スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライダースキルを上げて上級になるには?

投稿日:

ロードレースやモトクロスという限られた条件の中では、2〜3年のキャリアで上級ライダーになれる人もいるが、一般公道を走る場合は、はっきり言ってレース以上にキャリアとテクニック、そして精神力を必要とする。これは、私の経験だけで言うのではなく。事実である。

運転免許とは、「あなたはオートバイに乗ってもいいですよ」という最低の条件であり、「上手に乗れます」という証明ではない。オートバイは難しい乗り物で、1〜2年のキャリアでは、たとえコーナーを速く曲がれるようになったとしても、「上級ライダー」とはいえない。早い人で3〜4年、遅い人だと5〜6年のキャリアを積んではじめて「中級ライダー」と呼ばれるのである。

ビギナーに最も大切なのは「走り込む」ことである。たとえ中型限定自動二輪免許を取得しても、いきなり250ccや400ccのロードスポーツにとびつくのではなく、50cc、125ccといった軽量マシンでとにかく距離を走り、オートバイはバランスの乗り物だということを、体に覚えこませることである。すなわち、「オートバイはどういう状態になったら転倒するか」ということを勉強するのである。

ビギナーに最もすすめる方法は

今日のオフロードバイクは、オンロード性能も非常によく、低中速コーナーでは、下手なロードスポーツよりコーナーリング性能が優れているものもある。ブレーキングやラインどり、そしてギヤチェンジの練習にも十分耐え得るボテンシャルを有している。

ビギナーに最もすすめる方法は、4ストロークの125ccトレール(中古車で十分だ)を購入し、オン・オフの区別なく走り込むことだ。そして、オートバイは前輪が少しでもすべると簡単に転師期するが、後壁が少々すべったくらいなら、バランスを修正できるということを体で知ることである。トレールバイクの長所は、転倒してもマシンのダメージが少ないことと、125ccクラスの車重(100kg前後)であれば、取り回しで苦労することがなく、オンロードでの練習も十分に行えることである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。 ・アメリカンタイプ まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジシ …

no image

車の間をバイクですり抜けていく危険

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいが …

no image

バイクで雨天に走行する際の注意

雨天での走行は、気持ちの対応が最も大切になる。もちろん最近はブレーキ性能の向上やタイヤの性能アップが著しく、以前のように極端にスピードを殺して走行しなければならないことがなくなったのは、うれしい限りが …

no image

バイクでのコーナリングのアクセルワークとブレーキング

3速50km/hで曲がる中速コーナー。4速からフルブレーキングを行いながら、3速にシフトダウンし、タイミングよくマシンを寝かし込む。フォームはややハングオン気味。上りと下りでは、ブレーキング時間やアク …

no image

バイクのフレームの剛性などについて

マシンそのものの剛性はフレームに頼るところが大きく、最近ではコンピューター分析によってフレーム設計を行うことも盛んになってきている。フレームは強ければ強いほどよいというわけではなく、ある程度のよじれ、 …