スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋愛におけるムード戦略は逆効果になることのほうが多い理由

投稿日:

最初の関門は、デートコースをどう設定するか。男は、女をできるだけムーディーなスポットに誘おうとする。キャンドルライトがゆらめくイタリアンレストラン。街の夜景を見下ろす高層ビルのバー。しかし、結論を先に言うと、このムード戦略は、逆効果になることのほうが多い。その理由は、二つある。

最初のデートというのはお見合いのようなものだ。彼女はあなたの言動やちょっとした表情をじっくり観察し、オトコとしての品定めをしようとするだろう。ここで彼女からレッドカードをくらってしまっては、「YES」と言わせるも何もない。

一つの理由はそのあとに芽生える感情に関連してくる。認知心理学の分野には、「スクリプト」という言葉がある。「筋書き」を意味する言葉だ。たとえば、ある主婦が、スーパーの買い物カゴに肉、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ、カレールウを入れてレジを通ったとする。それをのぞき見た人は、誰もが「この主婦は、今晩、カレーを作るのだな」と思う。その晩のメニューは肉ジャガで、じつは、カレールウは買い置きのために仕入れただけなのだとしても、そんなことは想像してもみない。「スクリプト」とは、そうしたお約束的な筋書き、のことである。

デートの筋書きを読み取ってしまう

一つは、いかにも情報誌で紹介されているようなスポットに女性をいざなうことは、「工夫のない男」という印象をあたえるからだ。いまどきの女性は、男性以上の情報誌通だと思ってまちがいない。だから、手拓のついた有名スポットをはずしたつもりでも、それが情報誌で紹介されたようなスポットであるかぎり、「ああ、ここか」とデートの筋書きを読み取ってしまうのだ。

やたらにムーディーなデートにおいても、同じことが起こる。つまり、やたらムーディーなスポットに誘われた女性は、たとえ男性にそこまでのつもりがなくても、「この男は、ムードに酔わせてフィニッシュまでもっていくもくろみなのね」と強い警戒心を抱いてしまうのだ。

一度目か二度目のデートで、「キャンドルライトのフルコースデートのあとは、彼女がメーンディッシュ」なんていう「筋書き(スクリプト)」を読み取ったら、彼女が逃げ出したくなるのは無理もないだろう。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

男性のテリトリーに入りたいと思う女性の心理

女性には、男性のテリトリーに入ってみたいという願望がある。大げさに言えば、そこには怪傑ゾロの隠れ家に連れていってもらえるようなゾクゾク感があるのだ。男の隠れ家、とは、その男のセンス、テイスト、メンタリ …

no image

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます

お酒を飲むと男性にベタベタしてしまいます。どうしたらなおるでしょうか?、と語るある女性。私はどんなに酔ってても全部覚えているのです。思い出すだけで顔が赤くなることがあります。当然いまでは社内でもあまり …

no image

女に相手にされない男の復讐劇 

先日、久々に、あら、いい男と思える素敵な男性に会ったのだが、聞くところによると、美人の同い年の奥さんがいて、職場に年下のかわいい愛人がいるとのこと、とある女性は語る。いい男に、女は、集中するのである。 …

no image

水商売のお姉さんたちを上品だと感心する男達

男たちは、ワンレン・ボディコン・ジャラジャラの水商売のお姉さんたちを、上品だと感心している。思うに、男にとっての女の上品と、女から見た女の上品は、質が違うらしい。男にとって、金のかかった身なり、金のか …

no image

恋愛では意外な一面を褒めると効果が出ることもある

男たちには、ぜひとも、ストーリーの共演者になってほしい。女性のつくるストーリーに入っていってこそ、「二人の世界」が築けるというものだ。それには、最もシンプルで効果的な方法がある。その方法とは、「君って …