スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

投稿日:

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホイールなどを残している。

ヨーロピアンタイプ、アメリカンタイプ、そしてこの両方の中間をいくノーマルタイプだ。このうち、最近はヨーロピアンタイプが特に人気を集めている。これは、その名の通りヨーロッパで培われたもので、サーキットシーンから生まれ、特徴はより速く、より快適に、そしてワインディングロードを楽しむためのものだ。ライディングポジションも前傾姿勢になり、攻撃的なマシンとして性格づけられる。

ロードレースのリーン

ロードレースを観戦に行ったことのある人なら知っているはずだが、ライターのひさ元に注目してみたい。ひざの外側にとりつけられたバンクセンサーがポロポロにすり切れていて、皮がけずれて穴があいてしまっている。中にはガムテープやビニールテープをべタべタと貼っていて、それがボロボロにすり減っいたりする。

レースの世界はすごい。並のテクニックではライバルに差をつけることはできないし、勝利への道に近づくことはできない。そのテクニックの中でも大迫力ものはなんといってもひざを使ってのコーナリングの限界をつかむものだ。

何故、こんなにボロボロになるのか。これはライダーがコーナーでマシンをリーンさせた時に、ひざを内側につき出して、バンク角をはかっているからなのだ。マシンをバンクさせていくと、最近のマシンはバンク角を大きくとっているためどこまででもねてしまう。しかし、バンクにも限界があり、あまり極端にバンクさせていくとタイヤのグリップ限界を越えてしまい、転倒することになるから、ライダーは、ひざを使って、ひざの路面への接地ぐあいを身体で感じとっていき、バンク角の限界を探っているわけなのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと。何度にも分けて、コン、コン、コンといった要領でかけるのがコツだ。機構的にはホイールのハブの内部に2個のシューを持っており、ブレーキペダルで与えられた力 …

no image

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操 …

no image

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。 ・アメリカンタイプ まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジシ …

no image

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいか …

no image

車両の左側の追い越しについて

渋滞で停止している四輪車の左側をすり抜ける場合は、急にドアを開けられることがあるので注意しよう。急に開けるほうが悪いとはいっても、痛い目にあうのは自分だからだ。駐車車輌の右側を通過する場合は、1m以上 …