スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライディングフォームを直すステップ

投稿日:

基本的なライディングフォームは、自分で絶対に直すという強い意思を持っていれば直せないことはない。走っているオートバイのライダーが、シートの中心からずれて座っているのを見かけるが、たいてい左側にねじれているのが多い。これは、いざというときに路肩側の左足を出そうという心理作用がなせるワザと思われる。こんなライダーは最初に基本的なライディングフォームを正確に身につけなかったために、へンなクセがしみついてしまったのだ。基本フォームに戻すのはとても無理。

利き足側では、いつでも足をつけるという安心感から案外、コーナリングフォームもさまになっているものだ。具体的にフォームをチェックすると、利き足側のコーナリングの場合、ややリーンインの姿勢を取っているからだ。

ねじれ座りがなぜライディングを乱すのだろう。まず、コーナリングが満足にできない。つまり、左カーブは得意だが、右カーブが苦手だったりする。これは当然のこと、利き足の反対側のコーナリングには恐怖感がともなうとともに、ライディングフォームがくずれて余分な力がはいってしまい、全身がコチコチになっているにちがいない。

はじめからリーンイン態勢になっている

直進走行でも尻の位置がずれているのだから、はじめからリーンイン態勢になっているといってよい。逆のコーナリングでは尻が引けてしまって、オートバイをバンクさせることすらむずかしくなってくる。人車一体の走行が基本となるオートバイライディングでは、致命的なウイークポイントといえよう。基本は、だからこそ大切なのだ。

悪路の水たまりなどを走破するとき、思わず両足をステップから離してしまうのもよく見るシーンだ。水たまりにどんな危険がひそんでいるかわからない。オートバイの動きが急変したらどうなるか。放り出されてしまうか、シートからずれて転倒するのが目に見えている。

ファミリーバイクのミセスに多い光景だが、発進して左足をステップに乗せないで、いつまでもブラリと垂れ下げたまま走ってしまい、結局、次の交差点でストップして足を地面につける。こんな乗り方は最も危険だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

コーナリングラインの基礎はアウト・イン・アウト

コーナーリングでは、最初はあくまでもスムーズさに重点をおいた走りをするのがコツ。アウト・イン・アウトを意識することは大切だが、それは次のステップ。すでにスムーズに走れる人は、アウト・イン・アウトをいか …

no image

バイクの減速にエンジンブレーキを使う

トップで走っていて停止する場合、1段ずつエンジンブレーキをきかせながら減速していく。こうすれば前後のブレーキにかかる負担が少なくてすむし、停止したときにはすでに2速あるいは1速までシフトダウンしている …

no image

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキッ …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

エンジンブレーキの制動力で減速しよう

ワインディングロードでは、ブレーキをかけると回転数が下がり、立ち上がりでの加速が著しく低下してしまう場合があり、エンジンブレーキを使用することによって高回転数をキープして立ち上がりで即、加速体制に入れ …