スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

投稿日:

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホイールなどを残している。

ヨーロピアンタイプ、アメリカンタイプ、そしてこの両方の中間をいくノーマルタイプだ。このうち、最近はヨーロピアンタイプが特に人気を集めている。これは、その名の通りヨーロッパで培われたもので、サーキットシーンから生まれ、特徴はより速く、より快適に、そしてワインディングロードを楽しむためのものだ。ライディングポジションも前傾姿勢になり、攻撃的なマシンとして性格づけられる。

ロードレースのリーン

ロードレースを観戦に行ったことのある人なら知っているはずだが、ライターのひさ元に注目してみたい。ひざの外側にとりつけられたバンクセンサーがポロポロにすり切れていて、皮がけずれて穴があいてしまっている。中にはガムテープやビニールテープをべタべタと貼っていて、それがボロボロにすり減っいたりする。

レースの世界はすごい。並のテクニックではライバルに差をつけることはできないし、勝利への道に近づくことはできない。そのテクニックの中でも大迫力ものはなんといってもひざを使ってのコーナリングの限界をつかむものだ。

何故、こんなにボロボロになるのか。これはライダーがコーナーでマシンをリーンさせた時に、ひざを内側につき出して、バンク角をはかっているからなのだ。マシンをバンクさせていくと、最近のマシンはバンク角を大きくとっているためどこまででもねてしまう。しかし、バンクにも限界があり、あまり極端にバンクさせていくとタイヤのグリップ限界を越えてしまい、転倒することになるから、ライダーは、ひざを使って、ひざの路面への接地ぐあいを身体で感じとっていき、バンク角の限界を探っているわけなのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

10代からバイクの免許を取得することをおすすめしたい理由

バイクに慣れるには若いころから始めたほうがよいにきまっている。現在は原付は16才から免許が取得できるから、早く取得したほうが勝ちだ。16オからバイクに乗り始めれば、運動神経もいいし、バイクの運動特性そ …

no image

バイクのコーナー進入時の注意するポイント

コーナリングに夢中になって近くばかりを見ていると上下感覚を失いがちだ。防止策は、走っているときにできるだけ遠方を見ることだ。それにコーナーとコーナーの間の直線部分では、少しでもいいから遠い山や建物など …

no image

ハンドルグリップが遠すぎて腕が伸びきってしまうとき

ハンドルグリップが遠すぎて、腕が伸びきってしまうとき=ハンドルの取り付け角度を変えてみる。車種によってはストレートハンドルのほかにアップハンドルのオプションパーツを揃えているものもある。角度を変えても …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …