スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

恋愛

プレゼントは質より量で攻めることが大事

投稿日:

女性は、一回の一〇万円ぶんのプレゼントよりは、一〇〇回の一〇〇〇円ぶんのプレゼントのほうに心を惹かれる。それが、女性心理というものなのだ。

「女性を落としたいなら、一〇〇円ぶんの電話を一回かけるより、一〇円ぶんの電話を一〇回かけろ」と言った女性学の大家がいる。この箴言は、一回の高価なプレゼントで女性の気を引こうとする男たちにとっては、大きないましめとなる。

『奥様は魔女』というアメリカのTVドラマでは、ダンナのダーリンは、会話の接続詞のような頻度で奥様のサマンサにキスをしていた。「愛しているよ」という言葉も、一日に三回は言っていた。日本の視聴者は、それをして、「何もあんなに四六時中やらなくていいのに」とあきれ返っていたものだが、女性心理の真実を考えるならば、あの描写はけっして不自然ではない。

一度の集中力で勝負を決めにいく気合をこめる

男は、一回の高価なプレゼントに、一度の集中力で勝負を決めにいく気合をこめる。だが、その「気合」も、女の目から見れば、大きなエサで釣ってバケツの中に放りこもうとする企てにほかならない。だから、「今日も明日も明後日も、君に対する気持ちは変わらない」と訴えたいならば、最初のプレゼントは、ささやかなもののほうがいいのだ。

女は、男が熱しやすく冷めやすい種族であることを知っている。釣った魚にエサはいらないと考える種族であることも知っている。だからこそ、男の気持ちを「確認」し続けなければならないと思っている。

大切なのは、そのささやかなプレゼントをあげ続けることだ。ただ、そうした攻勢には、「変わらない気持ち」を伝えるいっぽうで「異様な執念」を感じさせるおそれもある。それを避けるためにも、「旅行土産」とか「本を貸してくれたお礼」とかの自然な理由をつけて、さり気なさを装っておくといい。つまり、そんなものをもらったら困ります、というセリフがふさわしくない、自然な状況を作ることがポイントとなる。

-恋愛

執筆者:

関連記事

no image

結婚したいのなら肉体関係を結んでもいいけどそのかわり結婚して

結婚したいのなら、肉体関係を結んでもいいけど、そのかわり結婚してよ、結婚してよ、結婚するのよと、彼に抱かれる前に、はっきりクギをさすことです。これは昔は、日本の普通の女子が当たり前につかってきた手です …

no image

デートの誘いを断られないでオッケーしてもらえるテクニック

「保留」というニュートラルな状態からは、YESにもNOにもいきやすい。つまり、このスタンスによって、女は、男のお手並みをじっくりと観察しつつ、YESかNOかを臨機応変に決定できるというわけだ。こういう …

no image

息子が可愛くてたまらない

3歳になりたての息子が、かわいくてたまらない、とある人は語る。女にキビしく男にアマい私の性格を改めて思い知らされた。7歳の長女とは、本気でののしりあっての大ゲンカをするくせに、息子は何をしょうと、あら …

no image

女性の外見のコンプレックスを癒す役を演じる

ひと昔前ならば、顔、スタイル、肌の美醜は、生まれつきのものと考えられていて、それらの美にめぐまれない女性は、一種のアキラメをもっていたものだ。ところが、「金をかければかけるほど効果も上がる」という美容 …

no image

年とってからモテたいならば若い頃から自分を磨くこと

若いうちに女性は、内面を磨くべきか、外ヅラを磨くべきか。若いうちにモテたいなら、外ゾラを、とにかく磨くべきデス、とある人は語る。若い男の子は、なんせ、女の外面しか見ないのだから。若い時分、私は、間違っ …