スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

投稿日:

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいから注意が必要だ。

初心者のうちこそシフトダウンの大切さを知って、身につけるようにしたほうがよい。少なくとも停止線に正確に止まったときには、すでに1速かあるいはニュートラルにシフトダウンしていれば理想的といえよう。シフトダウンは、たとえば4速から3速へ落とす場合、クラッチレバーを握って、少しアクセルをふかしてやり、4速と3速のエンジン回転数の差をなくしてからシフトすると、つながりがスムーズにできる。しかし、これはかなり練習を重ねないとマスターできない。

ライディングテクニックの基本は、スムーズな操作によるスムーズな走行にある。しかし、この言葉を正確に理解している人は案外少ない。というのは、スムーズな操作とダラダラした操作とをとり違えているのではなかろうか。とくにハイレベルのテクニックが要求されるスポーツライディングでポイントとなるのが、メリハリのきいたブレーキングであり、アクセルワークなのだ。

ブレーキングとアクセルワーク

ブレーキングとアクセルワークが一体化した連けい操作によるリズミカルなライディングこそ、基本に忠実でかつ完成された走行といえよう。たとえばスラロームなどでも、このことは如実にあらわれる。アクセルオンとブレーキングのタイミングがうまくいけば、あとは肩入れや視線の取り方による、リズミカルな体重移動によって、思いのほかうまくリズムに乗った走行ができるのだ。

歯切れがよいというのと、スムーズな操作は矛盾した言葉のようだが、じつは同じことだ。つまり、ブレーキングすべきところでは正確に力強く行ない、アクセルワークでも、パワーオンとオフの使い分けをキッチリやる。ときには思い切ったフル加速も必要なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

バイクのフレームの剛性などについて

マシンそのものの剛性はフレームに頼るところが大きく、最近ではコンピューター分析によってフレーム設計を行うことも盛んになってきている。フレームは強ければ強いほどよいというわけではなく、ある程度のよじれ、 …

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …

no image

二輪の半クラッチのコツ

半クラッチが効果的なのはクラッチを切った瞬間にレスポンスが回復するエンジンで、4ストロークの単気筒ではほとんど必要ない。ゆるい上り坂で瞬時に追い越しを必要とするときに、シフトダウンすると回転が上がりす …

no image

S字カーブ、クランクなどのコツ

上り坂の場合、ブレーキングが終了したら、パーシャルではなくアクセルオンで加速しつつ回っていくことがポイントになる。バンクがついていると、プラスαでパワーが食われるので、ギヤの選定は予想より1段低くして …