スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋愛では意外な一面を褒めると効果が出ることもある

投稿日:

男たちには、ぜひとも、ストーリーの共演者になってほしい。女性のつくるストーリーに入っていってこそ、「二人の世界」が築けるというものだ。それには、最もシンプルで効果的な方法がある。その方法とは、「君ってに見えるけど、じつは、××なんじゃない?」と、「意外な一面」の発見者を演じるということである。

ほとんどの女性は、ストーリーの中に生きている。そのストーリーは女性によって様々だが、あらゆる女性に共通しているものがある。それは、「自分は、ほんとうの姿をどんな男性にも見せていない」自分のことをほんとうにわかってくれる男性には、まだ出会っていないという筋書きである。こういうキャラクターは、小説、映画、ドラマのヒロインによく見られるパターンでもある。いま流行りの「韓流」ドラマのヒロインは、ほとんどがその流れを汲んでいるといっていい。

たとえば「君さあ、男性にポンポンとシビアなことを言うけど、じつは、すごく繊細なんじゃない?」と言ってみる。その意外な一面、は、本人が気づいていない場合もあるし、気づいている場合もある。

新鮮なほめ方をする

また、この方法のバリエーションとしては、誰にでも言われていそうな一面について新鮮なほめ方をする、という手もある。「あたしって、元気なだけが取り柄だから」。そんなことを言う女性が、よくいる。こんな当たり前の特徴についても、「元気って、努力してなれるものじゃないんだ。それを持って生まれてきたのは、素晴らしい才能だよ」とでも言えば、彼女の耳にはとてつもなく新鮮に響くに違いない。

肝心なのは、そのひと言によって、彼女に「自分のことをほんとうにわかってくれるかもしれない」男性が登場したと感じさせること。主役はあくまでも彼女であり、あなたは彼女のストーリーを盛り上げるための助演男優にすぎない。そのことを忘れないようにしよう。

「太腿が太い」といって悩んでいるキャバクラ嬢に、こんなことを言っているオッサンを見たことがある。「太くっていいんだよ、座って合わせた腰から水が一満でも垂れるようじゃダメなんだ。一満でもこぼれると、ワカメ酒ができないからねえ」このひと言に、その一代前半のホステスは、けっこう本気で喜んでいた。嘘だと思われるかもしれないが、実話である。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

モテる人を真似してみよう

爆笑問題の太田光氏は、若いころから立川談志氏にあこがれていて、談志師匠の声の出し方、間の取り方、表情の動かし方をマネしまくっていたという。日本テレビアナウンサーのジャストミート福澤氏などは、あきらかに …

no image

レズかもしれないと噂されて困っている

ある銀行に勤めている27歳のあるOLさん。最近、私が後輩社員と同性愛関係にある、というウワサを立てられ悩んでいます。 とても明るい子だったのに、最近はなんとなく元気がなく落ち込んでいるようです。そのウ …

no image

男らしさが死語になりつつある

今のところ日本は戦時下ではないし(ビジネスマンは24時間闘っているらしいけど)、出産を選択しない女性も増えている。男らしさ、女らしさは、ますますウヤムヤになりつつあるようだ。男らしさを口にする男は本当 …

no image

女性の中身を褒める

豊満ボディを売りにして『キングコング』でデビューしたジェシカ・ラングは、長らく。キングコングの花嫁、と侮られながらも、様々な作品で果敢に汚れ役に挑戦するうちに、ハリウッド屈指の演技派、とたたえられるま …

no image

極度のあがり症で結婚式が怖い

私は極度のあがり症なんです、と語るある女性。結婚することはとても幸せなことですが、結婚式がイヤなのです。そのことを思うと夜も眠れません。相手のお客さまもあきれるほどあがりまくって、真っ赤になった顔のみ …