バイク

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいから注意が必要だ。

初心者のうちこそシフトダウンの大切さを知って、身につけるようにしたほうがよい。少なくとも停止線に正確に止まったときには、すでに1速かあるいはニュートラルにシフトダウンしていれば理想的といえよう。シフトダウンは、たとえば4速から3速へ落とす場合、クラッチレバーを握って、少しアクセルをふかしてやり、4速と3速のエンジン回転数の差をなくしてからシフトすると、つながりがスムーズにできる。しかし、これはかなり練習を重ねないとマスターできない。

ライディングテクニックの基本は、スムーズな操作によるスムーズな走行にある。しかし、この言葉を正確に理解している人は案外少ない。というのは、スムーズな操作とダラダラした操作とをとり違えているのではなかろうか。とくにハイレベルのテクニックが要求されるスポーツライディングでポイントとなるのが、メリハリのきいたブレーキングであり、アクセルワークなのだ。

ブレーキングとアクセルワーク

ブレーキングとアクセルワークが一体化した連けい操作によるリズミカルなライディングこそ、基本に忠実でかつ完成された走行といえよう。たとえばスラロームなどでも、このことは如実にあらわれる。アクセルオンとブレーキングのタイミングがうまくいけば、あとは肩入れや視線の取り方による、リズミカルな体重移動によって、思いのほかうまくリズムに乗った走行ができるのだ。

歯切れがよいというのと、スムーズな操作は矛盾した言葉のようだが、じつは同じことだ。つまり、ブレーキングすべきところでは正確に力強く行ない、アクセルワークでも、パワーオンとオフの使い分けをキッチリやる。ときには思い切ったフル加速も必要なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加