スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋愛を成功させる殺し文句

投稿日:

殺し文句は、ミステリアスの味があってこそ効果がある。『キーラーゴ』という映画でハンフリー・ボガートが演じたタフガイは、ローレン・バコール演ずる雌約のような女の顔をじっと見つめて言う。「君の鼻溝は、すごく深いね。俺は、子供のころ、父親にこんな話を聞かされたことがある。

鼻溝の深い人間は、生まれたとき、天使の秘密を見てしまった。それで天使がその秘密を封印するために唇の上に人差し指を置いた。深い鼻溝は、天使の指の跡なんだってね」。とのけぞるほどのキザなセリフである。だが、キザになることを恥ずかしがっているようでは、一撃必殺の殺し文句は吐けない。

殺し文句というのは、非日常的でなくてはならない。では、非日常的な殺し文句とは、いかなるものなのか?映画『チャイナタウン』のヒーローである探偵ギテスは、恋に落ちかかった女性依頼者の目を見つめて、こう言う。「目の奥に、緑の点がある。まるで心の船がそこに映っているようだ」。

君って、不思議だね

その女に心の疵があることを見抜いてのセリフなのだが、それまでギテスとのあいだに一線を引いていた女は、そのひと言で陥落してしまう。この言葉、平たく言えば、「なんか、悩みがあるみたいだね。僕に話してごらん」ということだ。だが、それではお話にならない。

昔、「君と朝のコーヒーが飲みたい」という殺し文句が流行った。だが、それが「君の味噌汁が飲みたい」に発展することによって、元の言葉が持っている味わいまでもが台無しになってしまった。日常の時間と空間からはずれたミステリアスなスポットを、瞬間的に生み出すものでなければならない。その意味で、「君と朝のコーヒーが飲みたい」も、日常性に流れやすい要素を多分にふくんでいたきらいがある。

ハードボイルド野郎が吐くようなセリフが、そう簡単に思いつくものではないことも確かだ。そこで、最も簡便な、とっておきの殺し文句を紹介しておこう。それは、「君って、不思議だね」である。前出のハードボイルド野郎のセリフは、どちらも女性のミステリー味を突いたものだ。つまり、殺し文句は、女の持つミステリー味そのものに言及すると、より効果を発揮するのである。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

恋愛において男は心の部屋に絵をかけ女は音楽をかけるという

恋の初期段階には、ひんぱんに喫茶店が使われる。お互い知らないことばかりなので、会話は、すべて、新鮮な驚きである。夢中になって、自分のことについてしゃべり続けるのだ。お茶を飲みながら。 お茶を飲みません …

no image

恋のワクチンは世の中にあふれ出ている愛の歌

恋ワクチンとは、世の中にあふれ出ている恋愛ドラマ、愛の歌である。彼女らはこれらを通して擬似恋愛体験をする。つまり、それが恋ワクチンなのだ。ワクチンを体内に注入したために、自分はもう、恋を体験したかのよ …

no image

偶然の出会いが二度、三度と続くと運命を感じる

「偶然の出会い」が、女性にかなりの揺さぶりをかけるのはそのため。もちろん、一度道路でばったり出会っただけで、それを運命と思う女性はそうそういない。よほどファンタジックな女性でもないかぎり、女性はそれな …

no image

レズかもしれないと噂されて困っている

ある銀行に勤めている27歳のあるOLさん。最近、私が後輩社員と同性愛関係にある、というウワサを立てられ悩んでいます。 とても明るい子だったのに、最近はなんとなく元気がなく落ち込んでいるようです。そのウ …

no image

激情結婚披露宴を見ていて思ったこと

K柳の夫が親離れするときを危惧するのは私だけだろうか。K柳の激情結婚披露宴を見ていて思ったのは、彼女の年下の新夫と、我が家の3歳の息子が非常に似ているということである。いつも必ず、からだのどこかが触れ …