第一次選考で落とされる。だが、リアリズムの評価基準で引っかかった男も、つぎのステージには進めないのである。

結婚はとりあえず無関係だろう、と思うのは、男の発想でしかない。たとえば、ある女性はこんなことを言う。「あのね、女っていうのは、自分が知っている男をいったんはすべて結婚対象とし
て見るものなの。親しく口をきくビデオ屋のお兄さんだって、その中に入っちゃうんですよ。

それは、本気で結婚相手として考えるということではなくて、すべての男をとりあえず結婚相手という基準で評価してみるということなんだけど」。ようするに、いったん結婚相手という基準にかけて、目の前にいる男の「男性力」を総合的に評価するわけだ。これは、どんな女性も、おこなっていることらしい。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

イノセントが売りの芸能人たち

久し振りに電話をかけてきた学生時代の友人と、結局、男は、女のイノセントな部分に弱いのよねえという話になった、とある人は語る。 日本男性は、イノセントに弱い。それも、無知を無拓と勘違いして捉えているケー …

no image

笑いの力で女性をデートに誘う

意中の女性の信用を得ようとして、いかにも誠実な誘い方をする男がいる。「ずうっと、あなたのことだけを考えていました」「心から大切にします。だから、ボクにチャンスをください」だが、こういうアプローチがうま …

no image

ぴったりした白ズボンが嫌い

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出して …

no image

恋愛におけるムード戦略は逆効果になることのほうが多い理由

最初の関門は、デートコースをどう設定するか。男は、女をできるだけムーディーなスポットに誘おうとする。キャンドルライトがゆらめくイタリアンレストラン。街の夜景を見下ろす高層ビルのバー。しかし、結論を先に …

no image

ミステリアスな人はモテる

心理学者のバーリン博士は、女性心理を研究しつくしたうえで「男性が女性に好かれるための三つの要素」を発見した。バーリン博士が「美的モデル」と名づける男性は、以下の「三要素」をそなえた男性である。複雑さ( …