スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

リーンアウトのメリットやデメリットについて

投稿日:

リーン・アウトは、倒す際の微妙なコントロールが難しいので正確さも失われやすくなるから、身体全体でコントロールするリーン・インやリーン・ウィズに比べて一歩譲ることになりそうだ。

リーン・アウトは、雨の日の走行などでスリップした時、とっさにマシンを起し転倒を避けることが可能なので利用価値も意外と高い。ただしあまり安易にリーン・アウトばかり使っていると、クセがついてリーン・インやリーン・ウィズが使えなくなってしまうので注意したい。やはり、深いコーナーや高速コーナーではリーン・インやリーン・ウィズでのほうが数段安定感があって、より自然なライディングフォームといえる。

逆ハンのテクニックを使う時もリーン・アウトが基本になるので、ダートトラックレースや、オートレース(競輪)でもリーン・アウトがみられる。もちろん、オンロードで逆ハンを切るのは非常に危険な行為だ。

身体は残しておいてとっさの対応に備える

この他、リーン・アウトはオフロード走行やモトクロスレース、あるいはアメリカで盛んなダートトラックレースなどでは多用されるテクニックとして有名だ。特にモトクロスやオフロードでは、転倒なども多く、コーナーも左右に入り組んでいて前の見えないブラインドコーナーが多いため、どうしても身体は残しておいてとっさの対応に備える必要から、どうしてもこのフォームが歓迎されるというわけだ。

コーナリングのフォームといえば、最近はマシンやタイヤ性能の向上に伴うハイスピード化によって、ハングオンと呼ばれるコーナリングフォームが一躍脚光を浴びるようになってきた。
ハングオンのフォームの特徴は、なんといってもダイナミックな腰の落とし方にあり、ライダーのハートを熱くするだけでなく、みる者までも興奮を覚えるほどのシーンといえる。文字通り、このテクニックはロードレースから生れたものでだんだんとスピードが高まるにつれ、リーン・インでは限界に到達したのだった。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのブレーキングテクニックをマスターできるのか

ブレーキングのテクニックは無限の広がりを持つ。これほどむずかしいブレーキのかけ方を1カ月やそこらでマスターできるはずがない。しかし、走り出したからには止まらなければならない。ブレーキングに自信のない人 …

no image

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のス …

no image

街中をオートバイで走行する場合のポイント

オートバイで街中走行をする場合、好き嫌いにかかわらず、進路変更をするケースが実に多い。また、進路変更は、上手に行わないと事故に直結する場合もあるので、次の注意点を守ることである。 緊急に進路変更する必 …

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …