スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋愛において男は心の部屋に絵をかけ女は音楽をかけるという

投稿日:

恋の初期段階には、ひんぱんに喫茶店が使われる。お互い知らないことばかりなので、会話は、すべて、新鮮な驚きである。夢中になって、自分のことについてしゃべり続けるのだ。お茶を飲みながら。

お茶を飲みませんかと男性から誘われたら、それは、用件ヌキでの人間関係を始めたい、という意志の表われと受け取ってよい。お茶を飲みませんかええ、いいわという会話は、深層心理において、きみのことを、もっとよく知りたいいいわ、お見せしましょうという風に翻訳されるのである。

恋も中盤以降になると、お互いほとんどしゃべるべきことはしゃべりつくしているので、喫茶店に入っても、無言になりがちである。ひどいのになると、それぞれ、持ち込んだ雑誌を読み貼っていたりする。そうなれば、なにもわざわざ喫茶店に来る必要なんか、もうないのである。

一つの部屋に何枚も絵をかけることは可能

部屋に何にもないのはさみしい。そこで絵を飾ろうとする。この絵が、すなわち、女性である。一つの絵を眺めているとやがて飽き、もう一つの絵を飾ろうとする。そこで、最初の絵を部屋の隅に押しやり、新しい絵を部屋の一番いい場所に置いて眺める。そして、日によって、その二枚の絵の位置をとりかえてみたりする。それに比べ、女性の心は、部屋に流れる音楽なのだそうだ。一つの部屋には、音楽は一曲しか流せない。しかし、一つの部屋に何枚も絵をかけることは可能である。

恋愛において男は心の部屋に絵をかけ、女は音楽をかけるという。社会学の先生と話をしていて、おもしろい話を聞いた。ぼくは、男の恋愛心理を、一つの部屋と額に入った絵にたとえるんですよと、彼は言う。つまり、男の心は一つの空っぽの部屋である。

男と女の違いはここにあるのだそうだ。男は、しょせん、浮気者、なのである。この話を聞いて、ホホーウ、と感心してしまった。絵の趣味は、人それぞれである。ただたんにキレイなだけの絵は、多くの人に好かれるだろうが、あきられやすいのも確かである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

誕生日はなぜめでたいのだろうか

クリスマス・プレゼントは、お歳暮とバレンタインのチョコの中間に位置するといってよい。しかし、彼も手編みのセーターを彼女からもらったなら、まさか、それがお歳暮だとは思わないであろう。本命の彼にクリスマス …

no image

彼以外の男性からアプローチがあった

彼以外の男性からアプローチがあった場合。両天評にかけたいステキな男性が出現したなら、短期間二股かけるのもテ。これを成功させるためには、あなたの内の罪の意識なるものを完全に捨て去ることです。 広い世界に …

no image

彼氏の家庭の事情で結婚できない

結婚しようと思っている彼の家庭の事情が複雑で、苦労しそうなのですが、とある人は語る。 彼は俺がみんなを幸福にしてみせる、と責任感のかたまりになってしまいました。そして私には、長男の嫁という意味で、彼の …

no image

最初嫌いなのに好きになる

そして、時こそ今は——–と、口に出してつぶやくたびに、感動で涙に襲われてしまう。のちに、恋人、長谷川泰子は中也を捨て、近代日本の知性、小林秀雄の元へ去ってしまう。中也は自らを、 …

no image

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリ …