スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

レインウェアの選び方-バイク用

投稿日:

以前は、レインウェアとはいわずにカッパ、などといって、おソバ屋さんが使うような紺色のカッパしかなかった。価格は千円前後なので着る人も多かったが、1時間も走ると雨水が漏ってきてパンツまで濡れて困ったものであった。しかし、最近はスパンナイロン、塩化ビニール、ポリエステル、ポリ塩化ビニールなどの素材やゴム引きなどが盛んに採用され、通気性や防水性に優れたタイプが常識になっている。

日本の気候は非常に変わりやすく1年を通じて雨が降る可能性が常にある。従って、ツーリングに出かける際は必ずレインウェアを持っていく必要があり、しっかりしたレインウェアがあれば雨天でも快適なツーリングを楽しむことができるのものなので、レインウェアにも理解を持ってほしい。

ブーツカバーは前からスッポリとかぶせてサイドか後ろで止めるタイプが多く、簡単にはくことができるから便利だし、防水性も高いので有効的だ。価格は3千~5千円ぐらいが主流。特に冬場は雨に濡れると足が冷たくなってくるから、必ずブーツカバーをすること。グローブカバーは、かさばるのが欠点。クラッチ操作やブレーキ操作が多い時は嫌がるライダーがほとんど。価格は2千〜3千円。

レインウェアの致命傷だった接合部も

レインウェアの致命傷だった接合部も、高周波溶接加工の採用によって、ほぼ完璧な防水が成されるようになり長時間走行にも十分耐えてくれる。また、チャックを使用する面は二重三重の折り返しが施され雨が入り込むことはない。

また、すそやそで日、ウエスト部や背中にパタパタと風邪が入り込まないようにゴムやバンドなどによって締めつけられたものが好ましい。ワンピースとツーピースタイプがあるが着やすさからいけばツーピースタイプがよく、より強い防水性、保温性を求めるのならワンピース型がよい。

価格はやはり安くても1万円以上のものを選びたいところで、冬用だと3万円以上のものもある。レインウェアは今やこれだけではない。ブーツカバーやグローブカバーも是非とも揃えておきたいギヤのひとつになっている。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、そ …

no image

高速道路をバイクで走行する際に横風などに気をつける

高速道路では、横風や突風は突如として吹きつけることが多く、ライダーのとっさの判断と行動力が必要だ。これらの風を受けたらライダーはなるべく上半身を低くマシンにふせるようにして、肘を引き締め、ニーグリップ …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

バイクのライディングフォームはおかしくないですか?

マシンは、二輪で走っているために平衡感覚によるバランスが非常に大切だ。放っておけば転倒するし、止まっている時も足を着いたり、スタンドをかけなければ転んでしまう。従って、マシンに乗っている時は、ライダー …

no image

バイク用のパンツなど

・バイク用のパンツ スリムなタイプなら、すそをブーツの中に入れてもかまわないが、ストレートやパンタロンのジーパンをブーツの中に押し込むのは、みっともないから絶対にやめよう。股がみは当然深いものがよい。 …