子育て

出産直後の赤ちゃんとの時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母親は何よりもまず、赤ちゃんを上手に取り扱うことに自信をつけること。そして赤ちゃんの要求に応えてあげることのできる十分な感受性を身に付けることが大切です。赤ちゃんを腕に抱いてあげるだけでなく、母親は自分の力でそれらの能力を身に付けるために必要な時間を確保しなければならないでしょう。

出産直後の時間は、一般に母親が赤ちゃんに対してとても神経質になっています。ですから、赤ちゃんにあなたのことを知ってもらうためにも、なるべくあなたの近くに赤ちゃんを寝かせるようにしましょう。この時期は、赤ちゃんが完全に目覚めていることもよくあります。赤ちゃんは新しい環境に適応し、心地よい音楽が聞こえる方に頭を向けようとしますし、赤ちゃんの顔をのそき込んでやると、じっと見つめてきます。

たとえ、あなたの赤ちゃんが未熟児で保育器に入れられていても、できるだけ長い時間、赤ちゃんといっしょに過ごし、赤ちゃんの世話を自分からしてあげるようにして下さい。もし、赤ちゃんの体に触れることができないのなら、あなたといっしょにいることが赤ちゃんに分かるように、保育器の外から声を掛けてあげましょう。

新しい家族ができた喜びを分かち合うために

出産直後のこの時期には、母親は新しい家族ができた喜びを分かち合うために、身近に夫がいてほしいと思うものです。出産に立ち会っている人たちが、そのために必要な時間を新しい母親に確保してあげなければ、母と子の心の絆は簡単に途切れてしまう。

その結果、新しい母親に赤ちゃんと心を通わせることができないという不安な印象が残ることもよくあります。そうなると、母親は赤ちゃんの体に触れることができなくなったり、触れるのが恐くなったりしてしまうのです。また、母親は率直な態度をとるべきです。もし、あなたが赤ちゃんの近くにいたいとか、少しの間赤ちゃんと二人だけでいたいと思ったなら、それをはっきりと言って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加