スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

レインウェアの選び方-バイク用

投稿日:

以前は、レインウェアとはいわずにカッパ、などといって、おソバ屋さんが使うような紺色のカッパしかなかった。価格は千円前後なので着る人も多かったが、1時間も走ると雨水が漏ってきてパンツまで濡れて困ったものであった。しかし、最近はスパンナイロン、塩化ビニール、ポリエステル、ポリ塩化ビニールなどの素材やゴム引きなどが盛んに採用され、通気性や防水性に優れたタイプが常識になっている。

日本の気候は非常に変わりやすく1年を通じて雨が降る可能性が常にある。従って、ツーリングに出かける際は必ずレインウェアを持っていく必要があり、しっかりしたレインウェアがあれば雨天でも快適なツーリングを楽しむことができるのものなので、レインウェアにも理解を持ってほしい。

ブーツカバーは前からスッポリとかぶせてサイドか後ろで止めるタイプが多く、簡単にはくことができるから便利だし、防水性も高いので有効的だ。価格は3千~5千円ぐらいが主流。特に冬場は雨に濡れると足が冷たくなってくるから、必ずブーツカバーをすること。グローブカバーは、かさばるのが欠点。クラッチ操作やブレーキ操作が多い時は嫌がるライダーがほとんど。価格は2千〜3千円。

レインウェアの致命傷だった接合部も

レインウェアの致命傷だった接合部も、高周波溶接加工の採用によって、ほぼ完璧な防水が成されるようになり長時間走行にも十分耐えてくれる。また、チャックを使用する面は二重三重の折り返しが施され雨が入り込むことはない。

また、すそやそで日、ウエスト部や背中にパタパタと風邪が入り込まないようにゴムやバンドなどによって締めつけられたものが好ましい。ワンピースとツーピースタイプがあるが着やすさからいけばツーピースタイプがよく、より強い防水性、保温性を求めるのならワンピース型がよい。

価格はやはり安くても1万円以上のものを選びたいところで、冬用だと3万円以上のものもある。レインウェアは今やこれだけではない。ブーツカバーやグローブカバーも是非とも揃えておきたいギヤのひとつになっている。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

公道でウィリーをしたら検挙される

バイクが好きなバイク乗りのかたたちの中にはウィリーがしてみたいと思っておられる方は多いかもしれませんし、ウィリーを練習したことがある方もいるでしょう。しかし、一般公道でウィリーをすると安全運転義務違反 …

no image

バイクで足が届かない場合

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、 …

no image

バイクのシフトアップのコツ

シフトアップの方法は、まず、開けたアクセルを瞬時に戻すと同時に、クラッチを切り、ギヤを2速に入れ、クラッチを離して、再びアクセルを開ける。実際の足の動作は、クラッチを切る瞬間に行うことが重要であり、ア …

no image

バイクのオフロードでの色々なテクニック

・川渡り ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走 …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …