スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

恋愛では意外な一面を褒めると効果が出ることもある

投稿日:

男たちには、ぜひとも、ストーリーの共演者になってほしい。女性のつくるストーリーに入っていってこそ、「二人の世界」が築けるというものだ。それには、最もシンプルで効果的な方法がある。その方法とは、「君ってに見えるけど、じつは、××なんじゃない?」と、「意外な一面」の発見者を演じるということである。

ほとんどの女性は、ストーリーの中に生きている。そのストーリーは女性によって様々だが、あらゆる女性に共通しているものがある。それは、「自分は、ほんとうの姿をどんな男性にも見せていない」自分のことをほんとうにわかってくれる男性には、まだ出会っていないという筋書きである。こういうキャラクターは、小説、映画、ドラマのヒロインによく見られるパターンでもある。いま流行りの「韓流」ドラマのヒロインは、ほとんどがその流れを汲んでいるといっていい。

たとえば「君さあ、男性にポンポンとシビアなことを言うけど、じつは、すごく繊細なんじゃない?」と言ってみる。その意外な一面、は、本人が気づいていない場合もあるし、気づいている場合もある。

新鮮なほめ方をする

また、この方法のバリエーションとしては、誰にでも言われていそうな一面について新鮮なほめ方をする、という手もある。「あたしって、元気なだけが取り柄だから」。そんなことを言う女性が、よくいる。こんな当たり前の特徴についても、「元気って、努力してなれるものじゃないんだ。それを持って生まれてきたのは、素晴らしい才能だよ」とでも言えば、彼女の耳にはとてつもなく新鮮に響くに違いない。

肝心なのは、そのひと言によって、彼女に「自分のことをほんとうにわかってくれるかもしれない」男性が登場したと感じさせること。主役はあくまでも彼女であり、あなたは彼女のストーリーを盛り上げるための助演男優にすぎない。そのことを忘れないようにしよう。

「太腿が太い」といって悩んでいるキャバクラ嬢に、こんなことを言っているオッサンを見たことがある。「太くっていいんだよ、座って合わせた腰から水が一満でも垂れるようじゃダメなんだ。一満でもこぼれると、ワカメ酒ができないからねえ」このひと言に、その一代前半のホステスは、けっこう本気で喜んでいた。嘘だと思われるかもしれないが、実話である。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

彼と会えないとき他の男の友達と遊ぶ女性

男友達の中にも、好きだといってくれる人もいて、はっきり彼氏がいるともいえず、というか彼氏と違う面があるとそっちもいいなあって思っちゃってずるずると全く違うタイプの人を好きになったりする。 私は学生のこ …

no image

ぴったりした白ズボンが嫌い

ラグビーを好きな理由は、ユニフォームの短パンにあるように思える。私は、短パンがユニフォームの球技スポーツは、だいたい好きである。サッカーもラグビーも、テニス。短パン姿の少年が好きだった。膝小僧を出して …

no image

恋愛は容姿でするものではない

好きな言葉に、恋愛は容姿でするものではない。恋は、感受性でするものだというものがある。だから、美男美女の多い芸能界だけで、恋愛が繁盛していると思うのは、間違いだ。自分の選んだ相手を低めることは自分を低 …

no image

メールで女性を口説くのは高い技術がいる

彼女のいない悲しい男たちは、その誘いに飛びついているわけだが、「一万円以内」というふうに売春行為を明示している場合はべつとして、メールで女を口説くのもそれなりの技術を要する。だいたいの男は、「仕事」「 …

no image

騒音を利用した彼女との距離を縮める方法

アメリカのマシューズという心理学者が、こんな実験をおこなっている。ひと組の男女に好きなように会話をさせておいて、そこに騒音のテープを流す。すると、その男女は、互いの話を聞き取るために、自然に寄り添うか …