スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

価格と商品競争力を備えた新型プリウスを発売

投稿日:

韓国トヨタは、価格と商品競争力を備えた新型プリウスを発売し、国内のハイブリッド市場の突風を予告している。国内で初めて発売された新型プリウスは、既存のパワートレインと安全性を維持しながら、デザインと利便性の仕様に様々な変化を与えた。お客様の選択の幅を広げるために、既存の単一モデルですべての3つのトリムでモデルを多様化し、価格を最大660万ウォン(17.4%)引き下げた。

車両価格は▲世界初のソーラーパネルを搭載した最上位級「プリウスS」 4120万ウォン▲韓国型ナビゲーションを適用した標準「プリウスM」3770万ウォン▲ハイブリッド大衆化のため、従来よりも660万ウォン(17%)下げた実利型「プリウスE」が3130万ウォンで策定された。韓国トヨタは、2005年に韓国市場初のハイブリッドモデルであるレクサスRX 400hを発表して以来、トヨタとレクサスブランドですべての6つのハイブリッドモデルを国内で発売した。

ハイブリッドモデルの燃費は

また、国内の市販されているハイブリッドモデルの燃費は1位トヨタプリウス(29.2 km / l)、2位レクサスCT 200h(25.4 km / l)、3位トヨタカムリハイブリッド(23.6 km / l)でトップ3を占有した。トヨタは過去97年に世界初の量産ハイブリッドモデルであるプリウスの発売を皮切りに、16個のハイブリッドモデルを販売した。

米国の自動車専門調査機関JDパワーは、今後1年以内、米国内のハイブリッド市場が徐々に拡大するとの見通しを発表したことがある。プリウスの場合、1月、米国で最も売れたハイブリッド車選定され、日本でも8カ月連続の販売1位を占めていた。JDパワーが米国で販売されている32のブランドを対象に実施した2012年度の車両耐久品質調査(VDS 、Vehicle Dependability Study)でプリウスは小型車(Compact Car)セグメントでガソリンモデルを抜いて1位に選ばれるなど耐久品質面でも優位性を評価されたことがある。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

スマートパスパルトゥーの発売

スマートは、よりダイナミックなデザインに変更され、2013年型「スマートパスパルトゥー」を発売。スタイリッシュシティカー目指すスマートパスパルトゥーは2.6mの小さな車体にもかかわらず、「ツリー·ディ …

no image

スポーツ·ユーティリティ·ビークルと高級セダンを販売量拡大

今年一年、息を切らして新車を披露した国産車と輸入車ブランドの視線は、すでに2012年に向かっている。現代自動車と起亜自動車は、それぞれのスポーツ·ユーティリティ·ビークル(SUV)と高級セダンを介して …

no image

マリブはエンジンに6速自動変速機を装着

マリブは、2.0と2.4リットルDOHCエコテック(Ecotec)エンジンに6速自動変速機を装着した。サーフペンションは前輪マクファーソンストラット(MacPherson strut)、後輪4リンク( …

no image

電気自動車・ハイブリッドなどについて

原油高が持続され、燃費の良いハイブリッドカー(以下ハイブリッド)や電気自動車(以下、電気自動車)への関心がこれまで以上に高い。様々なメディアを介してこれらの記事も絶えず溢れ出てくる。しかし、ハイブリッ …

no image

コンチネンタルGTクーペおよコンバーチブル

ベントレーモーターズは、米国デトロイトモーターショーで初登場した「コンチネンタルGTクーペ」および「コンバーチブル」の国内契約を開始すると明らかにした。新たに開発したツインターボチャージャー方式の4リ …