スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

投稿日:

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいから注意が必要だ。

初心者のうちこそシフトダウンの大切さを知って、身につけるようにしたほうがよい。少なくとも停止線に正確に止まったときには、すでに1速かあるいはニュートラルにシフトダウンしていれば理想的といえよう。シフトダウンは、たとえば4速から3速へ落とす場合、クラッチレバーを握って、少しアクセルをふかしてやり、4速と3速のエンジン回転数の差をなくしてからシフトすると、つながりがスムーズにできる。しかし、これはかなり練習を重ねないとマスターできない。

ライディングテクニックの基本は、スムーズな操作によるスムーズな走行にある。しかし、この言葉を正確に理解している人は案外少ない。というのは、スムーズな操作とダラダラした操作とをとり違えているのではなかろうか。とくにハイレベルのテクニックが要求されるスポーツライディングでポイントとなるのが、メリハリのきいたブレーキングであり、アクセルワークなのだ。

ブレーキングとアクセルワーク

ブレーキングとアクセルワークが一体化した連けい操作によるリズミカルなライディングこそ、基本に忠実でかつ完成された走行といえよう。たとえばスラロームなどでも、このことは如実にあらわれる。アクセルオンとブレーキングのタイミングがうまくいけば、あとは肩入れや視線の取り方による、リズミカルな体重移動によって、思いのほかうまくリズムに乗った走行ができるのだ。

歯切れがよいというのと、スムーズな操作は矛盾した言葉のようだが、じつは同じことだ。つまり、ブレーキングすべきところでは正確に力強く行ない、アクセルワークでも、パワーオンとオフの使い分けをキッチリやる。ときには思い切ったフル加速も必要なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのシフトダウンのコツ

加速や制動はなにもアクセルやブレーキだけで行うものではない。例えば、トップギヤで走行中、行く手の信号機が赤の時、バイクを停止させるのにクラッチを切りブレーキだけでゆっくりと停止するライダーがいるが、こ …

no image

街中をオートバイで走行する場合のポイント

オートバイで街中走行をする場合、好き嫌いにかかわらず、進路変更をするケースが実に多い。また、進路変更は、上手に行わないと事故に直結する場合もあるので、次の注意点を守ることである。 緊急に進路変更する必 …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

高速道路をバイクで走行する際に横風などに気をつける

高速道路では、横風や突風は突如として吹きつけることが多く、ライダーのとっさの判断と行動力が必要だ。これらの風を受けたらライダーはなるべく上半身を低くマシンにふせるようにして、肘を引き締め、ニーグリップ …