スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

ファッション

リテールセラピー-買物で気分を治そうとする

投稿日:

毎年およそ四四〇〇万人がダイェットに励むが、なんと九〇~九五%が減量分以上にリバウンドしてしまう。痩せたと思ったら以前にも増して太り、また痩せる、その繰り返し。私たちは、体重の増減に合わせて、その都度新しい服を買うことになる。そんなわけで、虐げられたファッション・ヴィクティムは、買物で気分を治そうとする。これぞ本物のリテール・セラピー。

ファッション・ヴィクティムは痩せれば服を買い、もうジーンズの太ももが入らなくなってしまえばあきらめてしぶしぶ大きなサイズを買う。業界にとってはありがたいことに、このジェットコースターは頻繁に上り下りしてくれる。私たちが自分の体に対して抱く強迫観念からうまい汁を吸っているのは、三三〇億ドルの減量ビジネスばかりではない。うまい汁は直接ファッション業界にも参み出てくる。私たちの不安の結果として、業界が潤う。パーソナル・トレーナーを務めていたキャシー・ケイラーが、ジェニファーの低炭水化物ダイエットは非健康的だと公然と非難した時、ファッション・ヴィクティムはやっばりね!とひとりごちた。

パンを断つ食生活をやめたわけではなかった

だが、そうやっていくらキャシーに賛成しようとも、もちろん、自分自身、鶏のムネ肉やプロテイン・シェイクを詰め込み、パンを断つ食生活をやめたわけではなかった。彼女は、パンツ姿のお腹がほっこりはみ出たり、デニムのスカートを突いた太ももの脇にセルライトらしき兆候が弱いたり、ノースリーブのTシャツから筋肉のかけらもない腕が出ていたりするのが嫌でたまらない。

だから、絶えず、もっとスリムで見栄えのよいスタイルを手に入れようとしている。服に欠点を直す力があることはわかっているので、デザイナーと小売業者はそれを利用しようと努め、アリーの体重というキワドイ話thinineで、細いとキワドイをかけている。成功を渇望してstarvedforsuccessで成功のために飢えてとも取れる表現できたのだった。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

長期休暇が取れない労働者たち

スウェットショップの労働者は、大抵の場合、長期休暇を取ることも許されない。だが、何年も休暇を取っていないという勤労者なら、ウォール街の投資銀行にもいる。大方のアメリカ人の心には、一生懸命に働けば働くほ …

no image

ニュース・スタンドに出回る頃には

・ニュース・スタンドに出回る頃には たとえば、記事中にソフィ・ダールの名が出てくる場合、ボディ・タイプを表す枕詞(関感的のような)がついていないことはめったにない。だが、マリ・クレールが表紙でダールと …

no image

テレビは太って見えるので大変

デザイナーが痩せたモデルを使うことには、理由がある。技術的なことを言えば、テレビやフィルムには実際よりも一回りか一回りサイズが大きく映ってしまうんだ。カメラのせいで、一回りか一回りは太って見えるんだな …

no image

ドライ・クリーニング業者に責任転嫁

洗える衣類であっても「ドラリーニングのこと」というラベルを貼る。これは、単に服がダメージを受ける可能性を少ないうだけでなく、ドライ・クリーニング業者に責任転嫁するということでもある。 私たちはなぜ服を …

no image

PWCは労働・環境面の慣習の監視役としては世界最大企業

二〇〇〇年九月、オルーク博士は、〈インディペンデント・ユニバーシティ・イニシアチブ〉の資金提供を受け、プライスウォーターハウス・クーパース社(PWC)の監査の有効性を疑問視する報告書を出している。PW …