スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

ランボルギーニ·アヴェンタドールLP700-4の発表

投稿日:

ランボルギーニソウルは発表イベントでランボルギーニの新しい旗アヴェンタドールLP700-4を発売すると公表した。ランボルギーニ·アヴェンタドールLP700-4は、スーパーカーの歴史上最も成功したモデルで評価受けてきたムルシエラゴの後継モデルとして、スペイン闘牛の歴史の中で最も勇敢無双していた牛の名前を取ったランボルギーニのフラッグシップモデルである。

アベンタドールLP700-4は、ランボルギーニが先導してきたV12パワートレインと独自に開発した炭素繊維強化プラスチックなどの最新技術が適用されてスーパーカー市場の大きな話題である超軽量化と強力な走行性能、そして未来マイ·外観デザイン要素を兼ね備えた新しい概念のスーパーカーである。アベンタドールLP700-4に搭載されたV12エンジンは700馬力(8250 rpm)の強力な性能を誇りながら、最大トルクが70.4kg.m(5,500 rpm)ですべてのドライビング状況で即時反応性を高めた。

エンジンサイズはさらにコンパクトに

エンジンサイズはさらにコンパクトになり、エンジンの重量は235kgに過ぎず、車体軽量化と重心を下げる成功し、重量が79kgに過ぎない7段ISRトランスミッションは、従来のデュアルクラッチ方式の変速機比50%近く高速変速時間を誇る。このように、より強力になって軽くなったパワートレインは、最高速度350km / h、停止状態から時速100kmまでわずか2.9秒に達する爆発的な走行性能を可能にしただけでなく、この際全体に適用された軽量化技術のおかげで、総重量1,572kg、重あたりの馬力比は2.25kgで、クラス最高を誇り、燃料消費率と二酸化炭素排出量をムルシエラゴに比べて20%も減少した。

ランボルギーニはアベンタドールLP700-4に独自に開発した炭素繊維強化プラスチックを最初に適用され、車体重量は革新的削減剛性と安定性を最大化した。特にスーパーカーブランドの最初の先端の炭素繊維素材を使用して結合プロセスがない炭素繊維シングルセルモノコックボディを製作、車体重量は革新的削減剛性と安定性は高めた。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

現代自動車新型サンタフェが公開

現代自動車新型サンタフェが公開された。現代自動車は、ニューヨークで開かれた「2012年ニューヨーク国際オートショー(2012 New York International Auto Show、NYIA …

no image

スポーツカー「ザ·ニュージェネシスクーペ」を披露

最高出力350馬力の後輪MS Pゴシック(後輪駆動)方式正統スポーツカー。わずか数年前までは、韓国の自動車メーカーがこのような車を作ると考えるこれは多くなかった。平凡なデザインと無難な性能の安いセダン …

no image

ミニクラブマンのグリーンパークとハイドパークを発表

小型車プレミアムブランドMINIクラブマン(Clubman)の新しいデザインエディションのグリーンパーク(Green Park)とハイドパーク(Hyde Park)モデルを発売した。BMWコリアによる …

no image

多目的軽自動車TAM(開発コード名)を発売

起亜自動車が当初発売した多目的軽自動車TAM(開発コード名)を2011年に中旬に発売した。起亜自動車は2011年11月中旬からTAMの事前契約を実施する続き、11月29日頃、済州で新車発表会を行い、本 …

no image

新概念ボックスカー レイ(RAY)がリリース

起亜自動車の注目される新概念ボックスカー レイ(RAY)がリリースされた。起亜自動車は、済州ヘビーチホテルグランドボールルームでプレス発表会を持って新概念のミニCUV「レイ(RAY)」を正式発表しまし …