ニキビ

PRPとPPPのしわやたるみを改善する効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・しわやたるみを改善する大注目の治療法

プラズマフィラーを皮下に注入することにより、顔の輪郭形成やほうれい線などの深いしわの改善、頼のくぼみのボリュームアップが可能です。PPPに含まれる多くの栄養素が肌に栄養を与え、肌をなめらかにする効果もあります。即効性がありますが、効果は約3カ月程度で消失するので、定期的な注入が必要。PPPは、血小板を濃縮したあとに残ったタンパク質を多く含む血疑成分です。これを特殊な機器で加熱し、ジェル状に加工したものを、プラズマフィラーと呼んでいます。

PRPは血小板を多く含みますが、この血小板の中には、細胞分裂を促進させたり、皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸を増やす作用のある成長因子が存在しています。それを濃縮して注入することによって、肌組織の再生が促進され、肌が若返る。自分の血液を使用するので、安全性が高いこともポイントのひとつと言えるでしょう。反復した治療を行うことで、肌の変化が実感できるはずです。即効性は期待できませんが、1カ月前後で徐々に効き目が出始め、1回の治療で約半年ほど効果が持続。PRPとPPPを併用することで、より確実に効果を実感できる治療法です。

ボトックス

ボトックスはアラガン社の登録商標なので厳密には、ボトックスと呼べるのはアラガン社の製品だけです。治療を受ける際はどこのメーカーのものかをしっかりと確認する必要があるでしよう。しかし、最近では安価な類似製剤が数多く出回っているので注意しないといけません。

米国、EU、日本の厚生労働省すべてで使用を許可しているのは、アラガン社製のボトックスのみです。副作用が少なく、注射をするだけでさまざまな効果を得ることができる安全で気軽な美容法として人気ですが、その投与量や投与部位、投与間隔など、適切な治療を行うことがポイントです。使用量はしわの状態や部位、個人のボトックスに対する感受性によっても異なるので、専門医の元、治療を受けるようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加