スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

投稿日:

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すようにする。すると車体はバンクし、比較的スムーズにコーナリングできる。なぜこうなるか、というと、もともとオートバイというものは、ハンドルを切った方向とは反対に向かってバンクする性質を持っているからだ。

これを応用したのが肩を入れるという方法。ただ、コーナリング中に大げさなアクションで肩を入れることは厳禁。意識することは大切だがオーバーアクションは危険。バンクさせるつもりがスリップを引き起こしかねない。

もちろんうまくなれば、肩を入れたりしなくてもスムーズに車体を寝かすことができる。そこにいくまでは、どの程度肩を入れれどのくらいバンクするかを体で覚えるといい。だが、肩を入れてバンクさせたが恐ろしい、という場合は即座に中止すること。そんなときはスピードダウンしてもう一度、トライする。そうしてしだいにスピードを上げていくことだ。試しに低速で走って、どちらかの腕を押すような格好を取ってみるといい。するとマシンはハンドルとは逆の方向にバンクするはずだ。

何度も繰り返して走ったところで

同じコーナーを何度も繰り返して走ったところで、そこから得られるものは少ない。そこで得られたテクニックを他のコーナーに応用するのは、むずかしい。イージーであればあるほど、そういえる。ところがわが国はいうまでもなくワインディングロードの連続。これを活用しない手はない。しかもアップダウンが激しいときている。それに道幅も千差万別。まさに格好の練習場だ。

コーナリングはじつにむずかしい。バイクはバランスの妙で走る。どんなスポーツでもそうだがバランスの上に成立するプレイこそ最も美しい。すべてのコーナリングが奥深い理由もまさにそこなのだ。絶妙のコーナリングをキメるのこれほどバィクの醒醐味を味わわせてくれるコーナリングテクニックをどこで磨くか、どんなコーナーで練習するかが問題。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

工事用ヘルメットでバイクに乗ってはいけない

2輪に工事用へルメットをかぶって乗るのは、山に海水パンツを、海に登山靴をはいていくのとまったく同じこと。へルメットをかぶっていればいいだろう、くらいに思って本人は乗っているのだろうが、とんでもない話。 …

no image

バイクでの雨中走行

雨中の走行で気を付けなければならないのはライダーのウェアだ。しっかりしたレインウェアを着用していなければ快適な走りは望めないし、ライダーの心理状態にもスキができてしまう。レインスーツ、ブーツカバー、グ …

no image

バイクの足つき性のよさは取り回しの第1歩

上級ライダーになれば、足がつくかどうかはたいした問題ではないが、ビギナーのうちは、足つき性のよさは取り回しの第1歩であり、乗車したとき、両足が確実に地面につき、車体を少々傾けても支えられることが必要で …

no image

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやり …

no image

クラッチレバーの操作について

ブレーキやクラッチレバーを3本指で操作してみよう。この3本指操作が確実にかつ、すばやくできるようになれば、あなたのスポーツテクニックは、また、一段階ステップアップしたといえる。あなたがもし握力不足で3 …