ニキビ

赤ら顔の改善-ビタミンkなどでケアを行う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ら顔の原因である毛細血管の拡張の理由は、紫外線による活性酸素の発生や敏感肌、ニキビや脂漏性皮膚炎(皮脂分泌の多い部位に発生する皮膚の炎症)などによる炎症、間違ったスキンケアが肌に刺激を与えている場合や内臓障害など、その要因は個人によってさまざまです。自己流のケアでなかなか改善しない場合は、専門の医師に相談して、症状や肌質に合った治療を受けるようにしましょう。

赤ら顔の改善には、血管を拡張させている原因をつきとめたうえで改善することがもっとも重要。ビタミンkを摂って、ケアを意識しましょう。また、肌に刺激を与えることは赤みの悪化を招くので、洗顔後はタオルで顔をやさしくたたく程度に水分をふき取る、鼻をかむときには刺激の少ない柔らかな肌触りのティッシュペーパーを使うようにするなど、普段からできるだけ刺激を与えないように注意しましょう。

デコルテは女性の美しさを象徴する部分

顔は若く見えても、首にしわがある。手の甲にしみがあって、おばさんっぽいなど、顔以外にも年齢を感じさせてしまう場所があります。デコルテは女性の美しさを象徴する部分である反面、老化が現れやすい部分でもあります。デコルテとは首から胸元にかけた部分のこと。胸元の開いた洋服から美しいデコルテが見えると、顔の印象もパッと明るく見えますよね。真夏でも羽織るものを常備し、外出のときは首に巻物をするなど、紫外線対策とあわせて首もとのファッションを楽しむのもいいでしょう。じつは首やデコルテも、顔と同じように紫外線によるダメージを受けています。

髪の毛が当たることによって起こる刺激も、炎症や首もとのたるみを引き起こす可能性があるので注意が必要です。リンパ液の流れがとどこおっていては、老廃物が体にたまってしまい免疫にも影響を与えてしまうので、マッサージでリンパの流れを促してあげることもデコルテ部分をすっきり見せるのに効果的です。首筋から肩にかけては、リンパ管が集まっている部分でもあります。特に鎖骨上部は、リンパ液が流れ込む最終地点。デコルテに化粧品や日焼け止めをつける際に、首筋から肩にかけてリンパ液を流すようにマッサージも同時に行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加