バイク

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すようにする。すると車体はバンクし、比較的スムーズにコーナリングできる。なぜこうなるか、というと、もともとオートバイというものは、ハンドルを切った方向とは反対に向かってバンクする性質を持っているからだ。

これを応用したのが肩を入れるという方法。ただ、コーナリング中に大げさなアクションで肩を入れることは厳禁。意識することは大切だがオーバーアクションは危険。バンクさせるつもりがスリップを引き起こしかねない。

もちろんうまくなれば、肩を入れたりしなくてもスムーズに車体を寝かすことができる。そこにいくまでは、どの程度肩を入れれどのくらいバンクするかを体で覚えるといい。だが、肩を入れてバンクさせたが恐ろしい、という場合は即座に中止すること。そんなときはスピードダウンしてもう一度、トライする。そうしてしだいにスピードを上げていくことだ。試しに低速で走って、どちらかの腕を押すような格好を取ってみるといい。するとマシンはハンドルとは逆の方向にバンクするはずだ。

何度も繰り返して走ったところで

同じコーナーを何度も繰り返して走ったところで、そこから得られるものは少ない。そこで得られたテクニックを他のコーナーに応用するのは、むずかしい。イージーであればあるほど、そういえる。ところがわが国はいうまでもなくワインディングロードの連続。これを活用しない手はない。しかもアップダウンが激しいときている。それに道幅も千差万別。まさに格好の練習場だ。

コーナリングはじつにむずかしい。バイクはバランスの妙で走る。どんなスポーツでもそうだがバランスの上に成立するプレイこそ最も美しい。すべてのコーナリングが奥深い理由もまさにそこなのだ。絶妙のコーナリングをキメるのこれほどバィクの醒醐味を味わわせてくれるコーナリングテクニックをどこで磨くか、どんなコーナーで練習するかが問題。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加