スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋愛だけは資本主義の外においてあげたい

投稿日:

恋愛だけは、資本主義の外においてあげたい。王子さまが乞食の娘に恋をしたり、お姫さまがカエルに嫁いだりするとき、自分の利益のことなんかこれっぽっちも頭にありません。

資本主義の原則は、いかに利益をあげるかなです。愛や真心は、ビジネスとは相容れないものなのです。いくらあなたの会社が、お金じゃ買えない真心をと宣伝を打ったところで、そういいながら、この会社は金をとってるじゃないと、顧客たちは思うはず。

アーヴィングのウォーター・メソッド・マンという小説に、次のような場面がありました。一人の若い女性(彼女は男性経験がない)が、思いつめた男性を思い切ってドライブに誘う。郊外の湖のほとりに車を停め、なんとなくいいムードになる。

二人は素っ裸になり、さて、というところで、なぜか突然男が、やめようと言い出す。次の瞬間、女は素っ裸の男を車外に放り出し、自らも素っ裸のまま車を大通りまで走らせてゆく。およそ、考えられる限り最大の赤っ恥、女にとって、舌かんで死んじゃいたいの状況であります。

嫌な気にならない男なんていないというデマ

一〇〇パーセントうまくゆく誘い方なんかないのです。誘われて、嫌な気にならない男なんていないというデマが女を強気にさせる風潮でありますが、このアーヴィングの小説は、見事にその説をくつがえす警鐘といえましょう。

また、鴻上尚史監督のジュリエット・ゲームという映画の中で、高橋ひとみさん扮する女教師が、ここ一番でコビを売れないために恋を失ってきたという意味のセリフを言うシーンがあります。男と女が夜の街をいいムードで歩いている。どちらとも誘いの言葉を待っている。しかし、男は沈黙のまま。ここで、女が一言コビを売れば、恋愛は成就したかもしれない。しかし、自尊心の高い女に売るコビはない。黙ったままの二人はターミナル駅に到着してしまう。そうして終わってしまった未完の恋も、恭にはあふれかえっていることでしょう。

そして、女から誘惑(アプローチ)をしかけるとき、必ず心の隅に忍ばせておいて損のない最悪の事態の光景なのです。いくらうまく誘ったところで、男の気分ひとつで、コトは暗転してしまう。このことを心に念じておけば、むやみやたらに男を誘う女にならずにすみます。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

彼から個人主義者と言われてしまった

私は個人主義者なのだそうです、と語るある女性。なんとなくわかります、彼の言っている意味は。私は最終的には自分が一番かわいいのです。価値観もすべて自分のものに依っています。 先日、彼といつものように喫茶 …

no image

モテる人を真似してみよう

爆笑問題の太田光氏は、若いころから立川談志氏にあこがれていて、談志師匠の声の出し方、間の取り方、表情の動かし方をマネしまくっていたという。日本テレビアナウンサーのジャストミート福澤氏などは、あきらかに …

no image

別れた彼氏と同じ職場だった場合

5年つきあってふられた彼は私の部下。いっしょにいるとつらくてたまりません、とある人は語る。年齢差もあったし、しかたないと思う半面、新しくできた彼女も私の部下です。同じ職場で、彼と彼女が毎日楽しそうにふ …

no image

恋愛を成功させる殺し文句

殺し文句は、ミステリアスの味があってこそ効果がある。『キーラーゴ』という映画でハンフリー・ボガートが演じたタフガイは、ローレン・バコール演ずる雌約のような女の顔をじっと見つめて言う。「君の鼻溝は、すご …

no image

歯茎が嫌いで恨み始める女

人間を、外見で判断してはいけない。それが、正しい人間というものである。ところが、結婚したとたん、エリートだと思っていた夫が、同僚の悪口を言いながら、ヒヒヒ–と歯グキを見せて笑ったとしよう。あの、歯グキ …