スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

リッチな男に見せるのはよくない

投稿日:

IT関連企業の若社長ならいざ知らず、一般のサラリーマンがそんなに金回りがいいはずがないことは、よほどモノを知らない女性でも常識のはずである。無理をした姿というのは、女性に二つの悪印象を抱かせる。

バブル全盛の時代ならば、BMWのコンバーティブルなんかに乗って、全身イタリアブランドづくしなんてことをやっても、それほど目立たなかった。だが、今は、サラリーマンの年収が下がっている時代である。「年収三〇〇万円の時代」というキーワードが広まってさえいる。そんなときに、五〇〇万円前後の高級車を乗り回していたり、ブランドづくしをやっていたりすれば、女には「こりゃ、無理してるわ」と思われるのがオチである。

一つは、時代感覚、常識感覚のズレた男という印象。もう一つは、金銭感覚の壊れた男という印象である。女性というのは、ちょっとした出会いの中でも、一瞬にして先々のイメージをふくらませる能力がある。つまり、バカリッチな姿をした男をひと目見て、女性は「こいつとは、まちがっても結婚できないわね」と即断するのだ。

結婚に適さない男は

結婚に適さない男は、自動的に男としての評価が下がる仕組みになっている。女性は、ファンタジーとリアリズムの両極で男性を評価する。ファンタジーを欠た男は、たいがい第一次選考で落とされる。だが、リアリズムの評価基準で引っかかった男も、つぎのステージには進めないのである。

結婚はとりあえず無関係だろう、と思うのは、男の発想でしかない。たとえば、ある女性はこんなことを言う。「あのね、女っていうのは、自分が知っている男をいったんはすべて結婚対象とし
て見るものなの。親しく口をきくビデオ屋のお兄さんだって、その中に入っちゃうんですよ。

それは、本気で結婚相手として考えるということではなくて、すべての男をとりあえず結婚相手という基準で評価してみるということなんだけど」。ようするに、いったん結婚相手という基準にかけて、目の前にいる男の「男性力」を総合的に評価するわけだ。これは、どんな女性も、おこなっていることらしい。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

デートの誘いを断られないでオッケーしてもらえるテクニック

「保留」というニュートラルな状態からは、YESにもNOにもいきやすい。つまり、このスタンスによって、女は、男のお手並みをじっくりと観察しつつ、YESかNOかを臨機応変に決定できるというわけだ。こういう …

no image

環境から人がなにを学ぶか

環境がどんなに劣悪でも、マトモな人間はマトモである。問題は、環境から人がなにを学ぶか、ということであろう。極道の親を見て、それを真似て極道になる息子もいれば、反面教師と見て、マジメな公務員の道を選ぶ息 …

no image

最初のデートに失敗したら「完全無視」を決め込む!?

大ヒットしたテレビドラマ『黒革の手帳』(松本清張原作)の最終回では、ヒロインの元子(米倉涼子)が、「君は、自由のまま僕と結びついていればいい」という安島(仲村トオル)のセリフに強烈な反感を抱く。そのひ …

no image

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれな …

no image

年の差カップルが本当はうらやましい

世の中に、絵に描いたような幸福が存在することが許せない。しかし、その次の瞬間、ウプなだけのキレイキレイなお嬢ちゃんである花嫁に、安心したりする。今のうちよ。キレイ、キレイ、かわいい、かわいいって妻を可 …