スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

自動車

i40-一般的な走行モードの3つの走行モードを選択できるようにした

投稿日:2019年9月12日 更新日:

「i40」は全長4815mm、全幅1815mm、全高1470mmで2770mmのホイールベースを持っていた。すべてのモデルに6速自動変速機を適用した「i40」は、ガソリン2.0 GDiモデルの場合、最高出力178馬力、最大トルク21.6kg.m、燃費13.1km /ℓの動力性能を確保した。ディーゼル1.7 VGTモデルは、最高出力140馬力、最大トルク33.0kg.m、燃費18.0km /ℓである。特に燃費を節約するため、エンジン、トランスミッション、エアコンの出力を能動的に制御するアクティブエコモード、ダイナミックな走行のためのシフトパターンの特性を出すように制御するスポーツモード(ガソリンモデル)一般的な走行モードの3つの走行モードを選択できるようにした。

同クラス初のニーエアバッグが含まれている7エアバッグを基本適用して安全性を確保した。国内初の適用された」フルアダプティブHIDヘッドランプ」は、コーナリングランプが適用され、車両の回転時の回転方向の視認性を確保して、高速、一般的な、低速走行状況に応じて光の照射角の範囲を調整してくれる。

駐車場ステアリング補助システム

また、駐車場を補助してくれる駐車場ステアリング補助システムと、後方駐車場ガイド、車両が障害物が近づいたときに警告する前·後方駐車補助 ​​システムは、複雑な空間でも、運転者が容易に駐車することができるようにした。電子パーキングブレーキと信号待ち停車のために車両のギアをD(ドライブ)た状態で、ブレーキを踏んだ置く場合でも、車両が動かず、再び加速ペダルを踏まなければなら車が動くようにする自動停車保持機能「オートホールド」を基本適用した。

このほか、助手席電動シートとスマートナビゲーション、運転席と助手席の通風シート、ワイドパノラマサンルーフなど多様な便宜仕様がある。現代車は今年「i40」を国内市場8000台、欧州をはじめとする海外市場2万7000台を販売するなど、グローバル市場も、3万5000台の販売を目標にしている。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

シードの具体的な外観と内装・仕様を公開

起亜自動車自動車ヨーロッパ型戦略モデル「シード(Cee’d)」の具体的な外観と内装 ​​仕様が公開された。来月スイスで開催された「2012年ジュネーブモーターショー」を通じて世界初公開され …

no image

現代自動車が大型セダンジェネシスの便宜仕様を強化

現代自動車が大型セダンジェネシスの便宜仕様を強化したアップグレードモデルを新たに発売した。 現代車はナビゲーションを標準装備してブルーリンクサービス、レキシコンプレミアムサウンドシステムなど顧客優先の …

no image

スマートパスパルトゥーの発売

スマートは、よりダイナミックなデザインに変更され、2013年型「スマートパスパルトゥー」を発売。スタイリッシュシティカー目指すスマートパスパルトゥーは2.6mの小さな車体にもかかわらず、「ツリー·ディ …

no image

ジュネーブモーターショーでメルセデス·ベンツ

スイスのジュネーブレックスフォーで行われた’82回ジュネーブモーターショー「メルセデス·ベンツ展示場の隣に1350m²(400坪)規模で設けられた起亜自動車展示場で4人のドイツの紳士が入っ …

no image

ザ·ニュー300Cディーゼルモデル・3.0ℓV6ターボディーゼルエンジン

クライスラーは、高度環境技術とパフォーマンスを加えた「ザ·ニュー300C(The New 300C)」のガソリンモデルとディーゼルモデルを同時発売した。新車は米国車の代名詞「クライスラー」と繊細なイタ …