スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

子育て

出産直後の赤ちゃんとの時間

投稿日:

母親は何よりもまず、赤ちゃんを上手に取り扱うことに自信をつけること。そして赤ちゃんの要求に応えてあげることのできる十分な感受性を身に付けることが大切です。赤ちゃんを腕に抱いてあげるだけでなく、母親は自分の力でそれらの能力を身に付けるために必要な時間を確保しなければならないでしょう。

出産直後の時間は、一般に母親が赤ちゃんに対してとても神経質になっています。ですから、赤ちゃんにあなたのことを知ってもらうためにも、なるべくあなたの近くに赤ちゃんを寝かせるようにしましょう。この時期は、赤ちゃんが完全に目覚めていることもよくあります。赤ちゃんは新しい環境に適応し、心地よい音楽が聞こえる方に頭を向けようとしますし、赤ちゃんの顔をのそき込んでやると、じっと見つめてきます。

たとえ、あなたの赤ちゃんが未熟児で保育器に入れられていても、できるだけ長い時間、赤ちゃんといっしょに過ごし、赤ちゃんの世話を自分からしてあげるようにして下さい。もし、赤ちゃんの体に触れることができないのなら、あなたといっしょにいることが赤ちゃんに分かるように、保育器の外から声を掛けてあげましょう。

新しい家族ができた喜びを分かち合うために

出産直後のこの時期には、母親は新しい家族ができた喜びを分かち合うために、身近に夫がいてほしいと思うものです。出産に立ち会っている人たちが、そのために必要な時間を新しい母親に確保してあげなければ、母と子の心の絆は簡単に途切れてしまう。

その結果、新しい母親に赤ちゃんと心を通わせることができないという不安な印象が残ることもよくあります。そうなると、母親は赤ちゃんの体に触れることができなくなったり、触れるのが恐くなったりしてしまうのです。また、母親は率直な態度をとるべきです。もし、あなたが赤ちゃんの近くにいたいとか、少しの間赤ちゃんと二人だけでいたいと思ったなら、それをはっきりと言って下さい。

-子育て

執筆者:

関連記事

no image

子供の甘えを受け入れられないのはよくない

お母さんとの関係は、「人見知り」が始まってから、だんだんと緊密になっていきます。他の家族より、お母さんに寄りすがることを好むでしょう。それを受け入れることによって、お母さんのよいイメージが子どもの心に …

no image

反抗期の現象とわがまま

もし、物を相手に渡したりして譲るような子どもがいれば、それは自発性の発達がおくれているか、譲る子は「よい子」と教えられて、親たちからほめられたいばかりにそれをしているに過ぎない。「よい子」のままで大き …

no image

新生児はさまざまな感覚を区別したり分類できない

赤ちゃんはあらゆる感覚をありのままに受け取りますが、それを分類することができません。つまり、赤ちゃんはこの世界が異なる感覚神経から送られてくる信号から成り立っていることや、それぞれの感覚が独自のメッセ …

no image

動物の死を理解させるのも子供への教育

空腹の動物を見ていられないーその「思いやり」の気持はよくわかります。動物にはかわいそうですが、子どもに「思いやり」の心を育てるには、一時は、心を鬼にすることが大切になるのです。動物がどんなにかわいそう …

no image

自分を信じる力を育てる

自分を好きだと、自分を信じる力が育っていきます。自分を好きだから、自分のことを信じることができて、自信がもてるようになります。「自分は間違っていない」、「自分のやることは正しい」と思えるようになり、名 …