スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

投稿日:

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すようにする。すると車体はバンクし、比較的スムーズにコーナリングできる。なぜこうなるか、というと、もともとオートバイというものは、ハンドルを切った方向とは反対に向かってバンクする性質を持っているからだ。

これを応用したのが肩を入れるという方法。ただ、コーナリング中に大げさなアクションで肩を入れることは厳禁。意識することは大切だがオーバーアクションは危険。バンクさせるつもりがスリップを引き起こしかねない。

もちろんうまくなれば、肩を入れたりしなくてもスムーズに車体を寝かすことができる。そこにいくまでは、どの程度肩を入れれどのくらいバンクするかを体で覚えるといい。だが、肩を入れてバンクさせたが恐ろしい、という場合は即座に中止すること。そんなときはスピードダウンしてもう一度、トライする。そうしてしだいにスピードを上げていくことだ。試しに低速で走って、どちらかの腕を押すような格好を取ってみるといい。するとマシンはハンドルとは逆の方向にバンクするはずだ。

何度も繰り返して走ったところで

同じコーナーを何度も繰り返して走ったところで、そこから得られるものは少ない。そこで得られたテクニックを他のコーナーに応用するのは、むずかしい。イージーであればあるほど、そういえる。ところがわが国はいうまでもなくワインディングロードの連続。これを活用しない手はない。しかもアップダウンが激しいときている。それに道幅も千差万別。まさに格好の練習場だ。

コーナリングはじつにむずかしい。バイクはバランスの妙で走る。どんなスポーツでもそうだがバランスの上に成立するプレイこそ最も美しい。すべてのコーナリングが奥深い理由もまさにそこなのだ。絶妙のコーナリングをキメるのこれほどバィクの醒醐味を味わわせてくれるコーナリングテクニックをどこで磨くか、どんなコーナーで練習するかが問題。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

フレキシブルなどの用語

・フレキシブル 低中速トルクが強く、上り坂でも出足がよい。しかも、高速パワーも十分で、回転に伸びがあり、いかなる場所でもパワフルに走るエンジンを、「フレキシブルなエンジン」とか、「フレキシブルなパワー …

no image

スローインファーストアウト走行

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

バイクのアクセルの構造など

ほとんどのスポーツバイクのアクセルは、キャブレターとの間をワイヤーケーブルで結んで、アクセルを開くとキャブレターの吸入ロも開いて燃料(ガソリン、エアー)をエンジンに送り込むシステムになっている。そして …