スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

プラグインハイブリッド自動車の仕組みなど

投稿日:2019年9月17日 更新日:

プラグインハイブリッド、燃料電池車、マイルドハイブリッド、こんな用語まで加われば説明はより困難になる。だからハイブリッドと電気自動車関連して、頻繁に登場する用語をまとめた。

加速するときに充電された電気でモーターを回してエンジンに力を加えれば、エンジンは、燃料を少なく消費しても必要な走行をすることができますので、燃費が高まるだろう。マイルドハイブリッドは燃費の上昇幅は、いくつかの低いが比較的簡素な設備で効率を高めることができる。フルハイブリッドは、容量が大きい電気モーターとバッテリーを装備し、一定区間は、燃料を一切使用せずに充電された電気だけで走行が可能なので、全体的に燃費をさらに高めることができる。

ハイブリッドは、自動車がエンジンで走行中に無駄なエネルギーを積極的に集めて電気に切り替えて使用するものであり、外部から電気を供給しません。走行中の減速時や、下り坂を走行しながらエクセルで足落ちたときなど、エンジンの力を必要としない瞬間ごとに頻繁に発電機を回して電気を生産して充電したが、必要なとき、その電気でモーターを駆動する。

プラグインハイブリッド

プラグインハイブリッドは、ガソリンなどの燃料を使わないでより長い距離を走行することができるので、燃費はより高めることができる。電気をより積極的に、多くの使用するためにバッテリーの容量を増やし、外部電源から充電を行うようにしたハイブリッドだ。ハイブリッドの代名詞であるトヨタプリウスも昨年から日本でプラグインハイブリッドである「プリウスPHV」を販売している。

あと、米国で市販されているシボレーボルトは、長距離走行をする必要がある場合には、バッテリーが消耗すると、エンジンに発展して走行することができる。35リットルのガソリンで発電をすると、最大530kmをより走行することができる。一般的なハイブリッドのコンセプトとはアプローチが異なっている。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

セダン、プライドが新しい姿で再誕生

セダン、プライドが新しい姿で再誕生した。新車の主要諸元は、戦場4365mm(5ドア4045mm)、全幅1720mm、全高1455mm、ホイールベース(ホイールベース)2570mmで、従来モデルよりも全 …

no image

起亜自動車の新概念ミニCUV・レイ(RAY)を発表

公式発表された起亜自動車の新概念ミニCUV「レイ(RAY)」は、軽自動車にふさわしくない広い室内空間に注目を浴びた。Bピラーを果敢に取り除く側面の前後のドアをすべて開放するには、アクセススペース幅は最 …

no image

インフィニティ-Gセダンレーシングリミテッドエディション

フォーミュラワン(F1)ワールドチャンピオンシップ2011-2012シーズンでレッドブルレーシングを公式後援している日産の高級ブランドインフィニティ(代表健二内藤)が「Gセダンレーシングリミテッドエデ …

no image

快適で静かな室内マリブのインテリア

マリブはムーランルージュレッド、ポセイドンブルー、スイッチブレードシルバー、デイドリームベージュ、カーボンフラッシュブラックなど全9種類のカラーとブラック、ブラック&グレー、ブラック&ブラウンのツート …

no image

現代自動車が大型セダンジェネシスの便宜仕様を強化

現代自動車が大型セダンジェネシスの便宜仕様を強化したアップグレードモデルを新たに発売した。 現代車はナビゲーションを標準装備してブルーリンクサービス、レキシコンプレミアムサウンドシステムなど顧客優先の …