スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

投稿日:

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいから注意が必要だ。

初心者のうちこそシフトダウンの大切さを知って、身につけるようにしたほうがよい。少なくとも停止線に正確に止まったときには、すでに1速かあるいはニュートラルにシフトダウンしていれば理想的といえよう。シフトダウンは、たとえば4速から3速へ落とす場合、クラッチレバーを握って、少しアクセルをふかしてやり、4速と3速のエンジン回転数の差をなくしてからシフトすると、つながりがスムーズにできる。しかし、これはかなり練習を重ねないとマスターできない。

ライディングテクニックの基本は、スムーズな操作によるスムーズな走行にある。しかし、この言葉を正確に理解している人は案外少ない。というのは、スムーズな操作とダラダラした操作とをとり違えているのではなかろうか。とくにハイレベルのテクニックが要求されるスポーツライディングでポイントとなるのが、メリハリのきいたブレーキングであり、アクセルワークなのだ。

ブレーキングとアクセルワーク

ブレーキングとアクセルワークが一体化した連けい操作によるリズミカルなライディングこそ、基本に忠実でかつ完成された走行といえよう。たとえばスラロームなどでも、このことは如実にあらわれる。アクセルオンとブレーキングのタイミングがうまくいけば、あとは肩入れや視線の取り方による、リズミカルな体重移動によって、思いのほかうまくリズムに乗った走行ができるのだ。

歯切れがよいというのと、スムーズな操作は矛盾した言葉のようだが、じつは同じことだ。つまり、ブレーキングすべきところでは正確に力強く行ない、アクセルワークでも、パワーオンとオフの使い分けをキッチリやる。ときには思い切ったフル加速も必要なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

道路標識などに気をつけよう

路肩に立ててある道路標識に気をつけよう。道路標識は最高速度ばかりでなく、コーナーあり、警笛鳴らせ、崖くずれや落石に注意などさまざまな状況を教えてくれる。遠方の路面を見ることも大切だが、これらの標識を見 …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …