スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

投稿日:

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいから注意が必要だ。

初心者のうちこそシフトダウンの大切さを知って、身につけるようにしたほうがよい。少なくとも停止線に正確に止まったときには、すでに1速かあるいはニュートラルにシフトダウンしていれば理想的といえよう。シフトダウンは、たとえば4速から3速へ落とす場合、クラッチレバーを握って、少しアクセルをふかしてやり、4速と3速のエンジン回転数の差をなくしてからシフトすると、つながりがスムーズにできる。しかし、これはかなり練習を重ねないとマスターできない。

ライディングテクニックの基本は、スムーズな操作によるスムーズな走行にある。しかし、この言葉を正確に理解している人は案外少ない。というのは、スムーズな操作とダラダラした操作とをとり違えているのではなかろうか。とくにハイレベルのテクニックが要求されるスポーツライディングでポイントとなるのが、メリハリのきいたブレーキングであり、アクセルワークなのだ。

ブレーキングとアクセルワーク

ブレーキングとアクセルワークが一体化した連けい操作によるリズミカルなライディングこそ、基本に忠実でかつ完成された走行といえよう。たとえばスラロームなどでも、このことは如実にあらわれる。アクセルオンとブレーキングのタイミングがうまくいけば、あとは肩入れや視線の取り方による、リズミカルな体重移動によって、思いのほかうまくリズムに乗った走行ができるのだ。

歯切れがよいというのと、スムーズな操作は矛盾した言葉のようだが、じつは同じことだ。つまり、ブレーキングすべきところでは正確に力強く行ない、アクセルワークでも、パワーオンとオフの使い分けをキッチリやる。ときには思い切ったフル加速も必要なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

女性のバイク選びなどのポイント

お金があったら新車を買うことをおすすめする。もちろんクレジットで十分だ。どうしてもお金を工面できないのならしかたがないが、250ccや400ccの中古のオートバイはビギナーが乗っていたケースが多く、1 …

no image

バイクの単気筒や2気筒などのエンジンの特徴

・単気筒(シングル) 排気音は“ドッドッドッドッ”と力強い。また、スリムなシングルは、軽量を利して、コーナーの取り回しも非常によい。欠点は、極低回転時の安定が悪い点と、太きな振動である。適 …

no image

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやり …

no image

ソロツーリングの楽しみ方

ソロツーリングは、文字通りひとりでツーリングすることであり、自由にコースやスケジュールを組んで、気分に合った走りを楽しむことができるのが最大のメリットといえる。だれにも遠慮はいらないし、規制されること …

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …