スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

プラグインハイブリッド自動車の仕組みなど

投稿日:2019年9月17日 更新日:

プラグインハイブリッド、燃料電池車、マイルドハイブリッド、こんな用語まで加われば説明はより困難になる。だからハイブリッドと電気自動車関連して、頻繁に登場する用語をまとめた。

加速するときに充電された電気でモーターを回してエンジンに力を加えれば、エンジンは、燃料を少なく消費しても必要な走行をすることができますので、燃費が高まるだろう。マイルドハイブリッドは燃費の上昇幅は、いくつかの低いが比較的簡素な設備で効率を高めることができる。フルハイブリッドは、容量が大きい電気モーターとバッテリーを装備し、一定区間は、燃料を一切使用せずに充電された電気だけで走行が可能なので、全体的に燃費をさらに高めることができる。

ハイブリッドは、自動車がエンジンで走行中に無駄なエネルギーを積極的に集めて電気に切り替えて使用するものであり、外部から電気を供給しません。走行中の減速時や、下り坂を走行しながらエクセルで足落ちたときなど、エンジンの力を必要としない瞬間ごとに頻繁に発電機を回して電気を生産して充電したが、必要なとき、その電気でモーターを駆動する。

プラグインハイブリッド

プラグインハイブリッドは、ガソリンなどの燃料を使わないでより長い距離を走行することができるので、燃費はより高めることができる。電気をより積極的に、多くの使用するためにバッテリーの容量を増やし、外部電源から充電を行うようにしたハイブリッドだ。ハイブリッドの代名詞であるトヨタプリウスも昨年から日本でプラグインハイブリッドである「プリウスPHV」を販売している。

あと、米国で市販されているシボレーボルトは、長距離走行をする必要がある場合には、バッテリーが消耗すると、エンジンに発展して走行することができる。35リットルのガソリンで発電をすると、最大530kmをより走行することができる。一般的なハイブリッドのコンセプトとはアプローチが異なっている。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

トヨタ自動車米国インディアナ州工場で生産されたミニバンシエナ

トヨタ自動車米国インディアナ州工場で生産されたミニバン「シエナ」が、韓国市場に初めて登場した。韓国トヨタは平沢国際自動車埠頭からシエナの入港式を持って、国内市場への進出を宣言した。販売を開始したシエナ …

no image

The new SLK 200 BlueEFFICIENCYを発売

メルセデス-ベンツが、コンパクトロードスターSLK-Classの第3世代モデルThe new SLK 200 BlueEFFICIENCYを発売した。1996年に初めて登場したSLK-Classは、ハ …

no image

コンチネンタルGTクーペおよコンバーチブル

ベントレーモーターズは、米国デトロイトモーターショーで初登場した「コンチネンタルGTクーペ」および「コンバーチブル」の国内契約を開始すると明らかにした。新たに開発したツインターボチャージャー方式の4リ …

no image

コンバーチブルやスポーツ多目的カーなど

「新車需要が増える春を迎え、国内外の自動車メーカーが相次いで様々な新しいモデルをリリースしている。価格帯はもちろん、コンバーチブル(屋根開閉)からスポーツ用多目的車(SUV)、スポーツカーなどの種類も …

no image

高性能スポーツセダンインプレッサが発売された

極限のモータースポーツとして知られる「ワールドラリーチャンピオンシップ(World Rally Championship)」で、合計47回の優勝を占めており、伝説の名車として名を馳せスバルの高性能スポ …