スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋愛仲介業を始めたのですが仕事が来ません

投稿日:

恋愛仲介業を始めたのですが仕事が来ません。この仕事将来性ないんでしょうか?、とある人は語る。夢をなくし、愛を見失っているこの世の中に、本当に大切なものは、人と人との愛なのだ、お金じゃ買えない真心なのだ、と、大ミエをきって始めた仕事。それが結婚相談所と、初恋の人さがしや、片想いの人に愛を伝えるプレゼントを渡す、という恋愛代行業。

私は人に頼ったり、甘えたりするのが根本的に嫌いな性格です。人生とことん生きてない人間が嫌いです。そんな私の夢は実業家になること。このたび思いきって独立して会社を設立しました。もう約2カ月になります。でも、世の中そんなに甘くない。今のところ仕事は全然なし。

人に頼ったり、甘えたりするのが嫌いな人が実業家を志すというのは、非常に納得のゆく成り行きではありますが、そういう人が、この世で大切なものは、愛と言い切ることに首をかしげてしまいました。漫画用語で、こういう人のことを、キャラクターとしての統一性に欠けると称します。

人に頼ることも嫌いな人間は

こういう人物をつくると、編集部から、キャラクターを練り直してきてくださいと、絵コンテを突き返されるのがオチです。愛とは、他人と甘え合ったり、頼り合ったりするのが基本姿勢であります。人に頼ることも嫌いな人間は、人から頼られることも嫌います。あなたはそうではありませんか。

人に甘えるのを嫌い、独力でビジネスの世界を切り拓こうというキャラクターは、愛なんか信じてはいけない。そういうキャラクターだと読者も納得し、ストーリー展開もわかりやすくなるのですが、非情で野心家だが、愛のために生きる女性が登場すると、読者は、その性格をつかみきれず、物語に入りこめないのです。

そんなあなたに、この世の中で本当に大切なものは、愛と、なぜわかるのでしょうか。要するに、ビジネスとあなたの人生の基本姿勢が合致してないので、うまくゆかないのだと思います。世の中、ゼニやと思っている金貸しと、世の中、金より真心と、思っているサラ金会社とではどちらが業績をあげるでしょうか。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

イノセントが売りの芸能人たち

久し振りに電話をかけてきた学生時代の友人と、結局、男は、女のイノセントな部分に弱いのよねえという話になった、とある人は語る。 日本男性は、イノセントに弱い。それも、無知を無拓と勘違いして捉えているケー …

no image

笑いの力で女性をデートに誘う

意中の女性の信用を得ようとして、いかにも誠実な誘い方をする男がいる。「ずうっと、あなたのことだけを考えていました」「心から大切にします。だから、ボクにチャンスをください」だが、こういうアプローチがうま …

no image

彼から個人主義者と言われてしまった

私は個人主義者なのだそうです、と語るある女性。なんとなくわかります、彼の言っている意味は。私は最終的には自分が一番かわいいのです。価値観もすべて自分のものに依っています。 先日、彼といつものように喫茶 …

no image

不倫がはびこるのは男の過去にこだわらない女の特性に一因がある

主催者側も、ものすごいキャスティングをしたものだ。しかし、Kさんもおとななら、いやあ、女房がお世話になっちゃってのジョークの一つも言えばいいのに。それか、逆に、マッチが出るなら、司会は嫌だとゴネるとか …

no image

彼の年齢にこだわる

これまでも年下の子を好きになることはありましたが、アイドルを見て、かわいい、と思う気持ちとたいして変わらないものでした、とある人は語る。でも、今度は違うのです。彼の内面的な部分が好きなのです。年上の男 …