スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

i40-一般的な走行モードの3つの走行モードを選択できるようにした

投稿日:2019年9月12日 更新日:

「i40」は全長4815mm、全幅1815mm、全高1470mmで2770mmのホイールベースを持っていた。すべてのモデルに6速自動変速機を適用した「i40」は、ガソリン2.0 GDiモデルの場合、最高出力178馬力、最大トルク21.6kg.m、燃費13.1km /ℓの動力性能を確保した。ディーゼル1.7 VGTモデルは、最高出力140馬力、最大トルク33.0kg.m、燃費18.0km /ℓである。特に燃費を節約するため、エンジン、トランスミッション、エアコンの出力を能動的に制御するアクティブエコモード、ダイナミックな走行のためのシフトパターンの特性を出すように制御するスポーツモード(ガソリンモデル)一般的な走行モードの3つの走行モードを選択できるようにした。

同クラス初のニーエアバッグが含まれている7エアバッグを基本適用して安全性を確保した。国内初の適用された」フルアダプティブHIDヘッドランプ」は、コーナリングランプが適用され、車両の回転時の回転方向の視認性を確保して、高速、一般的な、低速走行状況に応じて光の照射角の範囲を調整してくれる。

駐車場ステアリング補助システム

また、駐車場を補助してくれる駐車場ステアリング補助システムと、後方駐車場ガイド、車両が障害物が近づいたときに警告する前·後方駐車補助 ​​システムは、複雑な空間でも、運転者が容易に駐車することができるようにした。電子パーキングブレーキと信号待ち停車のために車両のギアをD(ドライブ)た状態で、ブレーキを踏んだ置く場合でも、車両が動かず、再び加速ペダルを踏まなければなら車が動くようにする自動停車保持機能「オートホールド」を基本適用した。

このほか、助手席電動シートとスマートナビゲーション、運転席と助手席の通風シート、ワイドパノラマサンルーフなど多様な便宜仕様がある。現代車は今年「i40」を国内市場8000台、欧州をはじめとする海外市場2万7000台を販売するなど、グローバル市場も、3万5000台の販売を目標にしている。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

クロスオーバー中型セダン「i40(アイフォーティ)」を正式発表

現代自動車(会長チョン·モング)は、釜山広安里の前の海のクルーズ船上で新車発表会を持ってヨーロピアンプレミアムクロスオーバー中型セダン「i40(アイフォーティ)」を正式発表しました。「i40」は、セダ …

no image

新型ボルボトラックの発売イベント

ボルボトラックは、ボルボ·トラックセンター東灘で26トンの国内最大積載能力を備えたカーゴトラック発売イベントを行った。 ボルボトラックは、今回のリリースをきっかけにトラクターとダンプトラックに続いて、 …

no image

多目的軽自動車TAM(開発コード名)を発売

起亜自動車が当初発売した多目的軽自動車TAM(開発コード名)を2011年に中旬に発売した。起亜自動車は2011年11月中旬からTAMの事前契約を実施する続き、11月29日頃、済州で新車発表会を行い、本 …

no image

高性能スポーツセダンインプレッサが発売された

極限のモータースポーツとして知られる「ワールドラリーチャンピオンシップ(World Rally Championship)」で、合計47回の優勝を占めており、伝説の名車として名を馳せスバルの高性能スポ …

no image

快適で静かな室内マリブのインテリア

マリブはムーランルージュレッド、ポセイドンブルー、スイッチブレードシルバー、デイドリームベージュ、カーボンフラッシュブラックなど全9種類のカラーとブラック、ブラック&グレー、ブラック&ブラウンのツート …