スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライダースキルを上げて上級になるには?

投稿日:

ロードレースやモトクロスという限られた条件の中では、2〜3年のキャリアで上級ライダーになれる人もいるが、一般公道を走る場合は、はっきり言ってレース以上にキャリアとテクニック、そして精神力を必要とする。これは、私の経験だけで言うのではなく。事実である。

運転免許とは、「あなたはオートバイに乗ってもいいですよ」という最低の条件であり、「上手に乗れます」という証明ではない。オートバイは難しい乗り物で、1〜2年のキャリアでは、たとえコーナーを速く曲がれるようになったとしても、「上級ライダー」とはいえない。早い人で3〜4年、遅い人だと5〜6年のキャリアを積んではじめて「中級ライダー」と呼ばれるのである。

ビギナーに最も大切なのは「走り込む」ことである。たとえ中型限定自動二輪免許を取得しても、いきなり250ccや400ccのロードスポーツにとびつくのではなく、50cc、125ccといった軽量マシンでとにかく距離を走り、オートバイはバランスの乗り物だということを、体に覚えこませることである。すなわち、「オートバイはどういう状態になったら転倒するか」ということを勉強するのである。

ビギナーに最もすすめる方法は

今日のオフロードバイクは、オンロード性能も非常によく、低中速コーナーでは、下手なロードスポーツよりコーナーリング性能が優れているものもある。ブレーキングやラインどり、そしてギヤチェンジの練習にも十分耐え得るボテンシャルを有している。

ビギナーに最もすすめる方法は、4ストロークの125ccトレール(中古車で十分だ)を購入し、オン・オフの区別なく走り込むことだ。そして、オートバイは前輪が少しでもすべると簡単に転師期するが、後壁が少々すべったくらいなら、バランスを修正できるということを体で知ることである。トレールバイクの長所は、転倒してもマシンのダメージが少ないことと、125ccクラスの車重(100kg前後)であれば、取り回しで苦労することがなく、オンロードでの練習も十分に行えることである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのミラーの死角に気をつける

唯一の後方の目であるバックミラーは死角というやっかいな問題をもっている。すなわちオールマイティではないのだ。だが、その欠点を知っていてバックミラーを使えばより安全な走行ができるというわけだ。バックミラ …

no image

オートバイのメカニズムを大別すると5パートに分かれる

オートバイのメカニズムを大別すると、次の5パートになる。前後サスペンション、フレーム・駆動装置、ホイール・ブレーキ装置、保安部品、エンジン本体。 前後サスペンションは、オートバイの種類や用途に合わせ。 …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …

no image

バイクの減速にエンジンブレーキを使う

トップで走っていて停止する場合、1段ずつエンジンブレーキをきかせながら減速していく。こうすれば前後のブレーキにかかる負担が少なくてすむし、停止したときにはすでに2速あるいは1速までシフトダウンしている …

no image

スリップストリームの効果は公道のバイクでは感じられない

スリップストリームまがいのことを公道で、しかも2輪でやる人がいる。これなど危険以外のなにものでもない。すぐにやめてもらいたい。こんな常識に逆行した走り方をする人は2輪に乗る資格がない。それに、公道のス …