スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

投稿日:

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホイールなどを残している。

ヨーロピアンタイプ、アメリカンタイプ、そしてこの両方の中間をいくノーマルタイプだ。このうち、最近はヨーロピアンタイプが特に人気を集めている。これは、その名の通りヨーロッパで培われたもので、サーキットシーンから生まれ、特徴はより速く、より快適に、そしてワインディングロードを楽しむためのものだ。ライディングポジションも前傾姿勢になり、攻撃的なマシンとして性格づけられる。

ロードレースのリーン

ロードレースを観戦に行ったことのある人なら知っているはずだが、ライターのひさ元に注目してみたい。ひざの外側にとりつけられたバンクセンサーがポロポロにすり切れていて、皮がけずれて穴があいてしまっている。中にはガムテープやビニールテープをべタべタと貼っていて、それがボロボロにすり減っいたりする。

レースの世界はすごい。並のテクニックではライバルに差をつけることはできないし、勝利への道に近づくことはできない。そのテクニックの中でも大迫力ものはなんといってもひざを使ってのコーナリングの限界をつかむものだ。

何故、こんなにボロボロになるのか。これはライダーがコーナーでマシンをリーンさせた時に、ひざを内側につき出して、バンク角をはかっているからなのだ。マシンをバンクさせていくと、最近のマシンはバンク角を大きくとっているためどこまででもねてしまう。しかし、バンクにも限界があり、あまり極端にバンクさせていくとタイヤのグリップ限界を越えてしまい、転倒することになるから、ライダーは、ひざを使って、ひざの路面への接地ぐあいを身体で感じとっていき、バンク角の限界を探っているわけなのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

コーナリングの限界に挑むハングオンというテクニック

ハングオンというコーナリングフォームで走るメリットとしては、より高いスピードでコーナ ーをクリアできることで、ラップタイムを短縮させるのには絶対に必要なテクニックともいえる。だからといって、だれでもが …

no image

高速道路をバイクで走行する際に横風などに気をつける

高速道路では、横風や突風は突如として吹きつけることが多く、ライダーのとっさの判断と行動力が必要だ。これらの風を受けたらライダーはなるべく上半身を低くマシンにふせるようにして、肘を引き締め、ニーグリップ …