スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋愛では意外な一面を褒めると効果が出ることもある

投稿日:

男たちには、ぜひとも、ストーリーの共演者になってほしい。女性のつくるストーリーに入っていってこそ、「二人の世界」が築けるというものだ。それには、最もシンプルで効果的な方法がある。その方法とは、「君ってに見えるけど、じつは、××なんじゃない?」と、「意外な一面」の発見者を演じるということである。

ほとんどの女性は、ストーリーの中に生きている。そのストーリーは女性によって様々だが、あらゆる女性に共通しているものがある。それは、「自分は、ほんとうの姿をどんな男性にも見せていない」自分のことをほんとうにわかってくれる男性には、まだ出会っていないという筋書きである。こういうキャラクターは、小説、映画、ドラマのヒロインによく見られるパターンでもある。いま流行りの「韓流」ドラマのヒロインは、ほとんどがその流れを汲んでいるといっていい。

たとえば「君さあ、男性にポンポンとシビアなことを言うけど、じつは、すごく繊細なんじゃない?」と言ってみる。その意外な一面、は、本人が気づいていない場合もあるし、気づいている場合もある。

新鮮なほめ方をする

また、この方法のバリエーションとしては、誰にでも言われていそうな一面について新鮮なほめ方をする、という手もある。「あたしって、元気なだけが取り柄だから」。そんなことを言う女性が、よくいる。こんな当たり前の特徴についても、「元気って、努力してなれるものじゃないんだ。それを持って生まれてきたのは、素晴らしい才能だよ」とでも言えば、彼女の耳にはとてつもなく新鮮に響くに違いない。

肝心なのは、そのひと言によって、彼女に「自分のことをほんとうにわかってくれるかもしれない」男性が登場したと感じさせること。主役はあくまでも彼女であり、あなたは彼女のストーリーを盛り上げるための助演男優にすぎない。そのことを忘れないようにしよう。

「太腿が太い」といって悩んでいるキャバクラ嬢に、こんなことを言っているオッサンを見たことがある。「太くっていいんだよ、座って合わせた腰から水が一満でも垂れるようじゃダメなんだ。一満でもこぼれると、ワカメ酒ができないからねえ」このひと言に、その一代前半のホステスは、けっこう本気で喜んでいた。嘘だと思われるかもしれないが、実話である。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

ぴったりした白ズボンが嫌い

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出して …

no image

気が合う二人が自然にやっていることを意図的に再現してみる

意中の彼女をあなたに振り向かせるためには、気が合う二人が自然にやっていることを、意図的に再現してみるという方法がある。この方法の効果は、ミルトン・エリクソンという催眠療法家が、数々の実験によって証明し …

no image

バラも色気も崩れ落ちる寸前になぜか心魅かれてしまう

切り花と庭木の花の違いは、花壺に生けられた花はしぼみかけるとすぐ捨てられるが、に植えられた花は、最後の花びら一枚が地面に落ちるまでその姿をさらしているという点にある。生け花としてはとてもつとまらないよ …

no image

恋人はやさしい人

やさしくしてもらいたいから、恋をするのか。そして、条件として、よくあげられるのが、おもしろい人である。おもしろいことをいって、笑わせてもらったり、楽しませてもらったりしたいのだろう。ここに、受け身の女 …

no image

ドライブデートの行き先を決める

ドライブは、デートの究極である。クルマの助手席に乗る女性は、途中で彼がいやになってもクルマから飛び降りることはできない。完全な個室なので、彼の手が横から伸びてくることもある程度は覚悟しなくてはならない …