スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

リーンアウトのメリットやデメリットについて

投稿日:

リーン・アウトは、倒す際の微妙なコントロールが難しいので正確さも失われやすくなるから、身体全体でコントロールするリーン・インやリーン・ウィズに比べて一歩譲ることになりそうだ。

リーン・アウトは、雨の日の走行などでスリップした時、とっさにマシンを起し転倒を避けることが可能なので利用価値も意外と高い。ただしあまり安易にリーン・アウトばかり使っていると、クセがついてリーン・インやリーン・ウィズが使えなくなってしまうので注意したい。やはり、深いコーナーや高速コーナーではリーン・インやリーン・ウィズでのほうが数段安定感があって、より自然なライディングフォームといえる。

逆ハンのテクニックを使う時もリーン・アウトが基本になるので、ダートトラックレースや、オートレース(競輪)でもリーン・アウトがみられる。もちろん、オンロードで逆ハンを切るのは非常に危険な行為だ。

身体は残しておいてとっさの対応に備える

この他、リーン・アウトはオフロード走行やモトクロスレース、あるいはアメリカで盛んなダートトラックレースなどでは多用されるテクニックとして有名だ。特にモトクロスやオフロードでは、転倒なども多く、コーナーも左右に入り組んでいて前の見えないブラインドコーナーが多いため、どうしても身体は残しておいてとっさの対応に備える必要から、どうしてもこのフォームが歓迎されるというわけだ。

コーナリングのフォームといえば、最近はマシンやタイヤ性能の向上に伴うハイスピード化によって、ハングオンと呼ばれるコーナリングフォームが一躍脚光を浴びるようになってきた。
ハングオンのフォームの特徴は、なんといってもダイナミックな腰の落とし方にあり、ライダーのハートを熱くするだけでなく、みる者までも興奮を覚えるほどのシーンといえる。文字通り、このテクニックはロードレースから生れたものでだんだんとスピードが高まるにつれ、リーン・インでは限界に到達したのだった。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク用のパンツなど

・バイク用のパンツ スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。 …

no image

バイクのミッションの重要性

ミッションは多ければ、それだけ有利な走りが可能だが多くすればするほど操作が忙しくなり実用性から遠ざかっていくため、現在では6段が限界と考えられているのだろう。エンジンは何回転、スピードは何km/hでど …

no image

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力が …

no image

エンジンブレーキの制動力で減速しよう

ワインディングロードでは、ブレーキをかけると回転数が下がり、立ち上がりでの加速が著しく低下してしまう場合があり、エンジンブレーキを使用することによって高回転数をキープして立ち上がりで即、加速体制に入れ …

no image

バイクではできるだけクラッチを切らないようにすること

コーナーで出口近くにきて、あわててクラッチをミートさせるが、今度はミッションが低かったりすると急に後輪にブレーキがかかり、スリップしたり、リーンしているボディが突然として立ち上がる現象が起きて、フロン …