スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライディング下りコーナーのポイント

投稿日:

4ストロークのビッグシングルの場合、トルクが強いので、油断してシフトダウンを怠ると、エンストして転倒することがある。特に、四輪車に追従してノロノロと走る場合は、十分に注意する必要がある。右コーナーの場合は、対向車がブレーあなたスによってオーバーランしてきても逃げられる、余裕のあるラインどりを行い、上りだからといって早めにイン側につくのは絶対に避けるべきである。

シフトミスをすると、失速して内側へ転倒するケースが多く(バンクがついているので足で支えられない)、また深くバンクしすぎても、転倒してしまう。バンクのついたタイトコーナーでは、勾配とカーブによってパワーを食われることを計算に入れた上で、1段低いギヤを使用し、アクセルを開け、パワーバンドの中間ぐらいで回るのがベストである。

下りコーナーでの注意

下りコーナーでの注意点は、1にも2にも、確実なブレーキングを行うこと。2ストローク、4ストロークを問わず、エンジンブレーキを十分に生かす。右コーナーでは、早めにインへ入らない。左右とも、クリッピングポイントまでは、前後ブレーキを軽くなめしてもよい。

上りコーナーにくらべると、下りコーナーは3〜4倍は難しい。特にセパレートハンドルを装着した、前傾ポジションのスーパースホーツにとって、下りタイトコーナーは、ライダー泣かせといえる。しかし、日本ではこの種のコーナーが非常に多く、いやがっていてはテクニックも向上しないので、積極的にタイトコーナーに取り組み、大いに自信をつけてほしい。

タイトコーナーでは、リーンアウトも有効。コーナーリング中に、フルブレーキングのケースが生じたら、マシンを立て直してからブレーキングを行う。下りコーナーの場合は、フルブレーキングを行うと、前輪荷重が極端に増す。特に前輪に16インチタイヤを採用しているマシンでは必ず車体を路面と垂直にした状態で、フルブレーキングを行う必要がある。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ハイウェイには危険がいっぱい

ハイウェイには危険がいっぱい。一歩間違えば、直接、死につながる。そこのところをよく考えて、服装を完全にととのえ、マシンをじゅうぶん点検し、気がまえもシャンとしたうえで、ハイウェイに乗り込もう。国内の高 …

no image

クラッチ握らないギアチェンジテクニック

へアピンカープなどで観戦していると、ライダーは長い時間にわたってひざをこすりながら、マシンをバンクさせていくシーンをみることができる。しかし、最近はマシンの開発が早急に進んでいるため、バンクさせてもス …

no image

バイクのアクセルの構造など

ほとんどのスポーツバイクのアクセルは、キャブレターとの間をワイヤーケーブルで結んで、アクセルを開くとキャブレターの吸入ロも開いて燃料(ガソリン、エアー)をエンジンに送り込むシステムになっている。そして …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …