スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライダースキルを上げて上級になるには?

投稿日:

ロードレースやモトクロスという限られた条件の中では、2〜3年のキャリアで上級ライダーになれる人もいるが、一般公道を走る場合は、はっきり言ってレース以上にキャリアとテクニック、そして精神力を必要とする。これは、私の経験だけで言うのではなく。事実である。

運転免許とは、「あなたはオートバイに乗ってもいいですよ」という最低の条件であり、「上手に乗れます」という証明ではない。オートバイは難しい乗り物で、1〜2年のキャリアでは、たとえコーナーを速く曲がれるようになったとしても、「上級ライダー」とはいえない。早い人で3〜4年、遅い人だと5〜6年のキャリアを積んではじめて「中級ライダー」と呼ばれるのである。

ビギナーに最も大切なのは「走り込む」ことである。たとえ中型限定自動二輪免許を取得しても、いきなり250ccや400ccのロードスポーツにとびつくのではなく、50cc、125ccといった軽量マシンでとにかく距離を走り、オートバイはバランスの乗り物だということを、体に覚えこませることである。すなわち、「オートバイはどういう状態になったら転倒するか」ということを勉強するのである。

ビギナーに最もすすめる方法は

今日のオフロードバイクは、オンロード性能も非常によく、低中速コーナーでは、下手なロードスポーツよりコーナーリング性能が優れているものもある。ブレーキングやラインどり、そしてギヤチェンジの練習にも十分耐え得るボテンシャルを有している。

ビギナーに最もすすめる方法は、4ストロークの125ccトレール(中古車で十分だ)を購入し、オン・オフの区別なく走り込むことだ。そして、オートバイは前輪が少しでもすべると簡単に転師期するが、後壁が少々すべったくらいなら、バランスを修正できるということを体で知ることである。トレールバイクの長所は、転倒してもマシンのダメージが少ないことと、125ccクラスの車重(100kg前後)であれば、取り回しで苦労することがなく、オンロードでの練習も十分に行えることである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのタンクパッドでニーグリップ

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るた …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

クリッピングポイントを境にアクセルを開けていく

アウトインアウトは、アウトからコーナーに入り、イン側に入り、再びアウト側に抜けていくわけだが、この最もイン側に入った地点をクリッピングポイントといい、レースライダーにとって、クリッピングポイントをどこ …

no image

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわ …

no image

バイクは滑りやすい路面に気をつける

2輪にとって問題となるのは、摩擦係数が低い状態、いわゆるすべりやすい路面。だれでも経験があるように雨の日はすべりやすいものだが、晴れでもそれと同じような状態にあるのが砂および路面の交通標示ペイント。こ …