スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

投稿日:

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホイールなどを残している。

ヨーロピアンタイプ、アメリカンタイプ、そしてこの両方の中間をいくノーマルタイプだ。このうち、最近はヨーロピアンタイプが特に人気を集めている。これは、その名の通りヨーロッパで培われたもので、サーキットシーンから生まれ、特徴はより速く、より快適に、そしてワインディングロードを楽しむためのものだ。ライディングポジションも前傾姿勢になり、攻撃的なマシンとして性格づけられる。

ロードレースのリーン

ロードレースを観戦に行ったことのある人なら知っているはずだが、ライターのひさ元に注目してみたい。ひざの外側にとりつけられたバンクセンサーがポロポロにすり切れていて、皮がけずれて穴があいてしまっている。中にはガムテープやビニールテープをべタべタと貼っていて、それがボロボロにすり減っいたりする。

レースの世界はすごい。並のテクニックではライバルに差をつけることはできないし、勝利への道に近づくことはできない。そのテクニックの中でも大迫力ものはなんといってもひざを使ってのコーナリングの限界をつかむものだ。

何故、こんなにボロボロになるのか。これはライダーがコーナーでマシンをリーンさせた時に、ひざを内側につき出して、バンク角をはかっているからなのだ。マシンをバンクさせていくと、最近のマシンはバンク角を大きくとっているためどこまででもねてしまう。しかし、バンクにも限界があり、あまり極端にバンクさせていくとタイヤのグリップ限界を越えてしまい、転倒することになるから、ライダーは、ひざを使って、ひざの路面への接地ぐあいを身体で感じとっていき、バンク角の限界を探っているわけなのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキッ …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …

no image

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力が …

no image

ライディングフォームを直すステップ

基本的なライディングフォームは、自分で絶対に直すという強い意思を持っていれば直せないことはない。走っているオートバイのライダーが、シートの中心からずれて座っているのを見かけるが、たいてい左側にねじれて …

no image

レインウェアの選び方-バイク用

以前は、レインウェアとはいわずにカッパ、などといって、おソバ屋さんが使うような紺色のカッパしかなかった。価格は千円前後なので着る人も多かったが、1時間も走ると雨水が漏ってきてパンツまで濡れて困ったもの …