自動車

起亜車・レイとモーニングとは性格が明らかに違う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起亜車がレイにかける期待が大きい。クラス初のVSM(次世代車体姿勢制御装置)を採用し、ステアリングホイールとサスペンションをチューニングして、車両が状況に応じて能動的に対処できるようにした。価格は同等の軽自動車よりも高価に。同じ軽自動車モーニングより高く見えるが、レイは空間性を強調した車両でそれに見合った収納スペースをそろえ安全部分にも優れ、決して高い価格ではない。日本の同様のモデルと比較しても、500〜800万ウォン安い。

内需市場が萎縮しているが販売に支障がないか。第4四半期入って内需市場が急速に冷却され、目標を162万台から156万台レベルに下げた。国内外のすべての自動車メーカーが販売不振を受けているが、幸いなことに、起亜車は小型車で強みを見せており、相対的に有利な立場である。電気自動車10台を作って政府に伝達する。しばらく一般販売はしなくて、市場の状況を見守りながら、一般に販売を開始する計画である。2000台の生産を目標としている。

モーニングとレイは性格が明らかに違う

同じ軽自動車モーニングとの干渉はありませんが、モーニングとレイは性格が明らかに違う車である。レイは、軽自動車がスペースを必要とする消費者に必要な車乗用車専用のモーニングとは明確に異なっている。需要層が他のように干渉効果は大きくないと分析される。国内市場の年間6万台の吸収ターゲットは。内需で月5000台、年間6万台以上を売るだろうと期待している。軽自動車と小型の需要をドラッグすることであり、特に価格面で韓国GMの軽自動車「スパーク」消費者がレイに多く転じると予想している。

日本車日産キューブのコピーモデルではないかという指摘があり。キューブとは多くの違いがある。まず、レイはBピラーがなく、トランクの開閉方式、エンジンの大きさなど、多くの場所で明らかに他の車と見なければならない。レイは、スペースの有効活用の観点から、キューブより圧倒的に優位にあり、キューブが月400台を売るが、これはレイと比較できない数値である。今後の輸出計画は。今のところ、輸出計画が全くない。ヨーロッパでは市場性がないと判断され、米国でもまだ販売する計画がない。日本ではもう少し研究して販売するかどうかを決定する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加