スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

プラグインハイブリッド自動車の仕組みなど

投稿日:2019年9月17日 更新日:

プラグインハイブリッド、燃料電池車、マイルドハイブリッド、こんな用語まで加われば説明はより困難になる。だからハイブリッドと電気自動車関連して、頻繁に登場する用語をまとめた。

加速するときに充電された電気でモーターを回してエンジンに力を加えれば、エンジンは、燃料を少なく消費しても必要な走行をすることができますので、燃費が高まるだろう。マイルドハイブリッドは燃費の上昇幅は、いくつかの低いが比較的簡素な設備で効率を高めることができる。フルハイブリッドは、容量が大きい電気モーターとバッテリーを装備し、一定区間は、燃料を一切使用せずに充電された電気だけで走行が可能なので、全体的に燃費をさらに高めることができる。

ハイブリッドは、自動車がエンジンで走行中に無駄なエネルギーを積極的に集めて電気に切り替えて使用するものであり、外部から電気を供給しません。走行中の減速時や、下り坂を走行しながらエクセルで足落ちたときなど、エンジンの力を必要としない瞬間ごとに頻繁に発電機を回して電気を生産して充電したが、必要なとき、その電気でモーターを駆動する。

プラグインハイブリッド

プラグインハイブリッドは、ガソリンなどの燃料を使わないでより長い距離を走行することができるので、燃費はより高めることができる。電気をより積極的に、多くの使用するためにバッテリーの容量を増やし、外部電源から充電を行うようにしたハイブリッドだ。ハイブリッドの代名詞であるトヨタプリウスも昨年から日本でプラグインハイブリッドである「プリウスPHV」を販売している。

あと、米国で市販されているシボレーボルトは、長距離走行をする必要がある場合には、バッテリーが消耗すると、エンジンに発展して走行することができる。35リットルのガソリンで発電をすると、最大530kmをより走行することができる。一般的なハイブリッドのコンセプトとはアプローチが異なっている。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ザ·ニュー300Cディーゼルモデル・3.0ℓV6ターボディーゼルエンジン

クライスラーは、高度環境技術とパフォーマンスを加えた「ザ·ニュー300C(The New 300C)」のガソリンモデルとディーゼルモデルを同時発売した。新車は米国車の代名詞「クライスラー」と繊細なイタ …

no image

ロールス·ロイスはブランド拡張のため格式にとらわれないデザインに焦点

ロールス·ロイスは、ブランド拡張のために、より現代的で格式にとらわれないデザインに焦点を合わせてゴーストを誕生させたEWBも、このようなコンセプトを受け継いだ。ゴーストEWBの流れるようなラインは、ヨ …

no image

ミニクラブマンのグリーンパークとハイドパークを発表

小型車プレミアムブランドMINIクラブマン(Clubman)の新しいデザインエディションのグリーンパーク(Green Park)とハイドパーク(Hyde Park)モデルを発売した。BMWコリアによる …

no image

ロールスロイスは世界で最初に韓国でゴーストEWBを発表

ロールスロイスとフェラーリは、それぞれ最高級セダンとスポーツカーを代表する自動車メーカーである。両社は、週間隔で相次いで国内で新車を発表し、韓国市場攻略強化に乗り出した。両社の役員はそれぞれ、「韓国市 …

no image

多目的軽自動車TAM(開発コード名)を発売

起亜自動車が当初発売した多目的軽自動車TAM(開発コード名)を2011年に中旬に発売した。起亜自動車は2011年11月中旬からTAMの事前契約を実施する続き、11月29日頃、済州で新車発表会を行い、本 …